鬼がうちでもうちは福

  鬼は外、福はうち。

 鬼はいないに越したことはないし、存在しても、遠く離れていてくれて、うちには幸せが来ますように。だれしもそう願うでしょうが、そういうわけにもいかず、鬼がすぐ近く、うちの中、身近にいることも多々あります。ひょっとしたら、大切なのは、

  鬼がうちでも、うちは福、

こういう心意気かもしれないと、昨日出会って心を打った言葉を思い出しました。

f0234936_8344459.jpg
Ad Ananda Assisi 29/5/2011


 「幸せは、物事や外的要因によるものではなくて、どんなことが起ころうと、自分は幸せであろうという決意から生まれる姿勢だ。失敗しようと、他人に誤解されようと、己の幸せを決めるのは他の何事でも何者でもなく、自分だけだと分かったら、本当の幸せを見つけたと言える。」

 イタリア語を訳すと、どうも理屈っぽくなるため、これはスワミ・クリヤナンダのこの文章を、特にわたしの心に響いた言葉を中心に、要約したものです。

 周囲は変えられないけれど、自分は変えることができる、天国も地獄も自分の心が決める、など、同じような言葉は、これまでにも出会ったことがあり、そのたびに、はっとしたり、書き留めたりしていたのですが、昨日この言葉に納得し、今日のミサの途中で思い起こしたのは、今のわたしが必要としている教えだということでしょう。

f0234936_8353477.jpg

 今朝も、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会のミサに出かけたのですが、残念ながらミサは他の人が担当していて、内容が抽象的なためもあり、つい話に集中せずに、耳に入る言葉をきっかけに、あれこれと思いを巡らせてしまいました。「毎日出会う試練や苦しみ、そういう中でも希望を持ち続ける大切さ」についての説教を聞きながら、「鬼がうち、身近にあっても、福を心のうちに持つことが、本当は必要だし、自分にとってもいいことなのだろう。」と思い、昨日読んだ、クリヤナンダの言葉を思い出していました。

f0234936_8355132.jpg

 まだまだ修行が足りないわたしですが、「鬼がいても福はうち」でいられるような心構えでいられたらと思いました。

Questo anno il 3 febbraio è la festa di Setsubun in Giappone.

"Oni wa soto, Fuku wa uchi!" (鬼は外、福はうち。trad.it 'Mostro fuori, felicità (fortuna) dentro!') - così dicendo, si gettano i chicchi di soia saltati in padella fuori dalle finestre di casa e poi se li mangiano.

Ieri leggendo le parole di Swami Kriyananda, ho pensato che si dovrebbe avere il coraggio di essere felici, anche quando si è circondati dai mostri. Piuttosto siamo noi stessi che potremmo vivere più serenamente in questo modo, anche se è molto difficile.

Potete leggere le parole di Swami Kriyananda in questa pagina.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-02-02 23:59 | Vivere | Comments(6)
Commented by ayayay0003 at 2014-02-03 10:04
なおこさん、「鬼はうちでも、うちは福」ですか!いい心持ちだと思います♪日本では、今日、「鬼は外、福は家」と豆まきしますけど、
豆を年の数だけ食べますよね!あれは、豆(穀物や果実)には霊力があって、邪気(鬼)を払うために食べるようですが、食べると元気が出るので病気なんかにも負けないという意味があるようなので、鬼はうちにもいるけれど、うちは福になるために食べていると思います(^-^)
古の人も、穀物を食べることの大切さを実感していたのかな…と思うと少し嬉しくなりました(^-^)
Commented by milletti_naoko at 2014-02-03 17:19
アリスさん、なるほど、豆を歳の数だけ食べることには、そういう意味があったんですね! ちょうど風邪やインフルエンザがはやりやすい、一番寒い時期でもありますよね。イタリアでも、豆類は健康にいいので、できれば週に1、2度食べるように推奨されているんですよ。冬は煮えるまでに時間がかかり、屋内の高い湿度がさらに高くなって、カビ発生危険度が上がってしまうのではありますが、肉に変わるタンパク質源としても、もっと食べなければと思います。そう言えば、豆腐も大豆からできていますよね。古からの知恵、大切に譲り受けていきたいものですね♪
Commented by shimako at 2014-02-04 00:15 x
「鬼がうちでも、うちは福」なんだか心にズンと来ました。どんなことが起ころうと、自分は幸せであろうという決意・・・確かに、そんな気持ちを持っていられたら、それこそが幸せだろうな、って思います(なかなか難しいですけど・・)

私は昔ながらの行事って、なんだか好きで、豆まきも家族みんなで盛り上がっています。年の数だけの豆は、もう食べきれないんですけど(^_^;)







Commented by kazu at 2014-02-04 00:37 x
なおこさん、こんばんは。イタリアの方達は「鬼は外~」の日本の風習をご存じなのでしょうか。子供の頃は豆まきをよくしたものですが、最近は節分も忘れていたりで我が家は風情がなくなりました。昔、祖母は、鬼も内~福も内とよく言っていました。外に出された鬼は可哀想なので、家の中に入れてあげて接待をしてやるのだそうです。そうすると鬼は感謝して家の中の邪気を持って帰ってくれるとか。どの地方のお話なのか定かでないし、祖母の作り話かもしれないのですが、子供心に、どの家からも追い出されて行き場のない鬼は悲しいだろうなと思ったものでした。

何でも考え方ひとつで、状況は変わりますよね。いつだって、自分の核となるものを持っていると揺るぎない生き方が出来るし、全ての因は我にあり、と腹をくくっていると、誰をも恨まずに生きていけると自分に言い聞かせています。といいながらも、それがなかなか出来ずにいる訳なのですが、なおこさんには、いつも真摯な姿勢でいることの大切を教えられていますよ。過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる。私も同じように思います。
Commented by milletti_naoko at 2014-02-04 08:00
しまこさん、お子さんたちと伝統行事をご家族で楽しまれるなんて、すてきですね! わたしも、つまらないことに腹を立てたり悲しくなったりすることが多くて、もっと大らかになれたら、自分にも周囲にもいいのになと、つくづく思います。
Commented by milletti_naoko at 2014-02-04 08:06
かずさん、おばあさまの「鬼も内~福も内」というお言葉、すてきですね。お話を聞いて、『泣いた赤鬼』の童話を思い出しました。かずさんはふだんから、そう考えていらっしゃるなんてすばらしい! わたしは繊細と言えば聞こえはいいのですが、つまらないことをくよくよと気にしたり、いつまでも後を引いたりすることもよくあるので(というか、イタリアの人と言うのは、そこまで言うかというようなひどいことを、ひどい言い方で言っておいて、嵐が去ったら、何でもないような顔をしている場合が多いのですが、わたしは慣れたようでまだまだ、言った本人が覚えていないようなことをついつい気にしてしまうのであります)、心に福を持ち続けることができるように、少しずつ修行を積んでいきます! おっしゃるように、自分と未来を少しでもよい方向に持っていけるように。
<< 慌てちゃいけない! マヨネーズはやっぱり >>