白トウフのパスタと豆腐・しょうゆ選び

 日本語の授業の宿題で、週末に何をしたかを書くように言っていたら、生徒さんの作文中に「白トうフのパスタ」を作りましたとあります。健康や食生活に留意している方だとは知っていましたが、「豆腐でパスタを作るほどとは」と、感心しました。ただ、それをきっかけに話をすると、どうも話が食い違い、実は、「トウフ」の「ウ」だけをうっかり平仮名で書いたのではなく、「白トリュフ」のつもりで、「白トラフ」と書いていたのだと、分かりました。イタリアでは、野菜や香草入りの豆腐を売っていることもあるので、それであえて「白トウフ」と書いたのかしらと勘違いしてしまったのです。片仮名に平仮名が混じるのも、初級の人にはよくある間違いなので、「白トリュフ」のこととは思いつきませんでした。うちの食卓にはめったに登場しない高価な食材だから、ということもあるでしょう。

f0234936_18192750.jpg

 最近は、ペルージャでも、大きいスーパーの店頭に、しょうゆや豆腐が並ぶようになりました。駅前COOPやうちの近所のPamに置いてあるのは、しょうゆは、キッコーマンの150mlの瓶入り、豆腐はイタリア製の有機食品です。

 ただ、150mlではすぐに使い切ってしまう上に値段が高いので、先週は、1リットル入りの瓶をGiòに買いに行きました。お目当てのしょうゆはありませんでしたが、以前から時々店で見かけて、買うと柔らかくておいしい森永の豆腐が置いてあったので、思わず二箱購入しました。一箱3ユーロという値段は、イタリアで売られている豆腐の値段から考えると決して高い値段ではありませんし、それにこの豆腐はとにかくおいしいのです。

 有機栽培でないことはともかく、遺伝子組み換え大豆が使われているかどうかが、箱に記載がないので気になっていたのですが、森永のサイトを調べると、遺伝子組み換え大豆はいっさい使われておらず、現在Non GMOマークを申請中とあったので(下記リンク参照)、安心して購入できました。

f0234936_18193622.jpg

 ところが、肝心のしょうゆは、小瓶ばかりで、キッコーマンの1リットル入りの瓶は置いてありません。オランダで製造されるキッコーマンしょうゆについては、ホームページに「遺伝子が組み換えられていない大豆だけを使っている」(”[…] all Kikkoman products manufactured in The Netherlands are produced exclusively with non-GMO soybeans.”、下記リンク参照)と書かれています。

 ヤマサのしょうゆなら1リットル入りの瓶があったのですが、長期的に見ると身体に害を与えるかもしれない遺伝子組み換え大豆が、使われているかどうかが、その場では分からなかったので、今回は、割高ではありますが、有機食品という認定マークのあるこちらのLimaのしょうゆを購入しました。欧州連合のサイト(下記リンク参照)には、次のように記されており、

  Le norme generali di produzione biologica vietano l’uso di qualsiasi tipo di organismo geneticamente modificato (OGM).

 欧州連合の有機食品という認定ラベルがあれば、遺伝子組み換え大豆は使われていないはずだからです。

 今、ヤマサのしょうゆについてインターネットで調べてみると、中には、遺伝子組み換え大豆を使っていないしょうゆや、有機栽培の大豆だけを使ったしょうゆもあるようです。次回店に行ったときに、ラベルをよく見て、どういう大豆を使っているかを調べてみたいと思います。

Il Mori-Nu Silken Tofu è soffice e buono, mi ricorda il tofu che mangiavo in Giappone.
Si usa la soia NON OGM, anche se ciò non è indicato sulla confezione. Purtroppo non è un prodotto biologico. Ma solo di rado lo trovo nel negozio di Giò e quando lo trovo, lo prendo!

Volevo comprare anche un litro di salsa di soia Kikkoman (con la soia NON OGM, se prodotta nei Paesi Bassi), ma non l'ho trovata, quindi ho preso quella bio della Lima.

関連記事へのリンク
- 新登場! Coop有機・菜食食品
- 夏野菜豆腐で作る三色旗
- 改築と蘭とカレーの三連休
- 謝肉祭から四旬節へ
- 安心しすぎ
- ズッキーニ、カレー風味
- 異国で和食は高くつく

LINK
- ATJ(オルター・トレード・ジャパン) - 遺伝子組み換えの何が問題?
- Morinaga – Tofu Tips – Why is all Morinaga Silken Tofu made exclusively with Non-GMO soybeans and undergoing verification by the Non-GMO Project?
- Kikkoman.eu – Frequently asked questions
- Europa. Sintesi della legislazione dell’UE – Produzione e etichettatura dei prodotti biologici
- Non GMO Project – Producet Search Results. All verified Products for Yamasa

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-10-20 11:21 | Gastronomia | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23150196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-10-20 20:39
こんばんは^^
イタリアでおしょうゆを購入するのが今では地方であっても当たり前になってきているのですね(*^^)v
日本人にとってはなくてはならないおしょうゆですよね!
今更ながら日本にいて当たり前におしょうゆがあることに感謝したいと思います♪
最近は日本でもこの遺伝子組み換え大豆を使っているかいなかについても感心が高まりつつあるようです。私はお豆腐を買う時は必ずチェックするようにはしています(^-^)
やはり念にな念を入れて調べて体にいいものをなるべく食べていきたいものですね(*^_^*)
Commented by nagisamiyamoto at 2014-10-21 02:02
なおこさん、こんばんは
大豆は私達日本人にとってとても身近なものです。醤油、大豆、豆腐、納豆・・・たくさんありますね。
一番いいのは自分で作ることなのでしょうが、その域まで行くのには私も材料と機械が必要です。来年までそれは我慢しなければいけません。
森永の豆腐・・・こちらにもあります。日本の製品をみると少しほっとしますね。食べなければ食べないでかまいませんが、食べれるのなら食べたいというのが本意。
いつも格闘しながら食べてしまいます。

しかし、白トリュフのパスタとはなかなか豪勢な・・・

Commented by milletti_naoko at 2014-10-21 02:27
アリスさん、こんにちは。イタリアの人の中にも、健康に関心があってしょうゆを使ったり、和食が好きでしょうゆを購入したりする人がいる上、日本をはじめとするしょうゆを使う文化圏からの移民や留学生も増えてきているからか、イタリアに暮らし始めたばかりの頃に比べると、かなり手軽にしょうゆが手に入るようになりました。とは言え、ワカメや昆布、味噌など、入手が難しい日本の食材も、まだまだたくさんあります。ヨーロッパでは、遺伝子組み換えの作物に対する問題意識が強いのですが、日本でも関心を持つ方が多くて、アリスさんもチェックをされているんですね! 遺伝子組み換えをしていない、日本の国産大豆の将来や皆の健康のためにも、うれしいです。
Commented by milletti_naoko at 2014-10-21 02:34
なぎささん、こんばんは。大豆は日本料理になくてはならない食材ですし、こちらに来てから、どれだけ健康にいい優良食品であるかということも知りました。そうそう、豆腐を実際に作っている方もいらっしゃるようで、おいしさと新鮮さが違うだろうとは思いますが、幸い最近は、おいしい豆腐は難しくとも、安全な豆腐が手に入りやすくなったので、助かっています。

わたしはイタリアに暮らし始めて数年は、イタリアにいるのだからと、イタリア料理を食べていたのですが、最近は自分一人のときも、そうして、時には夫を巻き込んで、よく和食や、イタリアで手に入る材料で和食もどきを作って食べています。小麦粉よりもお米の方が健康にもいいし、わたしの味覚にも、そうして日本のわたしたちの体質にも合っているのではないかと感じています。

白トリュフのパスタを、うちでささっと作ってしまうとは、豪勢ですよね。うちでも、掘りたてをもらって、さっそく作ったことがありますが、一度だけです。トリュフのおいしい季節になりましたね。
Commented by とすかーな at 2014-10-21 16:14 x
白トウフ・・・トリュフには笑いました!まさかの展開(笑)私もトリュフは想像できなかったです。うちの食卓にのぼったことのない材料ですもの。
森永の豆腐!?初めて見ました。いつも、危ないかもと思いつつ、味が一番濃くておいしいので、近くのアジア食品店で、プラート製の充填豆腐を買っていました。保存料が入っていないようで、4日以内に食べてと言われます。森永のお豆腐、もしこちらでも見つけたら買ってみようと思います。
Commented by kazu at 2014-10-21 17:46 x
なおこさん、こんにちは。最近お醤油は、どの国でも、といってもツアーで行くレストランですが、キッコーマンの醤油が置いてあることが多くて、単に日本人客向けといことばかりではないように感じます。家の近所に150年続く老舗の醤油屋があるのですが、我が家はいつもこの味なので、私は旅行に行くとき、必ずこの醤油を持参します。口に合わないなと感じたら、お店の人に隠れて、てくっと醤油を差しますが、大抵のお料理はこれで美味しく食べられるので、醤油は魔法の一滴と私は呼んでいます(笑)ところでイタリアでは醤油をどのように使われるのですか。和食の時だけですか。お豆腐も業者さんが昔ながらの手作りのお豆腐を売りに来るので、遺伝子組み換えなど、私は普段は考えもしないのですが、安心していてはいけないのでしょうね。なおこさんの思慮深さに触発されるようです。

それとボルセーナ湖、綺麗に撮れていますね。何年か前にオルビエートからこの湖まで遠出をしたことがありますが、湖のほとりで食べた魚介類のフリッターとスパゲティが美味しかったのが忘れられません。なおこさんにはいつもイタリアの思い出を呼び起こさせられます。
Commented by ムームー at 2014-10-21 18:50 x
なおこさん
こんばんは。
お豆腐も醤油も食べれるのはいいですねぇ、表示されてる
のを確認しないと悪い物もありますね、醤油も減塩を探して
買いますが高いのもありますの。
なおこさんも和食を食べて居られるのですねぇ、今は
味付けのりとたくあんで食べたりしています。
同じ物ばかり並ぶ時もありますの、昨日はお好み焼き
と鍋物でした、変な取り合わせでしょう。
いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2014-10-22 16:08
とすかーなさん、わたしもびっくりしました。「日本では白い豆腐がふつうだから、あえて白いという必要はありません」と説明していて、「でも黒いのもありますよ。」という返事があり、少しずつ誤解の理由が判明しました。昨日の授業でも、どうも話がかみ合わないなと思ったら、わたしが「お子さん」と言っていたのを、生徒さんは「奥さん」と理解していたからだと分かりました。大学生が相手だと、会話に出てくることがあまりないので、これまで出会ったことのない勘違いもあって、興味深いです。

新鮮なお豆腐がご近所で買えるなんて、うらやましいです。食材の安全性が確かめにくいのは気になりますが、おいしいでしょうね♪ うちでも先日、夫がボルセーナ湖からの帰りに、道端の野菜売りの人から、タマネギやニンニクを買っていたのですが、実は地元の野菜ではなく、北から南まで、イタリア全国から来た野菜や果物を扱っているようで、環境汚染のない地域で、農薬をあまり使わずに作られた野菜であることを願っています。
Commented by milletti_naoko at 2014-10-22 16:20
かずさん、おはようございます。ツアー先のレストランで、どこの国でもキッコーマン醤油が置いてあるとは!!  それは、日本料理や中華料理の店に限ってでしょうか? ふつうのピザ屋やレストランでは、わたしは醤油を見かけたことがないので、もしイタリア料理の店だとしたら、ツアーの日本のお客さんからの要望があったからでしょうね。

近くにそんな老舗の醤油屋があるなんて、うらやましい! うちの夫も、オムレツなどに一滴しょうゆをたらすことがありますが、イタリア料理でもしょうゆを持参する、そういう奥の手があったんですね。イタリア人の友人でも、日本や中国のいろんなレシピを作ってみる人がいますし、菜食主義・純菜食主義で、そういう料理のレシピにしょうゆが使われているので、使うという人を知っています。イタリアで売られている豆腐はかたいので、さいの目切りにしてサラダの具として使い、サラダに味つけをする際に、オリーブオイルや酢、塩といっしょにしょうゆも少し入れるということもあります。

湖でとれた魚を湖畔で味わう、今もそれだけ思い出に残るほど、おいしかったのでしょうね。かずさんは、ボルセーナ湖も訪ねたことがおありなんですね! 
Commented by milletti_naoko at 2014-10-22 16:26
ムームーさん、おはようございます。イタリアに暮らし始めたばかりの頃は、イタリアに暮らすのだからイタリア料理をと考えていたのですが、やっぱり和食がおいしいし体にも合うので、特にわたし一人のときは、できるだけ和風の料理を食べるようにしています。お豆腐や醤油が、以前に比べるとずっと手に入りやすくなったのが、ありがたいです。味つけのりも懐かしいです♪ こちらでは、日本と違って、日頃から海草など海のものを食べる習慣がないので、ヨウ素不足で病気になる人もいるため、ヨウ素を添加した塩が売られたりもしています。

お好み焼きも鍋物もおいしそう! いえいえ、ムームーさん。食べたいときに食べたいものを食べるのが、心にも体にもいいような気がします。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
<< 金色のトラジメーノ湖 ボルセーナ湖の散歩 >>