ブルーベリーを摘みに

 モデナ県の山あいの湖、Lago Santoからしばらく山を登ったところに、眺めもよければ、熟したブルーベリー(mirtilli)の多い場所があって、

f0234936_21572981.jpg

土曜日、長いドライブのあと、夕方到着してから、時々場所を変えて、夢中でブルーベリーを収穫しました。

f0234936_21573340.jpg

 湖から少し歩いただけでも、ブルーベリーの茂みがあちこちに姿を現し始めたので、時々摘み取ってほおばりながら山を登りました。最初に収穫したのは、こちらの場所です。一面がブルーベリーなのですが、ご覧のように、熟した実もあれば、まだ緑色の実もあります。今回一番収穫量が多く、ずっと真剣に摘んでいたのは、写真の奥に見える友人とその愛娘です。

f0234936_21573795.jpg

 わたしは歩いたり、写真を撮ったりもしながら摘んだのですが、それでも、こちらのヌテッラの空き瓶二つ分のブルーベリーを収穫しました。手がブルーベリーの皮や果汁の色で青く、赤くなったのはもちろん、熟し具合を見るため、そうして、おいしいし目にもいいからと、しばしば口にも入れながら摘んでいたら、「歯が青く染まっているわよ」と、笑いながら友人が言っていました。

f0234936_21581039.jpg

 一面がブルーベリーに覆われた斜面から、さらに先に進むと、色とりどりの野の花も咲いています。

f0234936_21581413.jpg

 昨日、日曜日の朝は、どしゃぶりの雨が降り続けたのですが、幸い、10時前には雨が上がり、再びとっておきの場所まで登って、ブルーベリーを摘みました。


f0234936_21581629.jpg
Lago Santo, Pievepelago (MO) 3/8/2014

 昼食には、山から下りて、湖畔の眺めのいいレストランへ行きました。

f0234936_2224292.jpg

 帰りは、湖の近くの村で、樹齢が500年に近いというニレの巨木を訪ね、

f0234936_2224629.jpg

近くの森にある若さの泉で、村の人に勧められたとおりに、顔を洗いました。

f0234936_2215799.jpg
Lago Trasimeno & Isola Polvese, San Feliciano (PG) 3/8/2014

 パルミジャーノ直売所で、まだ4か月でそのまま食べるとおいしいというパルミジャーノ・チーズを購入したあと、友人たちと別れを告げ、ペルージャへの帰途につきました。片道約4時間。お祭りでにぎわうサン・フェリチャーノ村に寄り、散歩をして、夕焼けのトラジメーノ湖を見てから、再びペルージャに向かいました。

 慌しいけれど、楽しい二日間を過ごすことができて、うれしかったです。


Raccolta di Mirtilli @ Montagne vicine al Lago Santo Modenese

- Buoni i mirtilli maturi, bellissimi i panorami e i fiori variopinti.

- @ Casa Mordini, Olmo secolare di circa 470 anni, "il più vecchio della sua specie presente in Italia" & Fonte della Giovinezza

LINK
- Parco del Frignano – Lago Santo
- Alberi e dintorni – L’Olmo di Casa Mordini (22/7/2013)
- Parco del Frignano – Itinerari Naturalistici – Le antiche orme

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 明日の今頃 / “Domani al Lago Santo” con le foto del 2010 (1/8/2014)
- フランコ訪ねて1、森の幸満つ湖 / Lago Santo Modenese (17-18/8/2010)
- フランコ訪ねて2、奇跡の救いに感謝 / Santuario della Beata Vergine delle Grazie di Boccadirio (16/8/2010)
- 百の湖自然公園を訪ねて2 / Lago Santo Parmense & Parco dei Cento Laghi (12-16/7/2010)
- チンクエ・テッレを歩く1 / Cinque Terre 1 (10-11/7/2010)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-08-04 15:03 | Emilia-Romagna | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/22677333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-08-04 22:21
なおこさん、こんばんは^^
モデナ県へ片道4時間行っただけのことがあって、素晴らしい山歩きと自然に自生するブルーベリーを収穫できましたね~(^-^)
斜面一面がブルーベリーだなんてなんて素敵なんでしょうか♫
夢中になってブルーベリーを摘み取るの分かります(^^♪
私もいたら、たぶん一番収穫したという母娘の方のように必死になって収穫したと思います(^.^)ブルーベリーのジャムは美味しいし、お菓子作りには大変重宝しますからね!それとパン作りの天然酵母を起こすのも自然になったものの方が酵母を起こしやすいんですよ(^.^)家になったブルーベリーで酵母を起こしてパンを作ったことが2度ほどあります。
すごく素敵な週末を過ごされましたね(*^_^*)
Commented by nagisamiyamoto at 2014-08-05 00:27
なおこさん、こんばんは
奇遇ですが、マウ君もモデナから今日戻ってきました。バルサミコ酢とパルメザンチーズとサラミ&生ハムを仕入れにです。
私はこちらフィレンツェでドタバタだったのですが、なおこさんは楽しくブルーベリー摘みなどを楽しまれたようで何よりです。
しかもブルーベリー満開!グッドタイミングじゃないですか。
シロちゃんはお留守番ですね。元気かなぁ???
Commented by milletti_naoko at 2014-08-05 06:33
アリスさん、こんばんは。ブルーベリーは目にもいいし、おいしいですよね。泊まった宿では夕食のデザートにも、クロスタータや生クリームとブルーベリーなど、ブルーベリーがふんだんに使われていました。ブルーベリーでも天然酵母を起こすことができるとは!そうして、アリスさんは、実際にそうやって酵母から手作りでパンを作られたことがあるんですね。すばらしい! さぞかしおいしいパンができたことでしょう。おかげさまで、楽しい週末になってうれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2014-08-05 06:42
なぎささん、おお、マウ君もそうやって、いろいろエミリア・ロマーニャの恵みを、たくさんお土産に戻って来られたんですね! 仕入れはお宅のためでしょうか、お店のためでしょうか? パルミジャーノも、24か月や33か月ものは、スーパーで割引があったときに買った方が安いことも多いでしょうが、4か月というとびきり新鮮なチーズはやっぱりこういう直売所ではないと買えないし、とにかく、食べておいしいと聞いて、食べるのを楽しみにしています。乳製品は避けているはずが、この旅行中は、生クリームにジェラートにカップッチーノ、かなり取ってしまっています。取りすぎついでに、めったに食べられないチーズを食べるのを楽しみにしています。

ブルーベリー、おいしかったです。本当は昨日、日曜にようやくブルーベリー狩りが解禁になったのだと、後で聞いてびっくりしましたが、まあ、手で摘むくらいは大丈夫だとのことです。写真にはいい色に熟したブルーベリーを写しましたが、まだまだ小さい実や緑の実も多いので、季節はこれからでしょう。

シロも元気です♪ 久しぶりに太陽が顔を出したので、うれしそうに日なたぼっこをしています。
Commented by あんずミャミャ at 2014-08-05 09:07 x
ブルーベリー、自生しているんですね(@@)
しかも取り放題ですか~?
自然の中で育ったブルーベリーは
味も濃くておいしそうですね♪

ニレの木、樹齢が500年とは思えないほど
まだまだしっかりしていますよね。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-05 15:58
あんずミャミャさん、そうなんです。アッペンニーニ山脈の高みにはこんなふうにブルーベリーが自生しているところも、たまにあります。専門の道具を使って大量に取るには許可が必要なようですが、手で少し頑張って取れる程度なら(わたしが取ったくらいなら)、自由に取れる許容範囲のようです。空気のおいしい山に自然に育っているブルーベリー、まだ熟している最中なので、よくよく熟れた実を選ばなければいけませんが、十分に熟した実は甘くておいしいです。

このニレの木、2008年の検査では、まだまだ健康だというお墨つきが出たそうで、それ以後に木の前に立てられたらしい看板に樹齢約470年と書かれています。イタリアで最古のニレの木だそうで、いつまでも元気でいてほしいものです♪
<< 河畔の村でポルケッタ 明日の今頃 >>