姪っ子粉もの対決

 今日は大家族での昼食のあと、お菓子作りの大好きな姪っ子たちが、料理対決をしました。

f0234936_7134226.jpg

 アレッシアは、レシピを自分で見つけて、なんと一人でトルタ・アル・テスト(torta al testo)を、マッダレーナは、夫も手伝って、クレープを作りました。夫は審判です。

f0234936_7135857.jpg

 初めて、そして、一人でとは思えないほど、上手にできています。先週久しぶりに出会ったマルケの友人が、マルケでは、このトルタが、16世紀の文献にすでに問う蔵しているのだと言っていました。

f0234936_7141720.jpg

 クレープは、ジャム、ヌテッラのチョコレートクリーム、蜂蜜と、三つの味から選ぶことができるようになっていました。

 どちらもとてもおいしくできていました。夫の審判でも同点です。

Nipotina vs Nipotina - Torta al testo vs Crêpe 9/2/2014

Buoni entrambi e brave tutte e due!

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-02-09 23:15 | Gastronomia | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/21401518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-02-10 14:14
なおこさん、姪っ子さんたち、なかなか本格的なお菓子を作られましたね~(*゚∀゚)。子供っていつまでも小さいと思ってると、突然にえ~
もうそんなことまで出来るようになって~??という感じですよね!
子供の成長は、嬉しいことですね( ☆∀☆)
それを見守ってあげているなおこさんと旦那様は、とっても優しくて素敵な存在だと思います♪
Commented by クロちゃん at 2014-02-10 15:46 x
なおこさん、こんにちは♪
美味しい笑顔がこぼれていますね~。
これは楽しい時間だったでしょう。
楽しみながら料理する時間は笑顔の時間♪(^^)/
Commented by suzu-clair at 2014-02-10 16:15
姪っ子さんたち、
可愛らしいですね♪

料理対決なんて楽しそう♪
お二人ともなかなかの腕前ですね☆
クレープのトッピングが、
それぞれ違っていて、子どもらしく可愛いですね^^

なおこさんのおうちは、
大家族での楽しいお食事や、
こうした料理対決など、
食を通じて、みなさんが心を通い合わせる時間を愉しんでいらっしゃって、
本当に素敵ですね。

皆さんの笑顔が伝わってくるようです♪
Commented by milletti_naoko at 2014-02-10 17:42
アリスさん、アレッシアが作ったトルタ・アル・テストは、名前はトルタでも、厚みがあってかたいピザ生地のような感じで、パン代わりに、今回のように生ハムをはさんだり、サルシッチャや青菜をはさんで食べたりするんですよ。

足はもうわたしより大きいし、そのうち身長も追い越されそうです。子供から娘さんらしくなったなあと、つくづく感じることの多い今日この頃です。
Commented by milletti_naoko at 2014-02-10 17:44
クロちゃん、夫の判定が同点だったのがアレッシアには残念だったようですが、わざとおもしろい顔つきをして審判ごっこをする夫の様子に笑い、わたしたち皆がおいしいと言って食べたので、二人ともとてもうれしそうでした♪ まさにおいしく、楽しい時間です。
Commented by milletti_naoko at 2014-02-10 17:47
すずさん、二人とも、お互いに作りたいものを作り、作るのも対決も楽しんでいました。最初は二人とも同じものをと言っていたのが、結局それぞれが作りたいものを作ったのですが、おかげでいろんな味を楽しむことができ、おかげで、皆、「昼にたくさん食べたのにいけないいけない」と言いつつ、おいしいので、食べ過ぎてしまいました。

マッダレーナのクレープ飾りには、夫の知恵もかなり入っているのですが、こうやって二人とも、楽しみながらレパートリーを増やしていくのだなと、感心しています。できた料理もおいしくて、二人の両親や義父母といっしょに、口々に「おいしいね!」と言いながら食べたら、二人とも満足そうでした♪
Commented by kazu at 2014-02-10 20:09 x
なおこさん、今晩は。お料理でもお菓子でも作ろうとする気持ちの中には、誰かに食べて貰いたい、そして喜んで欲しいという思いが込められていると思うからなかなか判定は難しかったことと思います。こんな対決ができるのは、幸せで良いご家庭なのだといつも微笑ましく読ませて頂いています昨年もお電話でお話しましたが、アレッシアちゃんもマッダレーアちゃんも登場するたびに大きくなっていて、驚きます。すっかり娘さんになられましたね。なおこさんという優秀な先生がそはにおられるから、お二人にととっては心丈夫なことと思います。
Commented by milletti_naoko at 2014-02-10 21:06
かずさん、姪たちが一緒に過ごすことの多い母方の祖母がおいしいデザートを作る名人なので、姪たちもそれで、幼い頃から料理好きなのではないかと思います。イタリアではごく幼い頃から、男の子用と女の子用の洋服の色やおもちゃがはっきり分かれすぎていて、女の子は子育て(赤ちゃんの人形)、料理(料理道具のおもちゃ、お菓子作りセット)、掃除(お掃除道具セット)を将来担うべく、幼い頃から「女はうち」的役割・分担をインプットされているようで、どうかなと思うことも多いのですが、お菓子作りについては、姪っ子たちは純粋に楽しんでいるので、本人たちもうれしそうだし、食べられる皆も喜べて、いいことだなと思います。いえいえ、英語の宿題を手伝いはしますが、他の宿題は主にお母さんが見てくれるし、頼りになる温かい大人たちが周囲にたくさんいて、姪たちは恵まれていると思います。
Commented by Navia at 2014-02-11 07:00 x
私の友人にもお菓子作りが得意な人が居ます。彼女は子供の頃からお母さんとお菓子を作ってはお父さんや知人が美味しそうに食べるのがうれしかったそうです。だからお菓子を美味しく作れる人は、子供の頃からの甘い経験が生かされてるのかなってよく思うんです。
彼女たちもこうした対決を通してもっともっと美味しいものを作って、もっともっとたくさんの人たちを笑顔にするんですね。かわいいパテシエたちの未来が楽しみですね♪ 美味しい判定係りの旦那様がうらやましいです♪
Commented by milletti_naoko at 2014-02-11 08:00
Naviaさん、喜んで食べてくれる人と喜んで作ってくれる人、幸せの輪の中で、そうやって、お友達も、喜んでもらおうと、お菓子作りの腕を鍛えていったんですね。本当に二人とも、将来が楽しみです。日曜の午後は義母もかなり疲れているので、あちこち散らかして、時に激しいけんかもしながらお菓子作りをしたがる二人の指導・監督も、たいてい夫の役です。
Commented by ミルティリおばさん at 2014-02-13 13:34 x
お菓子もさることながら、何て可愛い姪御さん達!
私も思わず微笑みが!
Commented by milletti_naoko at 2014-02-13 18:16
ミルティリおばさん、姪たちもすっかり子供からsignorineへと育ちつつあるのですが、かわいらしい上に、写真に向ける笑顔も満点です♪
<< 友情の日曜大工・左官屋 はなで感じる春の足音 >>