冬至とペルージャのことわざ

 土曜日、12月21日は、冬至(solstizio d’inverno)でした。イタリアでは冬至を冬の訪れ、夏至を夏の訪れとみなします。冬の寒さはこれからが本番ですが、6月の夏至(solstizio d’estate)に向けて、今から少しずつ日が長くなっていくと思うとうれしいです。冬至以降、日が長くなっていくことについて、ペルージャには、次のようなことわざがあるそうです。

  Anno Vecchio, Passo di Un Vecchio,
 Anno Novo, Passo di un Bovo.


                                (un detto perugino)

Glossario perugino – italiano
novo: nuovo, bovo: bove

f0234936_842984.jpg

  旧年には老人の歩み、
  新年には牛の歩み。

 日本語への直訳は上のようになるのですが、その心は、

古い去り行く年、つまり、冬至から年末にかけては、
(老人の歩みのように)毎日ほんの少しずつしか日が長くならないけれども、
新年に入ると、(牛が歩くように)どんどん目立って日が長くなる、

ということだそうです。

 クリスマス、新年、正月、主顕節と、日本でもイタリアでもお祝いごとが続く季節ですが、こんなふうに、これから少しずつ日が長くなっていくことも、うれしいかぎりです。

E' arrivato l'inverno e arriveranno le giornate più fredde,
ma il giorno si allunga sempre di più!
Poi a passi sempre più svelti, come dice il detto perugino:

  Anno Vecchio, Passo di Un Vecchio,
  Anno Novo, Passo di un Bovo.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-12-23 00:45 | Altro | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/21141397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by アリス at 2013-12-23 14:53 x
なおこさん、イタリアのことわざ、いいこと言いますね~♪
まさに、そのとおりですものね!
冬至が過ぎると、本当にほっ!としますよね~♪
冬の寒さは、日本でもこれからが本番ですが、今年は、12月の愛媛にしては、異常に寒い日が続いてます。例のユニクロのベストや、ウルトラライトダウンを家の中でも愛用してます(どんだけ寒いとこなのよ~!
単に寒がりなだけかも~(笑))。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-23 17:05
アリスさん、これからは日がどんどん長くなると思うと、気持ちが違いますよね♪ このところペルージャでは1日中霧が深いという日が続いていて、太陽が見えないのですが、見え始めたら、一気にその恩恵が感じられそうです。

愛媛の冬は、地理的には、そして外の気温は札幌や東京に比べて暖かいのに、そのためでしょうが、冬の屋内は家も学校も寒いので、中3で転校したばかりのわたしはびっくりしました。その愛媛も、外がそんなに寒いんですね! ふふふ、ユニクロのベストやダウン、こちらもひどく寒いので、わたしも家の中でも愛用しています。アリスさんも愛媛で着ていらっしゃると思うと、それだけでも気持ちが暖かくなる気がします♪ わたしもとっても寒がりですし、冬は暖房費がひどく高いので(10・11月分としての昨年から類推してのガス代が250ユーロ!)、いつもつけているわけではないので、家の中でも寒いのです。
Commented by mitsugu-ts at 2013-12-23 21:33
なおこさん、こんにちはー!クリスマス目前だというのに、トリエステも霧の曇り空ばっかりで憂鬱です・・・。冬至を冬の入りだと考えるってのは、初めて知りました。トリエステのような北国では、また感覚が違うのかな?
ところで、お年寄りの間なんかで「Santa Lucia, il giorno più corto che ci sia!」と言って、12月13日のサンタルチアの日が最も短い日だと考えられてる事をご存知ですか?気になって調べてみたら、16世紀にカレンダーと太陽暦がずれていた頃の名残で、日没時間などを考えるとまんざら馬鹿にも出来ない言い伝えだそうです。昔からの知恵を垣間見れる、面白い事実です!
http://www.3bmeteo.com/giornale-meteo/santa-lucia-il-giorno-piu--corto-che-ci-sia--55511
Commented by suzu-clair at 2013-12-23 22:43
日が長くなるのは、
嬉しいですよね。

太陽の光がどれだけ人に希望をくれるかといったことや、
日の出や日没の微妙な変化にさえ、
心を寄せて生きていたのは、
万国共通なのですね。

どんな季節にも、
希望を見つけて暮らしていけば、
幸せな生き方ができますね☆
Commented by ムームー at 2013-12-24 08:47 x
なおこさん
おはようございます。
これから日が長くなりますね、やっぱり嬉しいですね。
今は朝もゴミ出すのも遅くなるほど暗いです。
太陽の恩恵を受ける、日ごろは考えてもいない当たり前の
事でも、やはり季節が巡ることで考えさせられますね。
何事にも循環や節理があるということを。
今朝は優しい日差しがリビングに降り注いでいます。
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-24 17:24
みつぐさん、おはようございます。そちらもですか! ペルージャでも相変わらず1日中深い霧に覆われる日が続いています。ペルージャも11月末にはぐっと冷え込むので、冬至が冬の始まりというのはわたしも少し不思議です。その言葉、わたしは初めて知りました。人々の間に長く伝えられる言葉に潜む真実、おもしろいですね。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-24 17:26
すずさん、暖かくかつ光を与えてくれて、生物が生きていくのに欠かせない太陽。日が少しずつ長くなる、そういうことを、当時から身近にいた牛や老人を使って表現しているのもおもしろいです。

どんなに日が長くなるのを人々が待ち望んでいたかということですよね。これからはどんどん日が長くなると思うと、本当にうれしいです。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-24 17:30
ムームーさん、冬は早朝も暗いですよね。わたしももう少し暖かくなってからと、遅めにごみを出したり、畑に野菜を採りに行ったりしています。

季節が巡ること、何事にも循環や摂理があるということ、なるほどおっしゃるとおりですね。冬があってこそ、春がうれしいし、花も咲き、作物も実るのですよね。そう言えば、イタリアの友人で、だんなさんが南米の人なので、冬は夏の南米で数年過ごした友人が、冬なしで1年を過ごすと、身体のリズムが何か調子はずれになるような気がすると言っていました。

降り注ぐ日差し、冬だからこそうれしいですよね。こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by kazu at 2013-12-24 19:31 x
なおこさん、こんにちは。今、念願のイタロに乗っています。これも試してみたかった車内のwifi利用、簡単にネットにつながって、速度には多少問題はありますが、まずまずの使い心地です。先ほどフィレンツェを過ぎました。もうすぐボローニャです。

日の長さは私もよく感じます。退社時間がいつも目安なのですが、帰宅するときに明るいのはほんとに嬉しい。イタリアも日本も四季があっていいですよね。人の心まで豊かになる気がします。そうそうナポリは随分と暖かくてコートを着ていると汗ばみました。アマルフィでは泳いでいる人がいましたよ。ペルージャは寒いのですね。なおこさんは、これからお忙しそうだから風邪など放れませんように。
Commented by fusello at 2013-12-24 23:47
Buon Natale!
naokoさん、こんばんは☆
日が長くなると聞いただけで嬉しくなります♪
冬至にはカボチャを食べて、柚子湯に入って風邪を予防しようと言われておりますが、イタリアにも似たような言い伝えがありますか?カボチャのビタミンAと柚子のビタミンC、それから“ユニクロのヒートテックのレギンスと靴下”の力も借りて、この冬は風邪知らずといきたいものです。

フリース、ヒートテック、次々とヒット商品を生み出すユニクロ(ファーストリテイリング)は今や世界に誇る日本企業だと思うのですが(大袈裟?)
この冬は寒いとの予報なので、ユニクロには更なる新製品を期待したい寒がりの私です。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-25 08:10
かずさん、おお、イタロ、いいですね。気になりつつも、まだ利用したことがありません。ご報告を楽しみにしています。ペルージャは特急が通らず、本線から少しはずれていて不便なのですが、フィレンツェからボローニャまで電車で短時間で着くと聞いて、驚きました。

イタリアも南北に長いので、同じ日でも長距離移動をすると、南は暖かいけれど、北は寒いということがありますよね。時々その逆の変な気温のときもあって、それもおもしろいのですが。ありがとうございます。かずさんも、お元気で旅の続きをお楽しみくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2013-12-25 08:15
Fuselloさん、こんばんは。冬至のイタリアの特別な食習慣は聞いたことがないのですが、地域によっては何かありそうですね。日本でもイタリアでも、季節に応じたこういう慣習があるのは、いいなと思います。

日が長くなるのは、本当にうれしいです♪ いろいろと暖かい衣類や、実用的でかつおしゃれな衣類を、しかも手が届きやすい値段で提供してくれるユニクロは、ありがたいです。イタリアにも進出してくれるとうれしいのですが。
<< うちでも工作プレゼーペ おいしいチョコとKLM荷物遅延 >>