愛はいつもそこに

  どんなによそ見をしても
  愛を疑って遠ざかっても
  あらぬ振る舞いをしても
  揺らぐことのない大きな愛に
  わたしたちは包まれているんですよ。

f0234936_7492233.jpg
Foglie accese del Sagrantino, Giano dell’Umbria 7/12/2014

 今朝のミサの説教で、新司教がこう話したのは、「神の愛」だったのですが、この愛は、ディーパク・チョープラが言う、「神と呼んでも宇宙と呼んでもいい、この世界、宇宙を創造し、統べる存在」と考えてもいいし、飯田氏が『[決定版]生きがいの創造』の中で語る、宇宙を、世を営み包む光や愛だと考えてもいいと思います。

 わたしたちの生が、そうして世の中全体が、こうした大きな愛や赦しに見守られ、そうして包まれているのだと思うと、自分にも人にももっと優しく、生きられるように思います。

 写真は、傾く日の光に、燃えるように輝くブドウの葉です。燃えるハートが、心が空からいくつもいくつも舞い降りて、わたしたちを包んでくれるような、心を温かくしてくれるような、そんなふうにも感じられるので、昨日の写真講座で撮った、この写真を添えてみました。

******************************************
  Siamo avvolti
  dall’amore grande e paziente
  che non ci lascerà mai anche quando
  noi ci allontaniamo, dubitando
  o smarrendo la strada

- la predica di oggi, dentro di me,
si sovrappone con questi bei cuori rossi e accesi
che scendevano giù e poi ancora scendevano
dal cielo ieri nella vigna del Sagrantino.
*****************************************

LINK
- Porziuncola – Solenne Celebrazione Eucaristica dell’Immacolata Concezione. Omelia del neo consacrato Vescovo di Tortona, Vittorio Viola (8/12/2014)
- 赤く燃ゆ~ワイナリー写真講座 / Workshop Fotografico in Cantina, il Foliage della Vite del Sagrantino (7/12/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-12-08 23:59 | Vivere | Comments(6)
Commented by ayayay0003 at 2014-12-09 12:03
なおこさん、こんにちは♪
神と呼んでも宇宙と呼んでもいい、この世界、宇宙を創造し、統べる存在から~
冒頭の言葉「……揺らぐことのない大きな愛に私たちは包まれているんですよ。」というのを聞くと本当に人にも優しくなれる気が
しますね~(^-^)
なんだか、嬉しくて気力が湧いてきますね~(*^^*)
いつもありがとうございます(人´∀`)♪
Commented by ムームー at 2014-12-09 15:59 x
なおこさん
こんにちは。
素晴らしい言葉ですねぇ~
何気ない言葉のようにも思えそうですが実は深い深い
言葉です~
日々の雑事に追われて立ち止まることもせずに
過ごしていますけれど、ブドウの葉のハートに
包まれていかされているのですね。
こちらに伺うと考えさせ気づかせて貰えますわぁ。
いつもありがとうございます。
Commented by kazu at 2014-12-09 17:43 x
なおこさん、今日は。なかなか含蓄のある言葉ですね。今年のように、あちこちで災害のあった日本では、まさに生かされている、ということを実感します。新しい司教さまのお説教は、終生心に留め置きたいお話ですね。

写真の講座を受講されて、益々腕を上げられたのではないですか。昨年だったか、なおこさんが買われたCanonのデジカメ、私もついに購入しました。S120という機種なのですが、なおこさんのお陰です。余りにも沢山の種類があって決め切れなかったところでしたが、なおこさんの購入記事が参考になりました。まだ、買ったばかりで使ってもいないのですが、これを携えて、来週、イタリアに行く予定です。なおこさんのお住まいの街も写真に収められたらいいなぁ^ ^
Commented by milletti_naoko at 2014-12-10 00:59
アリスさん、こんにちは♪ 今年は生き方について書いた本を日本のものを中心に数冊読んだのですが、仕事に比重を置きすぎているように思えて、共感できなかった本が多い中、飯田氏の言葉は、すっと心に入ってきて、納得できるところが多くありました。まとめ買いしたので、一冊一冊の細かい内容は気にとめずに購入したのですが、あらかじめ内容を知っていたら、買わなかった可能性の多いこの本との出会いもまた、ある意味運命かなという気もします。読みながら、宇宙の光に、聖フランチェスコが神と呼んで、その大きな愛をたたえている存在が重なり、最近は瞑想講座を聴きながら(この数日聴く時間が取れていないのですが)、ディーパクの教えや飯田氏の本と聖フランチェスコの言葉がすべて形を変えて、見方を変えて、同じことを、同じ存在を別の視点から、別の言葉を使って語っているようで、興味深いなと感じました。

大変なときでも、大きな愛に実は包まれていて、何らかの意味でわたしたちのためなのだと考えると、うれしいし、勇気がわきますよね。共感していただけて、うれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2014-12-10 01:02
ムームーさん、神様でも仏様でも、自然と呼んでも、宇宙の意思と考えてもいいのですが、大いなる知恵を持った存在が、わたしたちを大きな愛で包み、いつでも見守ってくれていると考えると心強いです。年末が近づくと、特に何かと慌しいですよね。赤い葉が、沈む夕日に照らされていっそう赤く輝いて見えて、とてもきれいでした♪ こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2014-12-10 01:11
かずさん、思いがけぬ災害に多くのものや愛しい方、自らの命を失う方がこれ以上出ないように、日本でもイタリアでも、行政が大雨や地震などの災害が起こる前に、建物や道路の構造や水路を見直すなどして、予防に努めてほしいと、つくづく思います。「生かされている」、本当にそうですよね。

おほめのお言葉をありがとうございます。講座でいっしょだった仲間や先生たちの写真を見て、わたしの腕はまだまだだな、もっといいカメラがあればと思いつつ、写真を撮ることに今以上に専念して、歩いたり、美しいものを五感と心で楽しむ時間がなくなったりしては困ると、悩むところです。かずさんも、新しいデジカメを買われたんですね! 古い記事ですが、お役に立てたようでうれしいです。かずさん、近くにお越しの際はぜひご連絡くださいね。旅行の日程もいろいろあって、慌しいとは思いますが、お会いできたらうれしいです。
<< 葡萄畑の決闘 赤く燃ゆ~ワイナリー写真講座 >>