ペルージャの熱い土曜日

 今年の8月半ば、アブルッツォの花染め講座から車でペルージャに戻った晩は、義弟夫婦が夕食に大勢の客を招いていたため、うちに着くと、皆がにぎやかに歓談をしていました。

f0234936_19312370.jpg
Immagine presa dal sito geograficamente.wordpress.com

 ペルージャから、花染め講座があったアブルッツォのラクイラ県に行くには、高速道路を下りて、テルニ県のテルニ市を通らなければいけなかったのですが、その話をしていたら、「なんと危ないことを」と言う知人がいるではありませんか。

 近隣の町や国というのは、遠い昔互いに戦争をしていたということもあって、今も敵対心がかなりあるそうです。その遠い敵対心にサッカーの勝敗が火をつけるからか、かつてテルニのサッカーチーム、テルナーナとペルージャのチームが同じセリエBやセリエCで優劣を競っていたときは、ペルージャナンバーの車でテルニに出かけて、車に傷が入ったということもあったというのです。この数年は別々の土俵で戦っていたテルナーナとペルージャが、今年は共にセリエBなので、「ペルージャナンバーの車でテルニ県やテルニ市に行くのは避けた方がいい」と、熱弁をふるっていました。

f0234936_19312013.jpg
Immagine presa dal sito www.umbria24.it

 そして、この日曜日には義弟が、「今週土曜日には対テルナーナ戦があるから、その時間帯には、サッカー競技場に近寄らない方がいい」と言っていました。土曜日のペルージャ・テルナーナ戦は、午後3時からの予定になっています。

 郊外にあるペルージャのサッカー競技場は、近くに、市内発のミニメトロの終着駅があるピアン・ディ・マッシアーノの無料巨大駐車場や、大型映画館、UCI Cinemasがあります。わたしたちが自宅を出て、マドンナ・アルタのインターチェンジから無料高速道路、superstradaに入るには、この三つ、サッカー競技場、駐車場、映画館のすぐ近くを通らなければいけません。そういう日頃から交通量の多い道にあるので、サッカーの試合があるときは、試合開始前と直後に、近くの道路のあちこちが閉鎖され、通行できる数少ない道路は大渋滞になります。さらに毎週土曜日は、ピアン・ディ・マッシアーノの駐車場で、大がかりな土曜市が催され、立ち並ぶ露店のために駐車できる場所が少なく、市を訪ねる大勢の客のために、ただでさえ道路が渋滞しがちなので、土曜の昼過ぎにサッカーの試合があると、とんでもない渋滞が予想されます。ですから、ふだんから、サッカーの試合の前後は、この道を避けて遠回りをしているのですが、義弟や上の写真を拝借したオンライン記事によると、今週の土曜の試合については、長年の宿敵同士が2009年3月の引き分け試合以来、久しぶりに顔を合わせるということで、非常に危険性の高い試合(gli incontri ad elevato profilo di rischio)の一つと位置づけられているそうです。ふだんの試合でも多くの警官やパトカーが警備のために詰めかけて、厳重体制がものものしいのですが、記事を読むと、そういう事情で、今回はさらに十分な安全対策・警戒態勢を取っているとのことです。それでもやはり、部外者はそういう熱い時間帯には、競技場の近くには行かない方が安全です。

f0234936_19321421.jpg
Colori d’autunno ad Arrone (TR), Umbria 15/11/2014

 先週土曜日に訪ねたアルローネの村は、テルニ県にあります。もし今回ペルージャが勝ったら、しばらくの間はアルローネだけではなく、テルニ県にペルージャナンバーの車で行くのはやめた方がいいよと、義弟が言っていました。

f0234936_1932920.jpg
Santuario di Greccio, Greccio (RT), Lazio 16/2/2014

 記事の冒頭に書きましたように、8月半ばまでは、ペルージャから、ラッツィオ州のリエーティ県やアブルッツォ州のラクイラ県に行きたいときは、最短距離を行こうとすれば、テルニ付近でいったん高速道路を下りて、テルニの市内をしばらく走らなければいけませんでした。しかも、道路標示が分かりづらく、カーナビのおかげで、何とか正しい方向に向かうことができていたという状況でした。そのため、今年の8月半ばに、花染め講座に参加するために、アブルッツォに向かったときは、行きはこうやって、テルニ市内をぐるぐる回らなければいかなかったので、「帰りは道が暗くなるけれども、ちゃんと正しい道が分かるかしら」と不安でした。

 それが帰り道は、リエーティ県のグレッチョ付近で、ペルージャへという道路標示に従って進むと、すぐにできたばかりの新しいトンネルに入り、カーナビが認知できない長いトンネルをいくつも通り抜け、気づくと、オルテからトーディ・ペルージャ方面へと続く無料高速道路上に出ていました。長い間工事中だったトンネルが完成して、今は、テルニ市内を通らなくても、ペルージャとリエーティやアブルッツォとの間を往復できるようになっているのです。

 写真は、そのトンネルの入り口付近にそびえるグレッチョの修道院です。イタリアには、クリスマスにキリスト誕生を表す模型、プレゼーペ(presepe)を飾る風習があるのですが、聖フランチェスコが、このグレッチョの村で、村人や動物を配して、キリスト生誕の場面を再現したのが、そのプレゼーペの始まりだと言われています。修道院の内部は撮影できませんでしたが、グレッチョも趣のあるすてきな村なので、いつかご紹介するつもりでいます。

***********************************************************************
Gallerie-Calcio-Greccio


Ora grazie alle nuove gallerie possiamo andare a Rieti, senza passare la città di Terni. Ad agosto, al ritorno da Navelli, improvvisamente mi trovavo dentro una galleria lunga e nuova non riconosciuta dal navigatore e per fortuna senza scendere dalla superstrada e senza girare nella città di Terni sono riuscita a tornare a casa.

Quando ho parlato di questa mia avventura, qualcuno mi ha detto, forse scherzando: "Questo anno è meglio evitare di andare a Terni con la macchina targata PG, perché le due squadre nemiche, Perugia e Ternana, si trovano entrambe nella serie B". Questo sabato ci sarà la partita Perugia-Ternana dalle 15 a Perugia e mio cognato ci ha consigliato di non avvicinarci allo stadio né recarci alla provincia di Terni. Spero che in realtà si possa essere più tranquilli di quanto dicono, anche perché nella provincia di Terni ci sono tanti bei luoghi come Arrone, Piediluco e la cascata delle Marmore.

Per andare a Rieti e in Abruzzo, per fortuna non abbiamo più bisogno di girare nella città di Terni. L'inizio dei nuovi tunnel era vicino a Greccio, dove San Francesco realizzò il primo presepe nella storia e sorge un maestoso santuario.
***********************************************************************

LINK
- Umbria 24 – Derby Perugia-Ternana, ecco il nuovo dispositivo: 850 ospiti e tolleranza zero per i malintenzionati (19/11/2014)
- Ansa.it – Calcio Serie B
- 秋色アルローネ / Colori d’autunno ad Arrone (TR) (15/11/2014)
- 草花で布を彩り染め上げる / Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo (19/8/2014)
- 聖なる渓谷を訪ねて / Valle Santa Reatina e San Francesco (16/2/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-11-20 11:36 | Umbria | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23313582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-11-20 21:11
こんばんは^^
イタリアではサッカー熱が凄いので、「テルナーナとペルージャのチームが同じセリエBやセリエCで優劣を競っていたときは、ペルージャナンバーの車でテルニに出かけて、車に傷が入ったということもあったというのです」ということがあっても別に不思議とは思わないです(笑)
それに遠い昔、国が違っていたのならなおさらですよね!
日本ではせいぜい県が違っても競争しているのは、ゆるキャラグランプリくらいなのでしれています(笑)愛媛はちなみに「ミキャン」、人気なのは熊本県の「クマモン」、今年は群馬県の「グンマクン」?が優勝しました~(笑)
しばらく通ってないと新しい道路が出来ていたというのは日本も同じで、時々びっくりすることがあります(*^^)v
でも道路が出来て便利になると嬉しいですよね(^-^)
Commented by milletti_naoko at 2014-11-20 21:27
アリスさん、サッカー熱が熱いとは言っても、負けたからと言って、敵チームのファンや町の人に危害を加えたりはしないものであるべきだし、加えないでほしいとつくづく思います。ファンであるなしに関わらず、単にうさを晴らすためだけに競技場に行く人も、中にはいるらしいので、こういう近隣同士の白熱した試合のときには、特に心配です。観戦できる人も制限され、警察の警備も厳重なようですので、何事もなく試合が終わってくれることと願っています。遠い昔は、たとえば中世にペルージャとアッシジが戦って、まだ若く宗教を志していなかったアッシジの聖フランチェスコが参戦し、戦いに負けて捕虜になったりということもありました。

ゆるキャラグランプリの競争は、愛嬌があっていいですね。愛媛はミキャンですか! 今度時間のあるときに検索してみます。最近スーパーでみかんを買って、おいしいと喜びながら食べています。
Commented by bianchi_saitoh at 2014-11-20 22:36
セリエBでもさすがイタリアですね。
日本は同じ駐車場にもきちんと停めてますし、少なくとも私は見たことありません。
でも、逆にその迫力が日本にも欲しいです。
ペルージャがまたセリエAに上がれる日が来るといいですね。

もうすぐミラノダービーで日本人対決が初めて観ることが出来るかもしれませんね。
Commented by milletti_naoko at 2014-11-21 02:08
bianchi_saitohさん、サッカーに燃えるのはいいのですが、興奮に乗じて、他人や他人の車に危害を加える輩がいるのは困ったものです。スポーツやチームを純粋に愛する人が多い中、ごく一部ではあるのでしょうが。出だしはペルージャもテルナーナも快調だったのですが、今は苦戦をしているようです。わたしよりもずっとイタリアのスポーツにお詳しいですね! うちは夫も日頃のサッカーの試合にそれほど情熱を持つ人ではないので、週末に訪ねた村で、国旗を揚げているのはどうしてかなと思っていたら、日本語の生徒さんから、イタリア対クロアチアの大切な試合があったのだと教えてもらいました。
Commented by suzu-clair at 2014-11-21 17:54
なおこさん、しばらくお邪魔することができず、ごぶさたしてしまいました。
またイタリアの今を、
拝読させていただくことを楽しみにしていますね。

イタリアはやはり、
スポーツに関しても熱狂的なのですね。
若いころ、モータースポーツに夢中になっていたころがあった私は、
イタリアと言えばフェラーリというイメージがあり、
ティフォシ達の熱狂ぶりに、
スポーツでこれだけ熱くなれるというのもすごい国民性だなと思っていたのですが、
現在のサッカーでもすごいのですね。
危険が伴うほどの過熱ぶりは、ちょっと考えものですね。

日本は、国全体がスポーツの振興に国を挙げてサポートしていこうという意識が低くて、
各方面で活躍するスポーツ選手たちは資金面でいつも苦しい思いをしているようです。
イタリアのほうでは、そうした国家的な取り組みはどうなのかな?と、ふと思いました。
Commented by milletti_naoko at 2014-11-21 23:23
すずさん、お久しぶりです。モータースポーツに夢中になったことがおありとは! こちらでは、時々あちこちで、フェラーリの所有者たちが集って回る会合があり、そうやって立ち寄る村に居合わせると、いろんなフェラーリがずらりと並ぶのも見ることができるんですよ。

イタリアではスポーツ選手もですが特に芸術・文化方面での資金のやりくりが難しいような印象を受けます。大切な文化を守り次代に受け継いでいくためにも、必要なところにこそお金をかけてほしいと思います。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

映画『サウンド・オブ・ミュー..
at 2017-09-23 23:59
プロに学ぶ 天然酵母でピザ作..
at 2017-09-22 23:44
シクラメン・夕日が彩るポルヴ..
at 2017-09-21 23:59
湖の幸と夕景、音楽も楽しめる..
at 2017-09-20 23:45
映画、『この世界の片隅に』、..
at 2017-09-19 22:42

記事ランキング

タグ

(591)
(517)
(326)
(273)
(210)
(187)
(164)
(156)
(144)
(132)
(132)
(118)
(111)
(94)
(89)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

snowdrop-mom..
by milletti_naoko at 00:40
coimbraさん、夫は..
by milletti_naoko at 00:34
アリスさん、夫はパンはし..
by milletti_naoko at 00:30
なおこさんBuonase..
by coimbra at 22:40
こんにちは。 貴記事に..
by snowdrop-momo at 14:23

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク