肩こり・筋肉痛には

 今もですが、特にかつて日本の高校で教えていたとき、仕事で机やパソコンに向かう時間が長い上、家でも英語やイタリア語を勉強していたため、肩こりに苦しむことがよくありました。それで、悲しいかな、20代の頃から、すでにサロンパスやピップエレキバンに、時々頼っていました。イタリアに来てからも、机やパソコンで過ごす時間の多いことは変わらないのですが、夫や友人と山を歩くようになったおかげか、肩こりの頻度や症状は、以前と比べて和らぎました。以前は日本に帰ったときに、ピップエレキバンを多めに購入していたりしたのですが、最近は、肩こりは、できるだけエゴスキュー体操で解消するようにしています。

 ただ、それでも痛みがひどいときや、巡礼で重いリュックサックを長時間、何日も背負い続けたときの痛みや、山歩きなどによる筋肉痛には、

f0234936_8482783.jpg

こういうアルニカ・モンタナ(arnica)などを成分としたマッサージ・オイル、あるいは

f0234936_8483944.jpg

タイガーバーム(イタリア語ではbalsamo di tigre)を患部に塗って、よくマッサージをしています。どちらも、夫が少なくとも10年以上愛用しているものですが、今でもよく効きます。今朝、熱いシャワーで痛みをほぐしたあと、タイガーバームを患部につけると、ひんやりと効果を発揮するのが肌で感じられて、遠い昔にサロンパスをつけたときと同じような感覚を、久しぶりに味わいました。サロンパスは使い続けていると、わたしの場合は、肌が荒れたり痛んだりしたのですが、今回ご紹介した二つについては、同じものを使い続けず、交互に使うようにしているからか、そういう肌のトラブルが、今のところはありません。

f0234936_8484249.jpg

 以上の二つと共に、肩こりや筋肉痛にと使っているのがこちらのクリームです。タイガーバームは、主成分は植物でありながら、石油から抽出したパラフィンも含んでいるのに対し、このクリームは、アルニカ・モンタナを主成分としている上、すべてが植物成分で、しかも有機農業で栽培されたものです。ですから、体に一番優しいのは、このクリームでしょうが、以前に参加した1日アロマテラピー講座で、「クリームよりも、オイルの方が、体に吸収されやすい」と聞いたこともあります。それで、結局、筋肉痛がひどいときは、同じものを使い続けて、肌に負担がかからないように、この3商品を交互に使っています。ちなみに、WELEDAのアルニカ・マッサージ・オイルも植物成分だけでできています。薬草専門店、erboristeriaには、どれもたいてい置いてあると思います。

 ただ、こういうオイルやクリームは、やっぱりどうしてもというときの救急措置なので、ふだんから体操をするなどして、体を動かして、肩こりに苦しまずにすむように努めるのが大切だと思います。関節の痛み対策のエゴスキュー体操を長い間さぼって、反省しているわたしですが、今のひどい痛みが去ったら、また体操を始めて、今度こそ続けるつもりでいます。

Mi danno sollievo questi prodotti, quando mi fanno male le spalle, i muscoli...

関連記事へのリンク
- ぎっくり腰と腰痛・肩こり撃退体操
- 鼻が大切

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-03-23 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/21623598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-03-24 15:29
なおこさん、私、イタリア旅行でこのアルニカ・モンタナ成分の入ったクリーム購入しました。これは、そういう自然の成が入ったクリームだったのですね♪何も知らずに、添乗員さんがイタリアに来るとこれを買うのでおススメですよ♪とおっしゃるので皆が購入したのです(笑)
でも確かにちょっと膝がいたい、腰がいたいという時には、ひりひりするわけでなくやんわり効くのでよかったです。(*^_^*)
なおこさんの記事を読んであの時のクリーム、納得しました♪
Commented by milletti_naoko at 2014-03-24 16:22
アリスさん、イタリア旅行でこういうクリーム購入を勧める添乗員の方がいるんですね! びっくりしました。確かに、何かの際に、肩や足腰の筋肉が痛んでつらいということはだれにでもあるし、このクリームは合成化学薬品が使われていないので、体にも優しいですよね。Floraという会社は、このクリームを始め、精油なども数多く扱っているのですが、有機栽培など、材料となる植物の質にこだわった商品が多く、値段は高いけれど、品質は優れているのだと聞いています。
Commented by とすかーな at 2014-03-24 16:53 x
ええ~!イタリアにタイガーバームがあるなんて!すごいなぁ、中国。日本でものすごい肩こりだったのに、イタリアに来たら症状が軽くなりました。仕事してないからなんですけど(笑)
なおこさんの情報いつも大変役に立っています。ありがとうございます♪
Commented by fusello at 2014-03-24 17:51
naokoさん、こんにちは。
タイガーバーム、イタリアでも人気なんですね!
間違った使い方ですが、若かりし頃、眠気覚ましにコメカミに塗っていたのを思い出しました。スッとして気持ちいいんですよね!(効果は長続きしませんけど)

↓の記事のシナモン・コーヒー、試してみます。
ガス火とmokaの間に挟んである針金状のものは、ご自分で作られたものですか、それとも市販のもの?
ひとり分のmokaを使う時、mokaが倒れてしまうのではといつもドキドキしているので、コンロ口に乗せられる物があったら不安解消になるというものですよね!
Commented by kishie at 2014-03-24 19:01 x
私も慢性の肩こりが酷くて困っていたのでお勧めのクリーム試してみます!日本のものを頼りにしてると、結局切らした時に困りますしね、この国でどう改善していくかを見つけないと。肩こり対策に半年前から水泳に通い始めました、旅も多いので間が空いてしまいがちですが、とにかく続けようと思ってます。ベネツィアの記事も楽しく拝見しました。日本への帰国は仕事が大半でその後仕事旅と残務処理で心身ともにお疲れ気味なので、来月にでもベネツィアでのんびりしよと思ってます。やっぱり「何か」魔法の力を持つ街ですよね。
Commented by milletti_naoko at 2014-03-25 00:20
とすかーなさん、うちにあるものはシンガポール製ですが、主要成分や使用法は、外箱にイタリア語で書かれていますので、イタリアでも扱っている店が多いのではないかと思います。さきほどもマッサージしながら塗ったら、お風呂上がりではなくても、スーッとひんやりと気持ちがよかったです。成分的にはこのタイガーバームには石油からできたパラフィンが含まれているので、体に害がないのは、FloraやWeledaのクリーム・オイルだと思うのですが、塗って爽快感があるのはタイガーバームです。

とすかーなさんは、イタリアにいらしてからは、机上以外で家事などのために体をいろいろと動かされていますものね。その分、体全体を使われているということでしょう。

お役に立てていると知って、こちらこそうれしいです♪ ありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2014-03-25 00:24
Fuselloさん、実はタイガーバーム、わたしは日本に住んでいた頃は知りませんでした。うちの夫や友人たちは、東洋文化への興味があり、インドや中国に旅行もしているので、それで持っているのかもしれません。こめかみに塗って眠気覚まし! 確かに効果がありそうです。

ガスの火とmokaの間にあるのは、市場で見つけて買いました。コーヒーをmokaで沸かすときのことを考えずに、ガスコンロを選んだので、コンロの火が大きすぎるからと夫が選んだものです。ということは、Fuselloさんのお宅にもmokaがあるんですね♪
Commented by milletti_naoko at 2014-03-25 00:28
きしえさんもお仕事がお忙しいですものね。アルニカ・モンタナのクリームやオイルは、タイガーバームやサロンパスほど即効性のひんやりは感じませんが、じっくりと体に成分が浸み込んで、効果を発揮するので、健康に有害な成分が含まれていない点では一番だと思います。水泳はいいですよね。わたしは体操をこつこつ続けて解消しようと思いつつさぼっていていけないのですが、何らかの形で体を動かし、筋肉をほぐすこと、使ってやることが、対策としては最適ではないかという気がします。

ベネチアはやっぱりいいですよね。あちこちを運河が流れる石造りの美しい、おとぎの世界のような町。お疲れさまです。できるときに、ゆっくりとお体をお休めくださいね。
<< 新たな始まり シナモン・コーヒー >>