バス時刻・路線も変わる夏休み

 すべてのバス停にというわけではありませんが、少し前から、ペルージャにもこんな電光掲示板が登場しました。けれども、路線FとGの横に「5’」とあるのが「5分後に」、「あと5分で」という意味だと言うのは確かだとして、ただ、この書かれている時間が、本来の時刻表に則ったものか、それとも、運行中のバスの現在地から考えて、あと何分かが分からず(そんな高度な技術がいきなりペルージャに導入されるとは予想していませんでした。)、掲示を真剣に見たことがありませんでした。

f0234936_5574388.jpg

 それがある日、10分近くもバスが遅れて来たので、乗り継ぎに間に合うかどうか心配になって、運転手に「Eのバスはもう通りましたか。」と尋ねると、「電光掲示板があるバス停で、掲示板を見て確認するといいですよ。」と教えてくれました。もしまだバスが通っていなければ、「Linea E」というバスの路線名が、あと何分で来るかという数字と共に記されているはずだと言うのです。それを聞いて初めて、電光掲示板では、運行中のバスの位置から、予想到着時間を表示しているのだと分かりました。そうして、こんなふうに、乗り継ぎのバスがすでに出たか、まだ来ていないかを調べるために利用することもできるのだと知りました。

 実際、イタリアの市内バスは、ペルージャに限ったことではないと思いますが、同じバスが同じ路線をぐるぐると回り続けることが多いため、たいていは、渋滞のために少し遅れてくるのですが、車がすいすい走って、時刻表の時間よりもバスが若干早く到着するということもたまにあります。そんなふうに、乗っているバスも、乗り継がなくてはいけないバスも、時刻表どおりに運行されるとは限らないので、よっぽど乗り継ぎに時間がある場合を除いては、つい冷や冷やしていまいます。

それはさておき、今朝は不覚でした。昨日は日曜日の昼食に大家族が集って、姪たちの学校が終わり、もう夏休みに入ったということは聞いていました。バスの時刻表が、毎年、学校の長い休みを機に、1月・6月・9月に一新されることも知っていました。それなのに、「学校が終わったということは、月曜からバスの時刻表が変わる」ということを、今朝はすっかり忘れていました。

 ペルージャ市内バスの今日、6月8日から9月13日までの、新しい時刻表(PDF)へのリンクはこちらです。
- Umbria Mobilità – Autobus – Servizi Urbani – Perugia dall’8 giugno al 13 settembre

f0234936_5581676.jpg
dal sito www.perugiatoday.it

 今朝は、「15分も遅れて来るなんて」と、ようやく来たSのバスを見ると、「パルティジャーニ広場行き」ではなく、「ペルージャ・フォンティヴェッジェ鉄道駅行き」と書かれていたので慌てました。そして、このとき初めて、今日からバスの時刻表が変わっていることを思い出しました。例年、学校がない間は、バスの便数が少なくなるのですが、企業の経営状態が苦しいために、これまで以上に、バスの便や走行距離の削減を図るというニュースは聞いていました。時刻表が変わったおかげで、9時25分に来るはずのバスが9時40分過ぎに着き、しかも、バスターミナルのあるパルティジャーノ駅まで行かずに、鉄道駅が終点ということは、このバスでは勤務先の学校には行けず、駅で乗り継ぎのバスを探さなければいけません。駅で降りて、バス停を見ると、先週までなら、TSやZ4のバスが、駅から学校の傍らまで、ほぼ最短距離を進んでいたのですが、TSは大幅に遠回りをしてから学校に着き、Z4は学校の脇を通りません。10分後にようやくまずはRが、その後にTSのバスがやって来て、路線が変わっているものですから、どちらでなら先に着けるか分からぬまま、Rのバスに乗りました。

 先週までのTSやZ4、Rなら、4分で学校の入り口近くまで行けたのに、今は路線が変わって、学校の直前で遠回りを始め、ようやくパルティジャーニ駅についたのが15分後で、それから学校まで走ったので、恥ずかしながら15分遅刻をしてしまいました。幸い、わたしの前の授業を担当されていた同僚の先生が、10時まで休み時間なしに突貫で授業をされたので、わたしが着いた頃には、生徒さんは、ようやくバールでコーヒー休憩をしていたところでした。生徒さんがとても熱心な方で、休み時間になっても質問が続いて、結局、わたしたちの方も、せっかくだからと答えていて、お休みなしということが、今年度の授業ではよくあります。

 復活祭前には、学校の休みのときには時刻表が変わるので注意をと呼びかけておいて、夏休みで時刻表が変わることを忘れるなんて、本当にうっかりしていました。特に何事もなくてよかったのですが、以後は十分に気をつけたいと思います。

 ウンブリア州では、Umbria Mobilitàが運営する州内の他の町(アッシジ、スポレートなど)や、電車の時刻表も、今日から変わっています。次のページで、知りたい町の知りたい交通機関をクリックすれば、新しい時刻表を見ることができます。電車についてはまだ6月30日までの時刻表しか掲載されていません。ペルージャの市内バスの時刻表は、数日以内に印刷を終えて、市内各地の切符販売所で配布するとのことです。

"Perché non arriva l'autobus? Finalmente! Ma va solo fino alla stazione?"

Solo allora mi sono accorta che oggi è cambiato l'orario di autobus. Sono cambiate anche le linee, adesso il nuovo orario è disponibile solo su Internet. Quanto ero contenta quando sono finalmente arrivata alla destinazione!!!

LINK
- Umbria Mobilità – Autobus – Servizi Urbani – Perugia dall’8 giugno al 13 settembre 2014
- Umbria Mobilità – Servizi Urbani
↑↑ 地図中の市の名をクリックすると、市内バスの新しい時刻表が見られます。
- Umbria Mobilità – Servizi Ferroviari dall’8 al 30 giugno 2014
↑↑ 北はトスカーナのサンセポルクロから、南はラッツィオのリエーティまで、ウンブリアを南北に縦断する路線で、Trenitaliaの電車とは、ペルージャ・ポンテ・サン・ジョヴァンニ駅、テルニ駅で、乗り換えが可能です。
- Umbria Mobilità – Navigazione Lago Trasimeno
↑↑ トラジメーノ湖畔の町から島を訪ねるフェリーの時刻表です。3月30日から9月21日までの時刻表ですが、季節や曜日・祝祭日か否かによって、時刻表が違いますのでご注意ください。
- PerugiaToday – Bus e treni, Umbria Mobilità rivoluziona gli orari e le corse dall’8 giugno (7/6/2014)

関連記事へのリンク
- ペルージャ観光、地図とアクセス (2014/4/23)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-06-09 22:59 | Viaggi in Umbria | Comments(8)
Commented by toto at 2014-06-10 15:56 x
こんにちは。
私も今日はバス利用なので念のためチェックしました! 私が利用する路線は、もともと1年分、8月の運行変更だけを宣言して発表する時刻表なのですが、何が途中で起こるかわからないので、何の変更もないとわかっていつつもネットで時刻表をチェックしてしまいます。
この路線、何が変わるって行き先の街の道路工事が多くて、しょっちゅうバス停を変えるんですよ。いつものバス停で待っていたらバスが来なかった、、、なんてことも。そのバス停をしばらく使わないという宣言はしても、期間は「次のお知らせをするまで」と適当なもの。時間に余裕があるときは、現地で確認するしかないという面倒くささです。
「あと何分で来る」という電光掲示板、いいですよね。うちの辺りはバス便もそれほどないので、まだまだ登場しないと思うのであこがれます!
Commented by kazu at 2014-06-10 19:12 x
そういえば、イタリアの鉄道も丁度この6月が時刻改定の時期ですね。そのためにネットの予約が出来ない列車もあって、この改定時期を承知していなかった頃は随分あたふたしましたが、やはりバス路線も大幅な改定があるのですね、実は以前なおこさんのブログで読ませて頂いたコルチャーノへ行くバスを調べていたのですが、どうもイタリア広場から出るようで、これからUPして下さっている時刻表を見てみようと思います。ペルージャはバスが沢山発着しているようですが、なかなか路線図や時刻表は探し切れないので、この情報はほんとに有難いです。

そうそう、フィレンツェで私もバスの電光掲示板に驚いたことがあります。乗りたいバスがまだ来ていないのか、もう行ってしまったのか、そばに居る人に聞いて、電光掲示板の表示のことを知りました。日本ではバスもそれ程遅れることはないですが、イタリアでは、こんな表示があればほんとに安心してバス停に居ることができますよね。それにしても、きちっとしておられるなおこさんでも見落としがあるなんて、ちょっと安心しました(笑)
Commented by milletti_naoko at 2014-06-11 01:04
Totoさん、このバスの掲示板は、人通りやバスの便数が多いところにしかないのですが、やっぱりあると、とても助かります。そちらではそれほどバスの時刻表に変化がないんですね。ペルージャは、特に中心街は、早朝と昼にバスの便がリュックを抱えた小学生や中学生でいっぱいになるので、学校がないときは、そういう便を大幅に減らすというのも分かるのですが、今回は、それに乗じて赤字解消のための便数や走行距離削減がかなり大がかりに行われ、今日も帰りに、わたしと同様、バス停で初めて新しい時刻表を見て、おろおろしている方をたくさん見かけました。夏の路線は通る場所が違っても、停留所には目的地や主な通過地点しか書かれていないので、行きたい場所に通るかどうかも謎で、すべてのバスを停めて、行きたい場所に行くかどうか尋ねるわけにもいかないので、大変です。

道路工事のために停留所が変わるのは、変更も予期しないときに突然ですから困りますよね。慌てて停留所に行ったら、バスが来ないなんて、それは大変。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-11 01:15
かずさんが行かれたいのはコルチャーノですか? コルチャーノも広いので、中心街もちゃんと通るのか(時刻表には記載がありません)、それとも中心街がある丘のふもとの道路を通るだけか、残念ながらわたしも分かりません。万一荷物がおありのようでしたら、便数も少ないようですし、乗り継ぎが必要な可能性もあるので、タクシーを頼んだ方が無難かもしれません。バスの運転手で、観光客相手にタクシー運転手も、比較的安い料金でされている方を知っているので、都合が合うかどうか分かりませんが、よかったらメールででも電話番号をお教えしますよ。(紙を探さないと!)この時刻表を参考にされるということは、ひょとして夏にウンブリアにいらっしゃるんですか?

いえいえ、仕事は落ち度のないように十分注意をして臨むようにしていますが、うちで家事をしたり、旅行をしたりしているときは、忘れ物をしたりするなど、何かとうっかりしてしまうことも少なくありません。
Commented by nagisamiyamoto at 2014-06-11 04:09
なおこさん、こんばんは。
フィレンツェもこのスタイルを導入しています。これは前市長のマッテオ・レンツィが行ったものです。今までバスがいつ来るか分からなかったものがある程度予想でき、かなり正確なことからイライラは減りました。
確かに夏に向けて本数は減りますから働いている私達にとってはちょっと困りますね。ま、これも夏の風物詩ということで・・・
Commented by patata at 2014-06-11 04:57 x
なおこさん、こんばんは!
私の町も、最近、工事が進められていて、バス停に電光掲示板が取りつけらています、とても便利ですよね^^
話が逸れますが、スペツィアは、バス代が値上がりする一方です。。。
ペルージャでは学校が終わると、バスの時刻表が改定されるのですか!私の町ではどうなのでしょう・・・調べてみたいと思います。
上の方も書かれている通り、電車の時刻表は改定になりましたよね、一度冬にチンクエテッレに行った時、電車の本数のあまりの少なさにびっくりしたことがありました。

トレッキングの記事も拝見しました!
下の写真のお花がジネストラの木なのですね!このように教えて頂くと、私も、いつも見ているものがジネストラなのか確認できるので有難いです、ありがとうございます!
素晴らしいトレッキングをされたのですね!ローマ人が築いた道…想像するだけでわくわくします!
青と白の標識が目印なのですね、ローマ史好きなので、私もいつか、歩いてみたいものです。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-11 05:15
なぎささん、こんばんは。いつ来るか、もう出てしまったかが不透明で困るので、この掲示板、ありがたいですよね。おお、レンツィはこういう遺産も残していったんですね! 

本数が減ったどころか走行距離もひどく短くなって、わたしが通勤に利用していた路線で、使えなくなったり、さらに乗り継ぎが必要になったものがたくさんあります。最近は暑いので、遠いバス停まで歩くのも一苦労で、まあ、おっしゃるとおり夏の風物詩、夏は暑いことをしっかり感じられるできごとと考えることにいたしましょう。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-11 05:22
Patataさん、こんばんは! Patataさんの町でもバス停に電光掲示板がつき始めているんですね。地方公共交通機関はどこも財政が苦しいところが多いということですから、それはありがたいのですが、こういうサービスのための工事費用も、バスの値上げの理由の一つなのでしょうね。バス代の値上がりはペルージャもです。いつだったか80セントから急に1.5ユーロと倍近くになったので、びっくりしました。Umbria Mobilitàも赤字経営で、一時期はパリの公共交通機関を担当する企業が担当するとか買収するとか(うろ覚えです)言っていたのですが、どうやら自力で頑張るつもりではあるらしいのが、頼もしいです。

この古代ローマの道については、もっときれいに残っているところも通りましたので、そのときに詳しくお知らせしますね。看板にちゃんとFlaminia Militareと書いてある上に、ボローニャから何里かを記してあるものも、時々あって、とても興味深かったです。Patataさんはローマ史がお好きなんですね。歴史をご存じだと、旅や散歩もより楽しいですよね。いつかぜひ歩いてみてください♪
<< 猫といちごとホオズキと アドーネ山と熱い男たち、Via... >>