サボテンな二人

今朝、出勤前に
夫がサボテンの花に気づきました。

f0234936_4162455.jpg

とげいっぱいの幹に咲く
きれいな花に
気難しがり屋の
根は優しい夫が重なりました。
難しいのはわたしも同じ。

今年もサボテンが
1年に1度
1日だけ咲かせる
美しい花に
出会うことができました。

f0234936_4164067.jpg

もうすぐ結婚記念日です。
日々、それぞれのとげは
より柔らかく、そして
相手のとげは
優しく包めるようになり、
とげも愛しんで
暮らしていけますように。

Chi non si scoraggia e
Apprezza pure le spine
Con pazienza
Terrà
Un fiore unico
Sempre e ovunque.

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 今君は美しい / Cactus in fiore 2011 (27/5/2011)
- 一年に一度 / Cactus in fiore 2013 (22/5/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-06-05 23:17 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/22226469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-06-06 11:51
こんにちは♪
今日はサボテンにお二人を喩えられていて、楽しくて思わず笑っちゃいました~(笑)しかも、サボテンはサボテンでもこちらのお写真のサボテンはとっても美しいお花を咲かせていらっしゃって、上品で、知的で、本当にお二人みたいなんですもの~(^-^)。結婚記念日の御予定は、たぶんおありなのでしょうね♪
素敵な御夫婦のなおこさんたちを見習いたいなぁ…といつも思っている私です~(*>∀<*)
今日のサボテンへの喩えもとっても教訓になります(笑)。
Commented by suzu-clair at 2014-06-06 14:57
さぼてんの花、きれいに咲いたのですね。
とげがたくさんある身体からは想像できないほど
優しい色の花を咲かせるさぼてんは、
人間味のある人のようで、
愛おしく感じますよね。

このところ出張その他であまり時間がとれず、
なおこさんのブログにたどり着けなくて、
失礼ながら数日分の記事をまとめ読みさせていただいたのですが、
先日のご主人とのけんかのあとの記事や、
その後のお二人での山登りのご様子、
そしてこのさぼてんのお写真などを拝見していて、
ときに心が波立つことがありながらも、
そうした日々を重ねてお互いを支え合う人間らしい生き方って素晴らしいな・・・
なんて思わせていただきました。
(なんだか偉そうな言い方になってすみません)

生きるって、楽なことばかりではないけれど、
素敵なことですね。
人間同士が、ときにぶつかりあいながら、
寄り添って生きていくこと、
本当に素敵だなと思います。

さぼてんのお花のお写真を拝見しながら、
温かな気持ちにしていただきました。
いつも素敵な記事をありがとうございます。
Commented by Miwa at 2014-06-06 15:23 x
こんにちは。サボテンの花がなおこさんご夫婦の記念日が近いのを知っているかのようですね、すごくきれいな花初めて見ました。
相手のここが苦手だなあという部分を素直に受け入れられる事が出来た時、よりいい関係が築けるんでしょうね。
それとは少し違いますが、なにかとせっかちな私は家の近くでよく見かけるちょっとだらしなさそうな猫に「そんなにあせるなよ~」って言われている気がして、ふと我に帰れる時があります。なんとも言えなく滑稽な猫で勝手に名前をつけて呼ぶほど大好きです。
どうぞ素敵な記念日を過ごしてくださいね。
Commented by toto at 2014-06-06 17:36 x
なおこさん、見事に咲いてますね!
私は自分が持っていたサボテンが花をつけた経験がないので、こんな綺麗な花を咲かせるなんてと感動してます。
トゲのある人は実は綺麗なものを隠すためのトゲかもしれませんね。綺麗な花を見せてくれるサボテンのように、育て甲斐があるということとらえて、、、。私もトゲばかり出さずに、綺麗な花を見せようと心がけます!
Commented by milletti_naoko at 2014-06-06 18:18
アリスさん、こんにちは♪ 自分たちなりのきれいな花を咲かせられるサボテンであれたらと思います。記念日前の週末に友人がペルージャで行われる催し物を見に訪ねてくる予定があり、当日は仕事もあるので、今のところはどうなるか未定ですが、はてさてどうなることやら。

いえいえ、私も夫も一人暮らしが長かったので、まだまだ二人で築く居心地のよい環境と関係作りに向けて、いろいろと試行錯誤しているところです。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-06 18:21
すずさん、こちらこそお忙しい中、訪問とコメントをありがとうございます。バラだけではなくきれいな花にはとげがあり、人生も「楽」や「虹」の前には「苦」や「雨」もあって、それは人も同じで、それをそういうものだと心穏やかに受け容れて、受け止めていけるようであれたらと、思うだけは思うことの多いわたしです。サボテンのとげは元来はきっと身を守るためのもので、わたしたちもつい人を傷つけてしまうのは、必要以上に自分を守ろうとして過剰防衛になるからかもしれませんね。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-06 18:24
みわさん、年に1度、1日しか咲かない花を、去年は「明日は咲く」というところまでは見ていたのに見逃してしまったので、今年は見られてうれしかったです。びっくりするほどあでやかで、きれいな花ですよね。本当におっしゃるとおり、「苦手だな」と思う部分はお互いにあるもので、それをどうやって受け容れていくかが大切だなと感じています。

みわさんに生き方を考えさせてくれる猫ちゃん、いいですね。ありがとうございます。みわさんもどうかすてきな毎日をお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-06 18:30
Totoさん、初めてこの花を見たときは、こんなにきれいで、大きい花が咲くとは思いもしなかったので、びっくりしました。

おっしゃるように、とげはバラにもありますよね。大切な美しい花を守るためのとげなのでしょうか。わたしたちが時に心にバリケードを張ったり、人を傷つけるような態度を取ってしまうのも、己を過剰に守ろうとしているのかなという気がします。お互いに、心にきれいな花が育てられますように。
Commented by あんずミャミャ at 2014-06-06 19:27 x
コメントありがとうございました。

サボテンの花は咲いているところを
見ることができるとラッキーだといいますよね。
サボテン自体はとげがあって
鋭いイメージですが
咲かせる花は可憐で
そのギャップがまた素敵だなと思います。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-06 22:10
あんずミャミャさん、こちらこそ訪問とコメントをありがとうございます。特にこのサボテンの花は、朝開いて夕方にはもう閉じていたので、今年は見られて本当にうれしかったです。おっしゃるとおり、鋭いとげと可憐な花との意外な取り合わせも、サボテンの魅力ですよね。
Commented by nagisamiyamoto at 2014-06-07 03:30
なおこさん、こんばんは
サボテンの花ってこんなんなんですね。外側から見るとピンクと白色で内側は黄色と白ってとてもエレガント。ウエディングドレスに見えました。繊細な色をもつこの花は年に一度なんて話も素敵です。そうですか、もうすぐ結婚記念日なのですね。花たちが競って開花するこの時期というのもなおこさんご夫婦らしい。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-07 06:28
なぎささん、こんばんは。サボテンは、大きさも花もさまざまですが、この花、おっしゃるように本当に優美ですてきですよね。年に一度、1日しか見られないので、それだけに見られた年はうれしいです。お優しい、うれしいお言葉をありがとうございます♪
<< 睡蓮も金魚も空を泳ぐ午後 ヒナゲシの花咲く庭 >>