さらば夏時間

 秋に入って、日に日に日照時間が短くなり、覚悟はしていたものの、いざ冬時間に入ると、ついついため息が出てしまいます。日の入りは、先週すでに午後6時15分頃になっていて、日が暮れるのが早くなったと感じていたのですが、冬時間に戻り、時計の針を1時間遅らせた今日は、日没が5時11分です。

f0234936_6452337.jpg
Lago Trasimeno, Monte del Lago 26/10/2014 17.32

 5時過ぎに大型家電専門店を出て、桜色に輝く雲を見ながら、湖を目指したものの、湖畔の村に着いた5時半頃には、とっくに日が沈んでいました。

f0234936_6454325.jpg

 それでも、湖が茜色の空を映し、まだ若い月がきれいに見えます。

f0234936_646106.jpg
17.46

 今日のように、夏時間から冬時間に変わるときは、深夜の間に1時間時計の針を遅らせる形になるので、いつもと同じ時間に寝起きしても、1時間長く眠れるのでありがたいのですが、冬時間から夏時間に変わる春には、注意が必要です。

 あれはもう10年近く前の春の話です。夫とつき合い出して月日が経ち、家族にも紹介してもらって、毎週日曜日の大家族での昼食に、わたしも招待を受けて、皆と食事を共にするようになっていました。その日曜日も、まもなくバスの時間だからと、出発前に準備をしていたら、夫から、「どうしてバスに乗らなかったんだい」と電話があるではありませんか。ちょうどその日の未明に、冬時間から夏時間に変わり、時計の針を1時間進めなければいけなかったのに、当時一人暮らしで、家にテレビもなく、夏時間になったということを知らずにいたため、昼食開始の午後1時が近いというのに、まだ正午前だと思い込んでいたのです。

 こういううっかりは、夏時間のない国から来たわたしだけかと思ったら、そういうわけでもありません。今年の春、わたしは、夏時間への移行を、リミニの友人宅で迎えました。日曜の午後1時から、友人のお母さん宅に昼食に招かれていたので、友人やその兄君に「そろそろ行きましょう」と声をかけたところ、二人とも、夏時間になったとは知らず、時計の針が冬時間のままだったので、「まだ12時前じゃなかったの?」と、慌てていました。さらに、そうして皆で家を訪ねてみると、友人のお母さんも、夏時間に移行したと知らず、「まだあと1時間ある」と思っていました。

f0234936_6462329.jpg
Lago Trasimeno, Monte del Lago 13/9/2014 18.16

 9月半ばには、6時過ぎにもこんなに明るかったというのに、これからは冬至に向かって、日が暮れるのがさらに短くなっていきます。

 けれども、日照時間の長さが突然変わるわけではなく、夫が言うように、早朝は同じ時間でもより明るく、暖かくなるはずです。日本と同じように、こうやって季節の移り変わり、四季のある国に住んでいることに感謝して、秋には秋の、冬には冬の風情を楽しみたいと思っています。

E' tornata l'ora solare e
alle cinque e mezza il sole è già al di là dell'orizzonte.
Come il cielo e il lago dopo tramonto,
ci regaleranno i momenti belli e magici
anche l'autunno e l'inverno.
Li scopriremo e li apprezzeremo.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-10-26 22:46 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23184890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-10-27 09:26
おはようございます^^
10月の最終日曜日で夏時間から冬時間に変わるのでしたか?
何日とかいうのじゃないので、よけいに忘れてしまいそうですよね~^^;そんなにたいした予定じゃなければ少しくらいの遅刻はご愛嬌でしょうけれども、例えば飛行機の時間なんかだと焦りますよね!旅行者の皆様はこういう日にあたったらいったいどうしているのでしょうか?ツアーだとプロの添乗員さんがついているのでまさか間違えることはないと思いますが、個人旅行されている方は自分で覚えておくしかないので大変です~^^;
これからはきれいな夕日を見る時間が早くなるのですね(^-^)
そういうのも秋の深まりを感じるということでは風情があるということのひとつではありますね♪四季があるのはほんとに素敵な時間を持てるということだと思う今日この頃です~♪
Commented by ムームー at 2014-10-27 14:25 x
なおこさん
こんにちは。
日が暮れるのが早くなりましたね、
冬時間や夏時間があるのですねぇ。
夕陽が沈んだあともこのような美しさが
見れるなんて素敵です~
こうして色々なことが知るようになって
嬉しいですわぁ、いつもありがとうございます。
Commented by chie*co at 2014-10-27 15:53 x
夕暮れの湖・・ため息が出るほど綺麗ですね~~
1枚目・・とっても素敵です・・=*^-^*=
夏時間から冬時間へ・・
季節の移り変わりをかんじますね・・

今日も・・素晴らしい1日になりますように・・
そして・・明日も・・ ず~っと ず~っと・・=*^-^*=~thanks!!
Commented by milletti_naoko at 2014-10-27 18:13
アリスさん、こんにちは♪ 近年では、そろそろその時期と知って、気にしているので、テレビや新聞を見なくてもいつ時間が変わるか知っているのですが、当時は、まだ慣れていなかったので、いつ夏時間に変わるとも知らず、びっくりしました。リミニの友人たちも、それぞれ慌しく過ごしていたので、うっかりしていたのでしょう。わたしも、ちょうど時間帯が変わる時期に、日本など、夏時間を導入していない国から、導入している国へ旅行に行くときは、気をつけなければ大変だなと思います。

最近は日の入りが早くなった上に、日本語の授業の時間ともかちあって、なかなか夕日に会いに行けないのですが、だからこそ、そうして見られる夕日や夕焼けの空をじっくり楽しみたいと思います。四季の存在、本当にありがたいですよね♪
Commented by milletti_naoko at 2014-10-27 18:15
ムームーさん、こんにちは。夏には9時頃でもまだ空が明るかったのが、日の入りが6時過ぎになり、冬時間になると、さらにそれが5時過ぎになってしまいました。夕日が沈んだあとの空や湖も、独特の風情があって、きれいですよね。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2014-10-27 18:19
chie*coさん、石造りの家の間にトラジメーノ湖を見ながら、階段を下りていく、この散歩道が、わたしもとても好きです。畑ではトマトの季節が過ぎ、庭では、キバナコスモスがきれいに咲いて、出かけるとあちこちに秋の気配が感じられます。ありがとうございます。 chie*coさんもどうか、すてきな1週間をお過ごしくださいね。
Commented by suzu-clair at 2014-10-27 20:22
夏時間から冬時間に変わるのは、
この時期なのでしたっけ。
もうずいぶん海外を旅していないせいか、
なおこさんの記事を拝読して、
まだそちらはサマータイムだったのかとちょっと驚いてしまいました。

本当に、切り替わるときは、
注意が必要ですね。
同じ時刻に起きても、
一時間ゆっくりできるのは嬉しい気持ちになりそうですが、
逆のパターンは確かに焦りますね。

夕暮れの湖のお写真、
とても美しいですね。
確かに、
日の光も変化していっているのを感じますね。

そのときそのときの季節の楽しみ、
見つけながら暮らしていくって素敵なことですね。
ついつい日々に追われてしまいがちですが、
今しかないこの季節の楽しさを、
大切に私も過ごしたいなと思いました☆
Commented by milletti_naoko at 2014-10-28 02:44
すずさん、そうなんです。夏時間への移行は、春分の日に近いのですが、冬時間に戻るのは、秋分の日をかなり過ぎて、冬の足音さえ感じられるときです。本当に、1時間ゆっくりできるのはいいのですが、1時間時計を進めなければいけないときは、特に旅行中は気をつけなければいけないなと自分でも感じていますし、旅行中は、特にテレビや新聞を目にすることがないであろう観光客の方にも、注意が必要だなと思います。今年の春は、うっかり時間を勘違いするのは、わたしだけではないのだと、友人と話していて最初はうれしいだけだったのですが、そのあと、彼のお兄さんも、そして、お母さんも、夏時間への移行を知らずにいたと知って、思わず笑ってしまいました。

秋は夕暮れ。夕日に会えなかったのは残念でしたが、たそがれの湖が見られてうれしかったです。すずさん、都会に暮らしながらも、季節のささやかな変化を優しく見守り、わたしたちにも伝えてくださって、ありがとうございます。
Commented by nagisamiyamoto at 2014-10-28 04:52
なおこさん、こんばんは
夏時間が終了して秋本番となりました。
なおこさんにもそんな失敗があったとは意外でした。私は市場で働き始めて、お店に遅れることは出来ませんでしたので常にスタッフ同士で確認し合っていました。ガイドの仕事を始めたときはいよいよ遅れられませんので、きっちり頭に入っています。緊張感のある生活、続けております。
このシステム、日本人にはなれようにも慣れませんが、イタリアにいる以上、慣れないといけませんね。
10月と3月はちょいちょいビクッとして生活しております。
Commented by milletti_naoko at 2014-10-28 06:13
なぎささん、こんばんは。当時はまだ学生で、週末はのんびりとしていたのですが、なぎささんのように、日曜日も早朝からお仕事があると、正しい時間の確認は、本当に大切ですよね。車の時計も合わさずにそのまま放置することが多くていけません。早いうちにきちんと冬時間に戻さなければ!
<< 美しく日も長かりし夏の山 白雪と詩と聖母、ヴィッソを歩く1 >>