女性の日に

  Fiori e festa, sono belli.
  Eppure è il rispetto della nostra dignità, non
  Solo per oggi ma per
  Tutti i giorni che
  Aspettiamo da voi uomini e

  Da noi stesse.
  Educhiamo,
  Liberiamo il mondo dalle tragedie.
  L'amare significa
  Augurarsi la felicità dell'amata per quanto

  Dolorosa sia la sua scelta di andare via.
  Orgogliose saremo
  Noi per quello che siamo,
  Non condizionate dagli stereotipi imposti.
  Auguri a tutte le donne!


f0234936_038336.jpg


  花や祝いはうれしいけれど、
  男性からも、わたしたち女性自身からも、
  望むのは、今日の1日だけではなく、
  毎日、明日もこれからも、
  わたしたちの尊厳を敬うこと。

  世界から恐ろしい悲劇がなくなるように、
  教育を続けましょう。
  だれかを真に愛するということは、
  たとえ相手が自分から離れていくと決め、
  それがどんなに辛くとも、
  相手の幸せを祈ること。

  社会が押しつけるゆがんだ理想像や
  役割にとらわれることなく、
  自分に誇りを持って、
  夢や理想を実現していきましょう。
  女性の皆さん、おめでとうございます!

LINK
- Festa della Donna – Poesia di Raicho, femminista giapponese
- 女性の日に寄せて ~ 平塚らいちょうからの応援歌

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-03-08 16:38 | Feste & eventi | Comments(6)
Commented by クロちゃん at 2014-03-09 08:01 x
なおこさん、おはようございます。♪
女性の日ですか!
これは知りませんでした。
平和であることが一番ですね。
私の頭の中はいつも平和~。
世間では“ノー天気”とも言うらしい。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2014-03-09 08:37
クロちゃん、こんばんは。この日の前後にはイタリアの各市町村で、さまざまな関連の催しがあります。講演会があったり、映画の上演があったり。こういう日を祝える平和をありがたく思うと共に、男女平等があたりまえの社会が来ますようにと願っています。
Commented by ayayay0003 at 2014-03-09 14:23
なおこさん、女性の日というのは、国規模のイベントなんですね♪
私はもっと商業的な、バレンタインのような感じかな?なんて思ってましたよ。凄い真面目なイベントだったんですね。失礼しました(^-^;
本当に、平和なので、こうしたイベントが出来るので、ありがたいことです(^-^)
女性の日だけじゃない、日常的に女性大切にして欲しい?とか言ってはだめかしら?(笑)
Commented by milletti_naoko at 2014-03-09 18:00
アリスさん、日本にはまだあまり浸透していないようですものね。まだまだ女性の職場での雇用・待遇や、家庭での男女の役割分担には、日本でもイタリアでも、改善すべき点が多いと思います。女性の日を設けて、ことさらに意識することは大切ですが、わたしもやっぱり、そういう意識がこの日前後だけではなく、いつでもあることが大切だと思います。
Commented by suzu-clair at 2014-03-10 01:16
昨日こちらの記事を訪問できなかったので、
連続で恐縮ですが、こちらにもコメントさせていただきますね。

イタリアでの女性の日が、実際はどのような文化であるか、
とても知りたかったので、とても興味深く拝読しました。

私も、そういう大きな意味があるものだったのかと、初めて知りました。

私は、花の仕事を初めてから、「ミモザ」ということに関連してこの日を知ったのですが、
やはり日本では、表面的な意味合いしか伝わっていませんね。
私が聞いたのは、私のブログに書いたような意味程度で、
これは花業界ではミモザを売るための商業的なニュアンスからのアプローチですね。

「社会が押しつけるゆがんだ理想像や役割にとらわれず、
自分に誇りをもって」ということ、
残念ながら、日本の女性は、
まだまだ女性自身がその認識がもてていないのかもしれません。
だから、日本では、まだまだこの日が浸透しないのかもしれないですね・・・。

なおこさんのおかげで、
女性の日の本当の意味が私にも少しはわかってよかったです。
大切なことを教えてくださってありがとうございます。
いつも本当に感謝しています。
Commented by milletti_naoko at 2014-03-11 02:40
すずさん、ばたばたしていて、こちらのコメントへのお返事が遅くなって失礼いたしました。男女の社会的平等を目指して、国連でも1975年から国際婦人デーと定められているのに、それを、日本では、男女平等について、改めて考えるいい機会とは行政や教育界が考えず、商業的に業者が利用しようとしているだけとは、残念です。高校で教えていた頃は、さまざまな差別についてホームルーム活動でも学校全体でも取り上げ、男女平等についても、人権集会などで話題になったのですが、この日について何か話をした記憶は、残念ながらわたしもありません。

すずさん、こちらこそいつも、心のこもったお優しいコメントをありがとうございます。
<< おばさん・お姉さん・お嬢さん 離れ島でサバイバル、仏語で読む... >>