復活祭の1日

 朝、義家族と復活祭の祝いのあいさつを交わし、祝福を受けた復活祭のパンとゆで卵を朝食に食べ、昼食のしたくを少し手伝ってから、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会のミサに出かけました。

f0234936_5531418.jpg
Basilica di Santa Maria degli Angeli, Assisi 20/4/2014

 イエス・キリストの復活を祝う大切な祭日だけあって、広い教会内なので、ふだんはどこかには腰を下ろせるのですが、今日はいつもの倍近くの人がミサに参列していて、席には座れずに立っている人が大勢いました。ぎりぎりに到着して、駐車できる場所を探すのに苦労したわたしたちも、遅れて教会に入り、立ってミサに参加しました。

f0234936_5534548.jpg
Basilica di Santa Maria degli Angeli, Assisi 13/4/2014

 先週の日曜日も、やはりこのポルツィウンコラのミサに参加しました。聖週間(Settimana Santa)の初日であり、かつ、この日が枝の主日(Domenica delle Palme)で、祝福されたオリーブの枝を受け取れるということもあって、先週も、今日ほどではないものの、いつもよりも大勢の人がミサに参加していました。そうして、驚いたことに、この日は、ふだんは閉まっている正面中央の扉が開いていました。教会内では撮影が禁止されているため、ふだんは中の写真がご紹介できなかったのですが、そのおかげでこの日は、外から教会内の写真を撮ることができました。

f0234936_55484.jpg

 この教会が、わたしたちにとっても、聖フランチェスコを慕う人々にとっても特別なのは、聖人が自らの手で、仲間たちと協力して建てた小さな礼拝堂、ポルツィウンコラ礼拝堂(Cappella della Porziuncola)を包むように建てられ、聖人が暮らし、亡くなった場所だからです。一方、アッシジの中心街にある聖フランチェスコ大聖堂は、ジョットのフレスコ画を始め、美しい壁画で飾られ、聖人のお墓はありますが、聖人の死後に、教皇の意向で建てられたものです。

f0234936_5542939.jpg
Roseto 20/4/2014

 ミサの後は、聖フランチェスコが茂みに身を投じて以来、とげがなくなったというバラを見に行きました。手前の低い茂みがそのバラで、まだ花は咲いていません。

f0234936_555495.jpg

 聖フランチェスコが暮らしていたという部屋も見て、

f0234936_5553924.jpg

出口へと急いでいると、復活祭に関わる場面を模型、プレゼーペで表した展覧会があります。

f0234936_5555651.jpg

 プレゼーペですから、展示はまずは幼子イエスの誕生に始まり、イエスの洗礼の場面が次に続き、

f0234936_5561274.jpg

先週の枝の主日のミサでも読み上げられた、最後の晩餐やイエスの受難、そして死の場面が並んでいます。

f0234936_5562693.jpg
”Gesù è risorto”

 展示の最後には、今日のミサでも読み上げられた、女性たちがイエスの墓を訪ねると、亡骸がなくなっているという場面が描かれています。「イエスが復活したこと」を皆が知るのはこの後の場面なのに、今日読んだくだりでは、この後女性たちから話を聞いた使徒たちも、イエスの遺骸がないことを確認するところで終わっていたのが、何だか不思議で、興味深かったです。今日のミサでは、この場面を読み上げたあと、説教で、イエスの受難と死、そして復活の意義について説明していました。

f0234936_5564477.jpg

 教会前では、マロニエ(ippocastano)の花が、咲き始めたところです。

f0234936_557138.jpg

 出発前、ペルージャの自宅周辺は霧に覆われ、行きは、アッシジの町もスバージオ山も雲に覆われて、高速道路からはまったく見えなかったのが、ミサが終わると空が晴れ上がり、帰り道には高速道路から、サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会のクーポラの向こう、スバージオ山の裾野に広がるアッシジの町並みがきれいに見えました。

f0234936_5571851.jpg

 昼食には、姪っ子たちが、うさぎや蝶など、復活祭らしい形のクッキーを、家で作って持って来てくれていました。かわいらしい上に、とてもおいしかったです。大家族での復活祭の昼食は、いつものメニューに、復活祭のパンとカーポコッロの前菜と、セコンドに羊のローストが加わり、デザートの前に、卵形をした大きいチョコレートを贈り、デザートには、鳩の形をしたコロンバというケーキも食べました。

f0234936_5574287.jpg

 姪っ子たちには、義弟夫婦からはバーチ・チョコレートのチョコレート卵、わたしたちからは、キティちゃんのチョコレート卵を贈りました。バーチのチョコの中にはアクセサリー、わたしたちが贈ったチョコレートの中には、キティちゃんグッズが、入っていました。イタリアでは、この数年キティちゃん人気が続いて、姪たちが喜んでくれたので、ほっとしました。

 食後は片づけのあと、久しぶりに姪たちと遊びました。ブリスコラというカードゲームで、わたしは初めて参加したこともあり、姪チームが圧勝し、二人ともそれはうれしそうでした。

Pasqua 2014

- All'andata la città di Assisi e il monte Subasio erano coperti dalle nuvole e non si vedevano, invece dopo la messa sono comparsi e brillava il sole.

- Fino al 27 aprile la Mostra del Presepe Pasquale alla Porziuncola.

- Le nipotine hanno fatto i biscotti molto belli e buoni :-)))

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 枝の主日と聖週間 / La Domenica delle Palme e la Settimana Santa (1/4/2012)
- アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ / Passeggiata ad Assisi1 – Porziuncola (27/4/2011)
- 復活祭2010 / Pasqua 2010 (4/4/2010)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-20 22:58 | Feste & eventi | Comments(10)
Commented by bananacurry at 2014-04-21 06:36
naokoさん、バナナカレーです。旅行記にコメントありがとうございます! ペルージャは、イタリアの中でも一番好きな街のひとつです。暮らすならペルージャ!と思っていたくらいなので、お住まいだなんて、ほんとにうらやましい…(旅行者にはないご苦労も、あるのだとは思いますが)。今年の夏も中部イタリアを旅行したいと思っておりますので、ぜひ情報など、教えてください〜!
Commented by milletti_naoko at 2014-04-21 06:50
バナナカレーさん、検索をしていて、ひょんなことからすてきな旅行記事に行き当たっていいなと思ったものの、ずいぶん昔の記事なので、読み逃げするつもりが、脇のお言葉に目がとまって、コメントをいたしました。こちらこそ、訪問とコメントをありがとうございます。数あるイタリアの街の中で、ペルージャが好きと言っていただけて、うれしいです。住んでいても気づかないような美しい風景やすてきな場所を、上手に見つけて、とってもきれいに撮影されていますね。またイタリア中部にいらっしゃるんですね! 何かでお役に立てると、うれしいです。
Commented by ayayay0003 at 2014-04-21 10:01
おはようございます♪
復活祭は、やはりクリスマスに次ぐ大きな宗教行事ですね!たくさんの人がミサに出席するために集まっている様子いいなぁ~♪
いつもなおこさんがミサに出席するところのサンタ・マリ―ア・デッリ・アンジェリ教会の正面扉が開いていてラッキ―です(^-^)
ちょっといつもどんなところかなぁ…と気になっていたのです♪
素晴らしいミサに、青空が祝福しているかのようですね。
よい復活祭初日を迎えられましたね(*^^*)。
Commented by nagisamiyamoto at 2014-04-21 11:44
なおこさん
なおこさんにとってパスクアはとても重要な日だったのですね。毎年パスクアはやってこようとも、同じことばかりではありませんものね。歳を重ねるたびにものの見方や考え方も変わってくるものです。ご家族ご親戚で過ごされた1日がとても充実して楽しかったことが伝わってきました。私は19日に子牛を食べると言う今年はフライング・パスクアを経験してしまいました。私の周りのイタリア人はどうも敬虔なカトリックがいなくて、それでもクリスマスだけは「らしい」ことはちゃんとやりますが。
Commented by milletti_naoko at 2014-04-21 16:17
アリスさん、おはようございます。ちょうどミサの後に空がきれいに晴れたので、わたしも、空と太陽も復活祭を祝っているようだと感じました♪

ズームで拡大してではありませんが、内部にある小さい礼拝堂、ポルツィウンコラが撮影できてうれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2014-04-21 16:22
なぎささん、4年前の復活祭の写真を見て、当時はまだ小さかった姪たちの成長ぶりにびっくりしました。あの頃は、チョコレート卵を開けることばかりを楽しみにしていた姪たちが、自分たちでかわいいクッキーを焼いて、いそいそとテーブルでも準備をしてくれたりていました。毎年ミサには参加していても、新たに学ぶことや感慨もいろいろあります。うちは、夫の亡き伯父が神父で、夫の家族はずっと伯父と暮らして、教区の教会活動を支えていたりしたこともあって、皆、とても信仰心が厚いのです。生前、伯父が神父として務めていた頃は、聖金曜日に村人たちが行進をする前に、道沿いに小さいロウソクを置いたり、火をともしたりするのも、夫たちの仕事だったようです。
Commented by suzu-clair at 2014-04-21 22:03
やはりそちらでの復活祭は、
とても特別な日なのですね。
晴れ渡った美しい日だったようで、なによりですね☆

聖フランチェスコが身を投じて以来とげがなくなったバラというのは、
興味深いですね。
どんな花が咲くのでしょうね・・・☆
マロニエの花、初めてみました!
よくフランスでも街路樹などにあるようですが、
花を見せていただいたのは初めてなのでとても嬉しいです♪

キティちゃん、イタリアでも人気なのですね~。
姪っ子さんたち、喜ばれてよかったですね☆
Commented by milletti_naoko at 2014-04-22 05:47
すずさん、死の悲しみが復活の喜びに変わるように、空も霧や黒雲から青空に変わったのが印象的でした。やっぱり晴れるとうれしいです♪

とげのないバラは、いつか一度咲いているのを見て写真に撮った覚えがあるので、また見つかったら載せてみますね。赤い野バラだったように覚えているのですが、さだかではありません。

マロニエは、イタリアでは白い花を見かけることが多いのですが、この教会前には、赤い花と白い花の両方があるんですよ。日本語を教えている学校の前の公園にも、白いマロニエの花が咲いているのを見かけて、撮影してあるので、またそちらの写真も載せますね。すずさんに喜んでいただけてうれしいです。

数年前からキティちゃん、大人気です。一頃ほどの人気ではないのですが、姪たちはまだまだ喜んでくれたので、ほっとしました♪
Commented by Masami at 2014-04-22 06:38 x
なおこさん、こんばんは。

ご家族と素敵な復活祭の日を過ごしたのですね!
我が家は夫がカトリックであるものの、信仰が深くなく、
パスクアの日も教会に出向くこともなく過ごしているので、なおこさんのブログの記事を興味深く読ませていただきました!

三世代で協力して作られたウンブリア伝統の復活祭のパン、見事ですね!機会があったら是非食べてみたいです。美味しそう~!!

姪っ子さんの作られたクッキーも美味しそうだし、
楽しい復活際の様子が伝わってきました!
ブリスコラは我が家でもよくやる遊びですが、面白いですよねー^^
Commented by milletti_naoko at 2014-04-22 18:00
まさみさん、復活祭のパンは、チーズの味がたっぶりして、素朴な味わいですが、おいしいんですよ。機会があれば、ぜひお召し上がりください。

ブリスコラ、まさみさんのお宅でもされるんですね! わたしはこれまでははたで見ているだけだったのが、日曜日は初めて参戦しました。1度目は夫と姪たちが遊んでいるのを教えてもらいながら見て、それからわたしも参加したのですが、ルールを知らなくて、「おいおいそれは!」というような札を何度か出してしまいました。まだまだ、見習い中ですが、おもしろいですね!
<< クロッカス咲く雪の山 蘭が彩るミジャーナの春 >>