降っても晴れても

 昨日は、7年目の結婚記念日でした。夕方授業が終わる頃、激しい雨が降っていたので、夫が親切に車で学校まで迎えに来てくれて、それからトラジメーノ湖に向かいました。

f0234936_2145173.jpg
Lago Trasimeno & Isola Polvese, San Feliciano 16/6/2014

 ペルージャから車で30分ほどかかるので、ひょっとしたら雨は降っていないのではないかと期待していたのですが、やはり雨が降っています。

f0234936_2145353.jpg

 それでも、ドライブしながら高みから見下ろした湖は美しく、雨でも湖を見ると、うれしい落ち着いた気持ちになります。近くで見ると、湖水は緑色をしています。散歩を楽しめるような天気ではないので、スーパーに寄って買い物をして、それから、夕食にレストランへ行きました。

  晴れても雨が降っても、きれいで安らぎをくれる湖のように、
  湖を見て心を躍らせることができるように、
  人生でもまた、曇りや雨の日にも、感謝できることを見出し、
  困ったこと、苦しいことがあっても、助け合って笑顔でいられる、
  そんな人で、そんな二人でいられますように。

E' sempre bello e ci dà serenità e gioia il Lago Trasimeno
anche quando piove.
Anche nella vita e nellla relazione
non sempre brilla il sole, a volte piove.
Ma staremo sereni e gioiosi
ricordando che sopra le nuvole c'è sempre il sole.
Come le piante, per crescere
abbiamo bisogno del sole e della pioggia.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-06-17 14:46 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/22327864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nagisamiyamoto at 2014-06-18 12:24
なおこさん、おはようございます。
結婚記念日おめでとうございます。たまには振り返ってご夫婦で昔話をするのもいいですね。そうすると初心に帰ったり、昔言えなかった事が言えたりお互いの立場に立てたりするものですよね。

末永くお幸せに、また来年も穏やかにこの日を迎えて下さい。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-18 17:16
なぎささん、ありがとうございます。記念日をちゃんと覚えてくれていて、一緒に何かしようと提案してくれるのが、ありがたいです。本当は1日有給休暇を取ってどこかへ行こうとも言ってくれていたのですが、わたしの仕事の方が動かせないので、仕事のあとに出かけました。何か特別なことをしなくても、一緒にいられることを、一緒にいることの意味を振り返って考えて、祝うことができる、それが大切な気がします。
Commented by kazu at 2014-06-18 18:00 x
なおこさん、七度目の結婚記念日おめでとうございます。日本で言えば、銅婚式ですが、イタリアでは、何か変わった呼び名があるのでしょうか?私たちも先月、大きな節目となる結婚記念日を迎えましたが、二人とも、そう言えば記念日だね〜で終わりました。毎年この積み重ねですが、口に出さずとも互いに好きなことが出来ることに感謝 しているのが分かるので、まっいっかです。

それでもなおこさんたちご夫婦のように、共通の楽しみを持ってアクティブに動くのも素敵だなとブログを通して見させて頂いています。なおこさんの言葉が心にしみるようですよ。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-18 18:58
かずさん、ありがとうございます。かずさんたちほど長い間、大切に絆を育んでいって、感謝ができるような、そんな二人で将来いられたらと思います。7度目は銅婚式と言うんですね! 知りませんでした。

共通の楽しみあり、それぞれの楽しみもあり、相手の自由を尊重しながら、一緒にいられることを感謝するのが秘訣なのでしょうか。夫は昨日、友人から二人で南の島に一週間行こうという誘いを受けました。わたしもイタリアのまだ訪ねたことのない町やゆっくり訪ねたい町を、ブログのお友だちも訪ねながら、回ってみたいなと思ったりしています。フランス語は留学するにはまったく進歩していないし、車の修理費を考えると、自粛をした方がいいような、生きている間に思いっきりしたいことをしてみた方がいいような。

雨の日にも笑顔で。なかなか難しいけれど、そうあれたらとつくづく感じています。
Commented by ライラ at 2014-06-19 18:47 x
なおこさん、こんにちは!
ご結婚記念日、おめでとうございます♪
最近、些細な事で夫と喧嘩する事があったのですが、なおこさんのこちらの記事を読んで、心が落ち着きました。
いつまでもお幸せに!!
Commented by milletti_naoko at 2014-06-19 22:50
ライラさん、こんにちは。ありがとうございます♪

生まれ育った国も文化も習慣も違うので、「あばたもえくぼ」に見える時期が過ぎると、やっぱりお互いに「こんなはずじゃなかった」とか「こうしてほしい」という点が出てくるので、できるだけお互いに寛容でありたいとしても、「これだけは譲れない」という点については、あるいは二人でこうだという合意点を見つけるためには、やっぱり口論やけんかも必要かと思います。こちらの人は物言いがきついし遠慮がないので、そういう言い方に慣れていない日本のわたしたちにはつらいですよね。

お祝いの言葉をありがとうございます。いかがお過ごしですか? いつかお会いできるとうれしいです。
Commented by oliva16 at 2014-06-22 03:30
7回目の結婚記念日、おめでとうございます。ブログから受ける印象では、もう何十年も連れ添っているご夫婦のような感じがします。でもきっとお互いの努力も大きいのでしょうね。特に、異国に暮らす立場のなおこさんの側の努力が大きいのでは?と想像します。前向きな姿勢を見習いたいものだ、といつも思います。
Commented by milletti_naoko at 2014-06-22 06:15
Olivaさん、ありがとうございます。日本の高校に勤めていた頃、何かの飲み会で、一回り年上の既婚の先生方が、「うちはこういう理由で夫婦げんかになるんだ」、「あ、うちなんかね」という話題で盛り上がっていたことがあります。そのときのけんかの理由に、タンスに洗濯物を入れる順番が違うとか、新婚旅行中に食べたいものが違ったとかいうのもあって、わたしたちは国が違う分、逆にお互いが育った文化や好みに違いがあるということを、かえって受け容れやすいかなとも感じています。異文化だからこそ衝突してしまい、誤解が生じることもまたあるのですが。

いつもいつも前向きというわけではないのですが、そうでありたいと願っています。
<< 鶏にレタス飛び出すうさぎかな Appeal to Finni... >>