最も勇気ある決断

趣向を凝らした前菜も、
Sfiziosi e buoni gli antipasti,

f0234936_782241.jpg

焼き魚とローストポテトもおいしかったのですが、
squisita l’orata con patate arrosto,

f0234936_7115759.jpg

今日店で一番気に入ったのは、トイレの壁に書かれたこちらの言葉です。
bellissime queste parole scritte alla parete del bagno.

f0234936_7105426.jpg

「日々なしうる最も勇気ある決断は、上機嫌でいるという決断である (⌒▽⌒)」
皆さん、今日も明日も、勇気を持って生きましょう!
Cerchiamo di essere coraggiosi!


@ Ristorante Pizzeria La Cambusa 11/12/2013
Strada Tuderte, 77 Montebello PG, 06132 Perugia
Tel 075 797 4121

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-12-11 23:12 | Vivere | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/21069552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2013-12-12 08:45
おはようございます(^-^)
オシャレ~なレストランですね♪
かかっている絵が素敵です??
お料理もとっても美味しそう(⌒‐⌒)
でもなおこさんの言うように、この「日本で言うなれば格言」(*´∀`)ね!嬉しくなっちゃいます~(*^^*)
Commented by suzu-clair at 2013-12-12 15:21
素敵!
お手洗いに、
こんな言葉があったら、
トイレにいる少しの時間さえ気分がよくなりますよね♪

私、お店などで、
そのお店の人の本質が見えるのって、
トイレじゃないかと思ったりするんです。

勝手な私のイメージでは、
イタリアの方の多くは、陽気なイメージがあるので、
「上機嫌でいる」
って、あまり意識せずともそんな気分でいることが多いんじゃないか、なんて思っているのですが、
そうありたいと心がけて生きているのだと思うと、
素晴らしいな~と感じます。


前記事、
美しい空の色、感激して拝見しました。
なんてきれいな色なのでしょう・・・。

そして、猫ちゃんがとても可愛かったです♪
爪とぎは困っちゃいますよね^^
それでもこんなに罪のない顔…
どこか問題ない場所で爪とぎはしてくれたらいいのにね^^。
Commented by ふぃのな at 2013-12-12 16:53 x
おはようございます
この言葉いいですね~ さっそく皆にも紹介したいと思いました
私もいい気分で過ごせそうです
なおこさんもよい一日を!
Commented by ねむり at 2013-12-12 17:16 x
イタリア語学習中です。石井さんの記事、励みに読ませて頂いてます。時間の捻出等、ご苦労も多いことと思いますが、頑張って下さい。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-12 17:47
アリスさん、おはようございます♪ 今回久しぶりに訪ねたら、店内の絵が変わっていました。壁の色にもよく合っていますよね。ふだんはピザを食べるのですが、初めて魚料理を食べたら、とってもおいしかったです♪ デザートは少し残念で、以前の方がずっとおいしかったかな、と。

そうそう、この日一番いいなと思ったのは、トイレの壁の言葉で、皆にあきれられながら、カメラを取って、撮影に戻りました♪
Commented by milletti_naoko at 2013-12-12 18:25
すずさん、きれいに花をあしらったりしておしゃれに装ったトイレもあれば、用が足せればいいというトイレもありますが、やっぱり、お客さんが足を運ぶ場所には違いがないので、おっしゃるとおりトイレって大切ですよね。

イタリアの人もいろいろで、概して日本人よりは陽気というよりは、喜びも怒りも、感情を率直に表現する傾向があるような気がします。お客さん相手のレストランの仕事、あるいは店内の人間関係でもストレスはあると思うので、そういうときトイレで、こうやってこの言葉を見て心を落ちつかせるのかなと思うと、客としても、自分にとっても必要な言葉であるだけではなく、お店の人の心がけが見えて、うれしいですよね。

わたしの愛車のあたりにいることが多いようで、どうも位置的に、ちょうど子猫が爪をとぎやすい高さにあるんですよね。あどけない顔して、困ったものです。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-12 18:30
ふぃのなさん、おはようございます! この言葉いいですよね♪ トイレの壁にでかでかと書いてあって、勇気ある決断を迫っているところも何だか味があるし。わたしも機嫌よくすごせるように心がけます。ありがとうございます。ふぃのなさんも、すてきな1日を!
Commented by milletti_naoko at 2013-12-12 18:32
ねむりさん、ご愛読とお優しく、うれしいコメントをありがとうございます。イタリア語を勉強されているんですね! ああ、わたしも最近怠けがちのフランス語の勉強を頑張らなければ。お互いに頑張りましょう!
Commented by とすかーな at 2013-12-13 01:30 x
いい言葉ですね!日々、いつでも一定の気分以上に明るくしているって、なかなか難しいですもんね。
題名を見たとき、なんだ、何かあったのか!?と思いました(笑)

なおこさん、ショールなのかしら、ニットについているのかもしれないけど、
ひらひらした紫のがとってもかわいくて、よく似合ってます☆
そしてだんな様は、やっぱり好物のピザだ!(*^▽^*)
Commented by ムームー at 2013-12-13 16:17 x
なおこさんこんにちは。
素敵なお食事ですねぇ~
なおこさんの笑顔素敵ですわぁ♪
この言葉は含蓄がありますね、こういう気持ちで
過ごせればいい感情でいられますね。
忘れずにいますわ~
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-13 17:30
とすかーなさん、簡単そうで、実はかなりの決断が要りますよね。このピザ屋はすでに何度か記事にしているし、デザートはいまひとつだったので、この言葉の方を、記事と題の中心にすえました。教え子からは、この店とってもおいしいですよねというツイートがあったので、好みにもよると思いますが。

この紫のひらひらのショールは、近所に住むお義母さんの従妹である伯母が自ら編んで贈ってくれたものです。暖かいしかわいいし、お気に入りです♪ 本当にピザには目がない人であります。夫は外食というとピザがおいしい店を選ぶ人なので、たまには他のものも食べたいわたしは困るのですが、今回は魚料理がおいしくてうれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-13 17:35
ムームーさん、ありがとうございます。すてきだなんて… 店の主人がどうやって撮っていいか分からないと困っていたので、説明している最中に写ったので、みんな、顔の準備ができていませんが、それはそれでおもしろいですよね。

すてきな言葉ですよね♪ どうしても難しいときというのもやっぱりありますが、ふだんこう心がけていると、自分も周囲の人も穏やかな気持ちで過ごせるように思います。こちらこそ、いつもありがとうございます☆
Commented by Masami at 2013-12-13 17:59 x
なおこさん、こんにちは♪

日々上機嫌(Buon Umore)でいることって、本当に難しいですよね!!毎日良いこともあれば悪いこともあって、喜んだり悲しんだり、時には人にあたったり・・。(汗)でも、本当にトイレあったこちらの言葉は最高ですねー!!!2013年も残すところ後わずか!私も心新たに、日々上機嫌でいられるように頑張ってみたいです~♪
Commented by fusello at 2013-12-13 19:31
naokoさん、こんばんは☆
ステキな言葉ですね♪ このイタリア語のフレーズ、暗記しておこう!
私も日々上機嫌でいようと心がけています。
子供の頃、上機嫌=いい子 と教えられたことが影響しているのかどうか疑問ではありますが、今までずっと上機嫌でいられるよう実践、いやいや努力しております。

前菜のお写真、下の部分はポレンタですか?
Commented by milletti_naoko at 2013-12-15 02:29
まさみさん、こんばんは♪ どこか他のところで、幼い子供のように、悲しいことや嫌なことはすぐに忘れて、さっと感情の切り替えができるようにしようと読んだこともあるのですが、いい機嫌でいるのが難しいときというのが、何かとありますよね。

いい言葉ですよね! 簡単そうで難しい、だけど頑張ろうということを端的に表現していて、心に飛び込んできました。寺社でも教会でもなく、ピザ屋のトイレの壁という意外性もあって。お互いに勇気ある日々が送れるよう、頑張りましょうね♪
Commented by milletti_naoko at 2013-12-15 06:14
Fuselloさん、ふだんから心がけるだけでもだいぶ違ってきますよね。できるだけ笑顔でいたいと思いつつ、難しい場面もあってついつい感情に流されるのですが、そういうときこそ勇気を持ちたいと、つくづく感じました。

そうです! 下の部分はポレンタでした。意外だったし、冬らしくていいなと思いました。
<< わたしとイタリア語、思い出の学校2 燃える空、冬の畑と追う子猫 >>