コルフィオリートの散歩

f0234936_345784.jpg
Palude di Colfiorito 20/9/2014

 昨日は、ペルージャの南東、コルフィオリートの湿地帯の周囲を散歩しました。

f0234936_3124638.jpg

 睡蓮の葉が浮かぶ沼の風景がきれいだな、と眺めていると、ひなたぼっこしていたマガモ(germano reale)たちが近づいてきたので、びっくりしました。

f0234936_35980.jpg

 どうしようと思っていたら、次々に水に下りていきます。少しですが白い睡蓮の花がいくつか咲いていて、光にきらめく水面を見ながら、パリのオランジュリー美術館で見た、モネの大作を思い起こしていました。

f0234936_352296.jpg

 湿地を干拓してできた畑や昔の建造物を見ながら、州立公園の散歩コースを歩きました。前半は道が分かりやすかったのですが、後半は、耕された畑や生い茂る草木のために、どう通っていいのか分からない道や、通行不可能な道が多くて、歩くのが大変でした。

f0234936_352051.jpg

 歩き始めてしばらくすると、強風が吹き始めて、時々雷雨がとどろき、空もどんどん曇ってきて、雨が降るかと心配していたのですが、幸い雨に濡れずに散歩を終えることができました。日本のマユミの親戚らしいこちらのberretto del prete(このイタリア語の俗名は「神父の帽子」という意味で、実の形からこの名があるようです)や、野バラの色づく実に、秋を感じることもできて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-09-21 20:14 | Viaggi in Umbria | Comments(10)
Commented by ayayay0003 at 2014-09-22 09:40
なおこさん

おはようございます^^
コルフィオリートの湿地帯という名前は初めて聞きました~☆
1枚目、2枚目と本当に素敵な風景で日本でいうところの信州の風景のように感じました~(^-^)お天気がよい時のお写真だからか素晴らしい風景が広がっていて癒されました~♫お池のところは睡蓮があるのでモネの絵のようです~♪でも4枚目もモネの干し草ロールの絵があるので似てますよ~♪マガモさんたちカワイイですね!近づいてくるとは、普通逆ですよね~、人に慣れているのかな?(笑)
最後のお写真の実の色に深まりゆく秋を感じますね♪


Commented by ムームー at 2014-09-22 16:16 x
なおこさんこんにちは。
綺麗なところですね、カモさんが、可愛い、こんなすぐの所で
見えるなんて素敵ですね。
睡蓮、モネを思いますねぇ、綺麗な風景にうっとりします。
刈り草がロール状にになってて風情があります~
マユミ、神父の帽子という意味ですかぁ、名前の
つけ方も違いますね。
いつもありがとうございます。
Commented by suzu-clair at 2014-09-22 19:16
素敵なお散歩ですね。

収穫後の田園風景や、
色づくまゆみ(の親戚?)の実など、
秋を感じます。

心安らぐ風景ですね。
Commented by Kei at 2014-09-29 22:42 x
こんばんは♪
湿地帯の風景って良いですよね。静かな水辺で緑もいっぱいだから落ち着くのかなと思います。
鴨って人が近寄るとスススーっと離れていってしまうイメージがあります。確かに驚くカモ。
凸ぽち!
Commented at 2014-09-30 08:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2014-10-05 18:35
アリスさん、コルフィオリートは湿地を干拓して、農業がさかんになり、おいしい赤いじゃがいもの産地や春に見える色とりどりの野の花で有名ですが、湿地帯を残して、湿地の動物や植物を保護している自然公園もあります。ふだんは通りがけに、花のきれいな畑を見たり、赤いじゃがいもを買ったりするだけということが多いのですが、この日はゆっくり散歩したおかげで、すてきな風景を楽しむことができました♪

そう言えば、干草もモネの有名な作品に出てきますよね♪ 鴨たちが近づいてきたのは、観光客から餌をもらい慣れているからではないかという気がしていますが、3羽がかなりな勢いで近づいて来るので、最初はびっくりしました。
Commented by milletti_naoko at 2014-10-05 18:39
ムームーさん、こんにちは。鴨さんたち、わたしが近づいたら逃げるかと思いきや、ぐんぐん近づいてきたので、ちょっとびっくりしました。人に慣れているようで、何だかうれしかったです。

日の光をはねかえす水面や睡蓮の葉を見て、モネがいくつも睡蓮の絵を描こうとした理由がようやく分かった気がしました。ロール状の刈り草は、このあたりでは見ることが多いんですよ。植物の名前のつけ方にも、地域でのとらえ方や文化が反映されていておもしろいですね♪ こちらこと、いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2014-10-05 18:41
すずさん、赤く色づいたマユミに秋を感じました。畑仕事をする人、釣りをする人、散歩をする人と、皆がそれぞれに湿地帯での週末を楽しんでいました。最後は道が分からずに慌てましたが、優しい緑と鴨や睡蓮の葉の眺めに、心が安らぎました♪
Commented by milletti_naoko at 2014-10-05 18:44
Keiさん、おっしゃるとおり、緑の中の水辺って、いいですよね。海や湖、川に限らず、どういうわけか、水辺では心が安らぎます。人が来ると鯉たちが近づいてくるということは日本でもありますが、まさにそういう勢いで鴨たちが陸上で近づいてきたのでびっくりしました。こちらでもふつうは、人の気配で鴨は逃げるからです。応援のポチをありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2014-10-06 00:23
鍵コメントの方(うっかり非公開コメントにチェックを入れられたのではないかと思うのですが、いかがでしょう)、お久しぶりです。

コメントと応援をありがとうございます。そちらも、すてきな秋を、日々を過ごされますように♪
<< 無事帰宅しました 草花で黄色に彩り染め上げる、草... >>