Buon Ferragosto!

 今日、8月15日は、日本ではお盆休みで、久しぶりに帰省して、お墓参りをしたり、旅行を楽しんだりされている方も多いと思います。イタリアでは古代ローマのアウグストゥス帝が制定した休みにちなんで、今でもこの日はFerragostoと呼ばれ、家族や友人と海や山に出かけたり、大勢で食べたりする慣習があります。

f0234936_2344144.jpg
Basilica di Santa Maria degli Angeli, Assisi 15/8/2014

 そういうわけで、8月15日というと、「Ferragosto」、「休暇」、「海や山」を連想し、実際にそういう行動を取るイタリア人が多いように思うのですが、今日がイタリアで国民の休日なのは、「聖母被昇天の祝日」(Assunzione della Beata Vergine Maria)とされているからです。ですから、今日は多くの信者が、聖母マリアを祀る教会や聖堂を訪ねて、ミサに参列します。わたしと夫も、今朝はリミニの友人たちと、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会、日本語に訳すと、「天使の聖マリア教会」である教会のミサに参加しました。

f0234936_23443346.jpg
Porziuncola 15/8/2014

 聖母マリアの大切な祝祭日ということで、今日は、ふだんは閉まっている中央扉が開いていて、おかげで、内部では撮影が禁止されているポルツィウンコラの小さな教会を、外から拡大ズームで撮影することができました。ポルツィウンコラは、聖フランチェスコたちが自らの手で、仲間たちと共に石を積み上げて築いた小さな教会で、今は、その教会を覆うように建てられた大きな教会の内部にあります。

f0234936_23442119.jpg

 7月中、天気が不安定で雨がよく降ったからでしょう。もう8月も半ばだというのに、藤の花が咲いていました。

f0234936_23442232.jpg

 教会脇の広場に設置されたメリーゴーランドの中央部に、ペルージャやアッシジ、グッビオなど、ウンブリア州の町の絵が描かれ、上部にはイタリアの観光名所の写真があるのが、いいなと思いました。

f0234936_23442178.jpg

 昨夜遅くに、アブルッツォから無事戻って、義弟宅の夕食会に参加したわたしは、昨晩はリミニから来ていた友人たちや夫とミジャーナ(Migiana di Monte Tezio)の改築中の家に泊まり、今朝、友人たちが帰途につく前に、一緒にミサに行きました。

f0234936_23443184.jpg
Corso di Eco-printing “Florario d’Abruzzo”, Navelli 14/8/2014

 アブルッツォの花染めの講座には、参加して、本当によかったと思っています。詳細はまたあとで。

Buon Ferragosto!

- Grazie mille, amici riminesi per la visita.

- Nella giostra accanto alla Basilica di Santa Maria degli Angeli (Assisi), sono dipinte diverse città umbre.

- Fiori di glicine ad agosto!!

- Corso di Eco-pringing a Navelli, una esperienza bellissima. Per ora solo una foto, un articolo dettagliato in futuro.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-08-15 16:47 | Viaggi in Umbria | Comments(12)
Commented by kazu at 2014-08-16 03:11 x
聖母被昇天祭、そういえば15日でしたね。旅行者は美術館やお店や交通機関など、この日は祝日なので、と気を揉みますが、教会の、この日ならではの行事を垣間見ることが出来るのは、却って幸運かも知れませんね。訪れたことのあるサンタマリアデリアンジェリ教会がこうしてなおこさんのブログに登場するたびに懐かしい思いに駆られます。そういえばメリーゴーランドのあるあの辺り、私が行った時も、何やら市が立っていてお店を見て回りました。祝日ともなるとこうして教会の周辺も賑やかになるのですね。

ところで、ペルージャにも立派な聖堂があると思うのですが、やはり、サンタマリアデリアンジェリのミサは特別なのでしょうね。ご両親様がサンフランチェスコを敬愛されていることは伺った気がしますし、この教会のパードレのお話がとても分かりやすくていいとお聞きしたこともあるのですが、いつもペルージャからは距離のあるこの教会を訪ねておられるので、余程感銘深いものがおありになるのだと、ふとそんな思いを持ちました。
Commented by ムームー at 2014-08-16 06:55 x
なおこさん
おはようございます、そちらの15日は聖母被昇天祭、そういう日なんですね。
皆様の想いがこちらにも伝わってきそうです。
こちらでは京の五山の送り火でご先祖さまをお見送りする日なんですよ。
なおこさんからお聞きするイタリアでの日々の暮らしなど
とっても興味深く心に響きますわぁ。
お天気が不安定で送り火が出来るのか気になるところですの。
いつもありがとうございます。
Commented by ayayay0003 at 2014-08-16 10:26
おはようございます^^

なおこさんが「、アブルッツォの講座を終えられて無事に帰られたこと少しほっとしています(^^♪片道4時間かかる道を一人で運転、しかも少し前にあれだけの事故を経験されているので、私としても内心、心配で・・・^^;でも余計な心配でよかったです。

8月15日はそういった祝日なのですね~(*_*)知らなかったです。教会にお参りに行く日とはなんだか日本のお盆と似てて嬉しいような気がいたします(少し違うけど・・・)最近は日本でもお盆と言えど遊びに行く日みたいになりつつあり、義母は義妹(年上の方)がお墓参りに来なくて子供たちの行事ばかりに参加しているのに不満を感じているようです。下の義妹は毎年帰省してましたが姪が熱を出したため来れませんでした^^;お盆はやはり皆そろってなおこさん家のようなのがいいですね(*^_^*)
ヨーロッパの夏?のメリーゴーランド懐かしいです。私はフランスでしか見たことがありませんが・・・芸術的で美しいメリーゴーランドですよね(*^_^*)
花染めの講座の記事楽しみです♫
Commented by oliva16 at 2014-08-16 11:40
花染め、とってもきれいですね。習っている人たちの顔にも花が咲いたみたいにパッと明るくなるのでしょうね。
Commented by あんずミャミャ at 2014-08-16 13:54 x
日本はお盆休みも終盤で
Uターンラッシュも始まっていますね。

そちらも15日は休日だったのですね。
日本の休日というと
その意味は関係なく行楽に出かけがちですが
神聖な休日はきちんとミサに出かけるところが
こちらとは違いますよね。
Commented by suzu-clair at 2014-08-16 16:54
8月15日は、
そちらのほうでは、マリア様の大切な祝祭日なのですね。
日本でも、お盆は休日となるところが多いから、
行楽へ出かける人ももちろん多いですが、
故郷に戻って、久しぶりに家族が集まったりするなかで、
故人への思いを馳せたりする機会でもありますし、
そういう意味では、
形は違いますが、
イタリアも日本も、
8月15日は、
亡くなった方に感謝の気持ちを新たにできる大切な日なのかもしれませんね。

なおこさんたちは、
こういうときだけでなく、
ご家族やご友人が集まっての温かな時間を過ごされる機会を多く持たれておられて、
素敵ですね☆

花染めの講座、お疲れさまでした。
有意義な講習となられたようで、なによりです。
またそちらの記事も楽しみにしていますね♪
Commented by milletti_naoko at 2014-08-16 22:37
かずさん、こんにちは。確かに8月、特にFerragostoの頃は、休む店も多くて、イタリアを旅行する方には心配も多い時期ですよね。サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリに足が運ぶのは、もともと夫や義両親がことに敬愛する、わたしも大好きな聖フランチェスコが、生前長く過ごし、かつ最も心にかけていたポルツィウンコラを内蔵する教会だからです。以前ミサと言えば、日曜日にはこの教会に出かけていたのは、この教会でミサを司る修道士の方の説教が心を打ち、かつ心に響くものだったからです。今年に入ってから、別の人がミサを執り行うことが多いのでいぶかっていたら、つい1、2か月ほど前に、実はその修道士の方が病気で数か月前に亡くなっていたことを知りました。ペルージャの教会のミサに行かないのは、中心街の教会は駐車場に苦労するし、近所の教会のミサは、なんだかなという説教が多いからです。

今回は久しぶりに訪ねて、やっぱりよかったなと感じました。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-16 22:43
ムームーさん、京の五山では送り火で、ご先祖さまをお見送りするんですね! 昔からの風習が、古の都に今も伝わっていると知ってうれしいです。

こちらこそいつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2014-08-16 22:56
アリスさん、遠く日本から心配してくださって、ありがとうございます。わたしも特に帰りは途中で日が暮れたのでどきどきしましたが、無事に家に到着しました。

日本でもイタリアでも、こんなふうに8月15日に、宗教的に大切な行事が重なっているとはおもしろいですよね。帰省でご家族の皆さんが集まっても、考えや習慣が、違ってしまうと、なかなか大変ですよね。イタリアでも8月15日は、野山に遊びに出かける人の方が多くなっている気がします。

週末も、これからまたリミニに出かける予定で、慌しいので、花染め講座の記事は、また来週にでもゆっくり時間を取って書くつもりでいます。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-16 22:58
Olivaさん、草花を布に置いてみても、思ったとおりに染め上がるとは限らず、布を開くたびにどきどきしました。きれいに出来たものもあれば、そうでないものもあるのですが、どれも大切な初めての実験(?)の結果です。思いがけずきれいにできあがっていたときには、本当にうれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2014-08-16 23:00
あんずミャミャさん、お盆休みも終盤ですか! こちらも特に海は、週末道路が混雑しそうです。 聖母マリアの祝祭日ということで、聖母の名を冠したこの教会は参列者が大勢いましたが、イタリアでもカトリック教の信者で、この日ミサに行かず、海や山に出かけるという人も多いようですよ。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-16 23:02
すずさん、日本ではお盆は、忙しく離れて過ごす家族が久しぶりに顔を合わせることができる大切な機会でもありますよね。イタリアの義家族とはしばしば会って食事を共にするのですが、日本の家族とはごぶさたしすぎていて、申しわけなく思っています。

花染め講座、興味深く、楽しく、そして、たくさんのことを学ぶことができました♪
<< ハートがいっぱい サフランとハーブ、ウンブリアで... >>