蜂のお宿

 今日の夕方のことです。仕事から帰って、畑に出ようとしていた夫が、かつてブドウの搾り汁を入れるのに使っていた樽に、ミツバチが住みついているのを発見しました。

f0234936_5532682.jpg

 実は我が家では、去年も、畑に置かれていた土管に、ミツバチの群れが見つかり、そのときは、養蜂家である知人に、引き取ってもらいました。

f0234936_5534867.jpg

 ずっと昔には、義父母もミツバチを飼っていたことがあったのですが、何箇所も刺されてひどく腫れ上がったことがあり、以後は養蜂をやめたそうです。養蜂には、夫も以前から興味があり、数年前に、養蜂講座に通って、道具を整え、役所に届け出をしたことさえあります。ただ、当時は、改築作業が忙しくなった上、ちょうどその頃、各地で、ミツバチが伝染病で大量に死んでしまうという現象があって、養蜂を断念しました。

f0234936_654398.jpg

 去年は蜂を見つけたのが義父だったので、すぐに知人に引き取ってもらうことになったのですが、今年は夫だったので、養蜂にはまだ関心のある夫の希望から、蜂を手元に置くことにして、樽を畑に移動しました。

f0234936_5541111.jpg

 ペルージャのうちの庭や畑では、もう桜は花が終わりかけていますが、ニンニクの親戚とは思えない、白いかわいらしい花がたくさん咲き、

f0234936_5543021.jpg

リンゴや梨の花がきれいです。

 ミツバチが集まるほど、自然に恵まれた場所に暮らせることを、うれしく、ありがたく思っています。

A casa nostra ospitiamo uno sciame d'api
in una vecchia botticella di mosto la quale
le api stesse hanno scelto come alloggio.
Siamo contenti che abbiano trovato anche le api
la casa nostra 'home sweet home' :-)))

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-08 22:54 | Fiori Piante Animali | Comments(8)
Commented by クロちゃん at 2014-04-09 06:40 x
なおこさん、おはようございます。♪
甘い樽に集まるミツバチくんたちですか。
花があって、自然が豊かと感じます。
たくさんの蜜がみつかりそうです。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2014-04-09 06:54
クロちゃん、こんばんは♪ この樽に入れられた汁が、ワイン用だったか酢用だったかは、不明だそうですが、遠い昔のブドウの搾り汁の甘い香りがまだ残っていたのかもしれませんね。ミツバチだちがいつまでも元気でいてくれますように♪
Commented by ayayay0003 at 2014-04-09 13:04
こんにちは♪
樽にミツバチの巣なんてほほえましいです(^-^)
あ、でも蜂に刺された経験あるんですよね~(^^;
そんなに腫れたり、お医者さんにかかったほどではないけど、痛いですよね(^^;なので、義父母さまのお気持ちも少しわかります(^-^)
イタリアでもミツバチがたくさん死んでしまったことがあったのですね!日本でも数年前?いやもっと前かもしれないけど、同じようなことがあって、それ以来ハチミツの値段が高騰して今だに高止まりしたままです(^^;家の夫も、時間さへあれば養蜂に興味津々なんですよ!
私もハチミツ大好きなので、定年退職(自営業者なのでないかも(笑))
したらヤル気満々なんですよね~♪
今までヨ―ロッパ旅行でどれだけハチミツ買って帰ったことか(笑)。
イタリアのハチミツは美味しいです(*≧∀≦*)
日本にもたくさん入ってきていますよ。
ハチミツを使ってお菓子やパンを作ると美味しいので、私にとってハチミツはなくてはならない存在です(^-^)

ミツバチが大好きなお花がたくさんあるなおこさんのお家は、本当に素晴らしいですね(*≧∀≦*)
Commented by milletti_naoko at 2014-04-09 17:10
アリスさん、蜂に刺されると痛いですよね。わたしも中学生の頃、マラソン大会で走った後で、体を冷やさないようにと長袖の体育着を着たら、その中に蜂がいて、刺されてしまったことがあります。当時住んでいたのは東京だったのですが。特にスズメバチに刺されると、人にもよりますが、腫れ上がって本当に辛いそうですね。義母はあごを刺されたことさえあるそうです。あのときのミツバチの大量死は世界的な現象で、たぶんイタリアでも日本と同じ時期に起こったのではないかと思います。わたしたちの知人で、もう何十年も養蜂をしている人たちの蜂でさえ、かなり死んでしまったそうです。

自分たちで作ったハチミツ、おいしいでしょうね。だんなさんもアリスさんも、共にやる気満々ということは、きっと実現できますね。愛媛も自然が豊かですし。そうそう、アリスさんが栗のハチミツがお好きだということは、わたしも覚えています。お菓子作りもハチミツだとおいしいし、健康にもいいですよね。
Commented by suzu-clair at 2014-04-10 00:45
ミツバチさんたちが住みついてくれているのですね!
うまく養蜂できるといいですね。

私の住む岡山は、比較的養蜂に向く環境が整っているらしく、
養蜂業をしているところが何箇所かあります。
でもなかなか養蜂は難しいみたいですね~。
地球規模で、ミツバチは減少傾向にあるらしいので、
なおこさんのところに集まってきてくれたミツバチさんたちは貴重ですね♪
美しい自然あふれる素敵な暮らし、
本当に心豊かな生き方をされてて、素晴らしいですね☆
Commented by nagisamiyamoto at 2014-04-10 03:56
なおこさん
ご主人はおうちを作ったり、蜂蜜づくりに興味があったりご夫婦揃って多才ですね。自然を愛する人はこのような環境が当たり前にうれしいと感じて生活するのでしょう。
蜂は怖いです。怖くてもはちみつは美味しいです。甘い物が好きでない私も時々紅茶やホットミルクに入れるので我が家でも常備しております。
Commented by milletti_naoko at 2014-04-10 06:48
すずさん、最近はようやく蜂の大量死を防ぐ対策も見つかり始めているようなので、元気でいてくれますようにと願っています。

岡山にお住まいなんですね! 自然の美しいところですよね。緑豊かな場所で暮らせるのは、夫や義父母のおかげで、感謝しています。
Commented by milletti_naoko at 2014-04-10 06:55
なぎささん、夫は、うち作りはどうしていいか分からずに、何でも屋さんのフランコにいろんな面で助けてもらって、試行錯誤の状態ですが、緑を育てることや養蜂も含めての農業には、もう長い間感心があるし、大好きで、本当はそういうことこそ、仕事にしたいと思い続けているんです。

蜂は本当に怖いですよね。もう10年ほど前に、一時期夫と、トスカーナとの州境にある古い家に住んでいた頃、刺されたら命がないかもしれないという種の、大きくて黄色い蜂が、使っていない部屋に毎年巣を作って、時々明かりに引き寄せられるのか、台所にやってきて、それは怖い思いをしたこともあります。その頃も今も、自家製のレタスの間からは夏はスズメバチが見つかることが多く、それで悲鳴を上げることもあるのですが、夫からは、かえって、「何事かと心配したじゃないか、蜂くらいで」と怒られます。でも、やっぱり、蜂はこわいですよね。体にいいので、砂糖よりもハチミツをとは、わたしもよく聞いて、できるだけハチミツに代えようと考えているところです。
<< 野の花いっぱい山の道 改築も進む春 >>