水が彩るプレゼーペ

 幼子イエスが、寒く凍える冬の夜に、粗末な小屋で誕生された、その場面を再現しようと、聖フランチェスコが最初に思いついて、実現したプレゼーペ(presepe)を、我が家では毎年、夫が中心となり、姪たちといっしょに創り上げています。模型や苔、小石や、岩を模した紙など、毎年同じ材料を使いつつも、例年、工夫して、違う飾りつけをしています。(下記リンク参照)

f0234936_2019067.jpg
 
 今年は、湖が好きなわたしが、「町の前に湖を創ろう」と言い、姪は滝がほしいとのことで、町の前に、以前のクリスマスプレゼントの包装紙であった銀色の紙を裏返しに並べました。

f0234936_20192574.jpg

 スペースが限られているので、湖は小さくなりましたが、同じ銀色の紙で、町の下と直前を覆い、さらにほぼ垂直に立った部分は苔で隠して、町の前を川が流れるようにしました。そして、川から湖へと、姪が望んでいた滝もできました。

f0234936_20194450.jpg

 すきまの空間を埋め、さらにそれらしい風景にするためにと、夫が庭から大きな石を運びこんで岩として飾り、橋をかけ、洞窟も創りました。彗星が際立つようにと、白いリボンを後ろに飾ったのは、わたしです。皆のアイデアと工夫で、今年もすてきなプレセーペが完成しました。

 買っていたバラの植え替えもようやく終わり、家族や友人へのクリスマスの贈り物も、購入していっています。長い間、我が家のクリスマスを飾ってくれたモミの木も、今年はお役目ごめんとして時期を見て地面に植え替えることを、ようやく決心しました。一番精力を注ぎ込むプレゼーペは、大家族皆が楽しめる義父母宅に作るので、わたしたち二人が住む家には、今日の午後、新しいモミの木を買い求めに行って、それから飾りつけをすることになっています。中断しつつ進んでいるミジャーナの改築中の家は、今週の週末も、フランコが来て、作業を手伝ってくれることになりました。そんなこんなで慌しいのですが、少しずつクリスマスの準備が進んでいます。

Presepe di casa 2013

- Questo anno l'abbiamo ornato con le acque: lago, fiume e cascata. Mi piace molto il lago e volevo metterlo e Maddalena voleva una cascata. Abbiamo usato la carta regalo di colore argento per le acue. Mio marito rende il paesaggio più reale e suggestivo, costruendo un ponticello, una grotta e portando un grande sasso dal giardino. Per risaltare la stella cometa ho utilizzato un nastro bianco argentato.

- Nel 2010 con abitazioni rupestri, nel 2012 con una grande cascata, il nostro presepe si trasforma ogni anno.

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- Presepe di casa 2009 & 2010 / 聖夜を前に
- Presepe di casa 2011 / できるかなできるかな
- Presepe di casa 2012 / 流れる滝のプレゼーペ

*イタリアのクリスマスの過ごし方やイタリア語のクリスマスの歌、クリスマスカードの書き方に興味のある方は、次のメルマガに関連記事へのリンク一覧があります。参考にしてください。
- 第60号 「12月のイタリア、外国語学習成功の要因、スカルペッタ」 (2010年12月4日)
昨年の記事では別のクリスマスの歌も紹介しています。
- 第83号 「クリスマスと歌、『Bianco Natale』、重要3000語で95%、便利なオンライン多言語辞書」 (2012年12月14日)
イタリアで暮らされていて、お子さんやご家族・友人のイタリア人に、日本語の勉強を兼ねて、あるいは一緒に楽しむために、「きよしこのよる」を教えたいという方は、下の記事に、ひらがなの歌詞とイタリア語訳、イタリア語による日本語の言葉の解説、そして、歌の映像へのリンクがありますから、ぜひ活用してみてください。
- きよしこのよる, “Astro del Ciel” in giapponese

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-12-19 12:21 | Feste & eventi | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/21119393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2013-12-20 16:01
なおこさん、プレセ―ペというものを初めて知りました(*´∀`)♪
なかなか凝った造りのものだと見受けられます。
やはり、イタリアのクリスマスは、日本とは違うものだなぁ~となおこさんの記事で知ることができて嬉しいです(^_^)
なおこさんの希望や、姪ごさんの希望なんかを取り入れながら作品を作っていくなんて、何と文化的なイベントでしょう☆⌒(*^∇゜)v
クリスマスツリーだけではない、素敵なイベントの紹介ありがとうございます(^-^)
Commented by milletti_naoko at 2013-12-20 17:10
アリスさん、プレゼーペは、最初は聖フランチェスコが13世紀初めに、キリストが寒さと貧困の中に生まれたこと、そのことを人々が臨場感を持って感じ、感謝し、祝えるようにしようと思いついたもので、最初のプレゼーペはグレッチョという村で本当の人々を使い、キリスト生誕の場面を再現しました。冬のイタリアでは、いろいろな教会でプレゼーペが飾られ、アッシジのサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会では毎年世界のプレゼーペ展が開かれ、イタリアの、あるいは町の家庭のプレゼーペ展を企画する町が、ウンブリアだけでもいくつかあります。各家庭でも作るのですが、例年同じように並べる場合も多いようで、うちの場合は、夫がかつて教会の大きなプレゼーペ係を担当していて、毎年趣向を凝らして違ったものを創り上げるのに慣れていたので、特殊かもしれません。12月8日頃から1月6日までは、プレゼーペを飾っている教会や町が多いので、いつかもしこの時期に旅行をされることがあれば、いろいろなプレゼーペを見てみたら、興味深いのではないかと思います。
<< うれしいユニクロ宅急便 映画、『マフィアは夏しか殺さない』 >>