空飛ぶハートに一目惚れ

 市の露店に並んだ、伝統の陶器づくりで有名なウンブリアの町、デルータの陶器を見ているうち、こちらの陶器の色とデザインにすっかり魅かれてしまいました。

f0234936_7531361.jpg

 デルータの陶器というと、黄色や緑・青を基調としたものを見慣れているため、お店の人に「これは現代的な新しいデザインですか」と尋ねると、この色やデザインも、同じようにやはり伝統のものなのだとのことです。

 手で一つひとつていねいに描かれた陶器であるために、ほぼ同じに見える品も、互いに見比べると、ピンクの色合いや鳥などの絵や模様が、微妙に違っています。もともと赤い色やピンク、そうして、小鳥が好きなので、最初は興味半分に眺めていたのですが、眺めるうちに、この濃いピンク色のつぶつぶが、花や花びら、二つ重なったものはハートにも見えてきて、すっかり気に入ってしまいました。最初はコーヒーカップのセットだけ買うつもりが、バター入れや調理用具を置く皿などは、以前からずっとほしくて探していたこともあって、ついつい一気にどれも買ってしまいました。

f0234936_7532317.jpg
@ Stando di Ceramiche di Bettini Germano (Deruta), Centro di Perugia 23/12/2014

 数日前、日本からはるばる訪ねてきてくださったかずさんと、ペルージャの町を歩いていたときのことです。買い物客としては恥ずかしがりで、わたし一人では、声をかけられたら買わなければいけないような気がして、じっくり見る勇気がなかったと思います。以前から時々、中心街で陶器がこうして売られているのを見たことはあったのですが、これまでじっくり立ち止まって見たことはありませんでした。

f0234936_7535126.jpg

 デルータは、ウンブリアが誇る伝統の陶器づくりの町なんですよと、かずさんに案内しながら店の前で立ち止まったわたしは、以前からほしいと思い、かつ必要を感じていたバター入れを見比べました。伝統の柄のものの値段がひどく高いので、これは手が出ないとあきらめていたら、自分自身も陶器をつくっているお店の人が、こう言いました。「この柄が高いのは、いろんな色を使っているし、デザインを描き上げるのにも時間がかかるからなんですよ。逆に、こういう一色だけで描いたものは、同じものでもかなり値段が安くなっています。」

 そう聞いて、一色だけで描かれた陶器を見ていたら、冒頭の陶器たちが、すっかり気に入ってしまったのです。

f0234936_754038.jpg

 それによくよく自分の胸に手を当てて考えてみると、黄色や緑、青を使って描かれた竜の絵や色合い自体がそれほど好きなのではなく、大切な陶器の町の、代表的な伝統のデザインだからほしいと思うのであって、特にわたしの好みだというわけではありません。

 ちなみに、今この記事を書くために調べていて初めて知ったのですが、この竜の絵やデザインは、なんと画家のラファエロが、自らが手がけたフレスコ画の縁を飾るためによく用いていたものを、16世紀後半から、陶器づくりの職人たちが模倣して、陶器のデザインとして取り込むようになり、そうして、このデルータの陶器の最も有名な装飾が生まれたのだそうです。デルータの陶器には、さらに、ラファエロの士であるペルジーノの装飾に着想を得たものも多いとのことです。(下記リンク参照) 

f0234936_7543041.jpg

 店頭に立っていた若い男性も、こちらの家族の一員で、陶器づくりを手がける職人さんなのですが、ひいおじいさんの代から代々こうしてペルージャに陶器を売りに来るのが一家の風習になっているんですよ、と教えてくれました。

f0234936_7545679.jpg

 裏には、工場生産されたものではなく、一つひとつがきちんと手で描かれた(dipinto a mano)ものだと手書きで記され、家族で営む工房の名前があります。

 ハートや鳥が散りばめられた新しい陶器がうれしくて、料理もコーヒーを飲むのもことさらうれしい今日この頃です。我が家には、夫や夫の家族・親戚などが昔から使っていた古い陶器やコップがたくさんあるため、なかなか自分が好きなものを買いにくいという事情もあるので、なおさらのこと。これからも少しずつ、このお気に入りのデザインの陶器をそろえていきたいと思っています。ちなみに、もちろん伝統的なラファエロ風の竜を描いたデザインにも愛着があり、数年前に義弟夫婦が贈ってくれた、竜の柄のデルータの陶器を、今も大切に使っています。

*************************************************************
Volano i cuoricini e i petali, in mezzo un uccellino♥

Colpo di fulmine!
Mentre spiegavo ad un'amica la tradizione delle ceramiche di Deruta,
sono stata affascinata da questo disegno e dal suo colore.
Anche l'amica ha comprato un set di due tazze da caffè dello stesso disegno
(un po' diversi sia il disegno che il colore perché dipinti a mano).
Ora queste ceramiche mi rallegrano mentre cucino e prendo il caffè :-)))
*************************************************************

LINK
- 陶器の町デルータ / Deruta, Città della Ceramica (29/12/2014)
- Deruta 1282. Consorzio Ceramiche Autentiche – Le decorazioni
- Terracotte Deruta Maioliche originali. Bettini Germano s.n.c. - HOME
- ペルージャからメリークリスマス、かずさんと中心街を散歩
- Made in Italyの危機
↑↑ ラファエロ風の竜を描いた、我が家のデルータの陶器の写真あり。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-12-27 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23484895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2014-12-28 08:04
なおこさん、おはようございます^^
私、以前にも言いましたが、このような陶器に目がないんです~(^^♪
「画家のラファエロが、自らが手がけたフレスコ画の縁を飾るためによく用いていたものを、16世紀後半から、陶器づくりの職人たちが模倣して、陶器のデザインとして取り込むようになり」というくだりを知ると尚更欲しいです(笑)
いつかなおこさんを訪ねた時の楽しみが増えました♪
貴重な情報をありがとうございます(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2014-12-28 09:00
アリスさん、こんばんは。どういたしまして。こちらこそ、興味を持っていただけたようで、うれしいです。デルータの紹介は、いつかしようしようと思いつつ後延ばしになったまま数年経っていますが、いつか近いうちに必ず! わたしもこのデルータの有名な柄が、ラファエロがよく用いていたものと初めて知ってびっくりしました。実は、先日かずさんと訪ねた礼拝堂にも、もともとはラファエロの絵がかかていたのが、数世紀前にローマのボルゲーゼに運び去られてしまっていたりもします。

いつかお会いできる日がわたしも楽しみです♪ 市は毎日ではなくて、曜日が決まっているようなのですが、デルータの町へはペルージャからも公共の交通機関で行くこともできます。教会の聖壇や町のベンチまで陶器でできていて、陶器のお店ばかりがずらりと並んでいて、散歩も楽しいんですよ。
Commented by nagisamiyamoto at 2014-12-28 17:51
なおこさん、おはようございます。
あらー、素敵な陶器が手に入りましたね。食器に至っては、やはり自分好みのものを使いたいものです。とはいえプレゼントして頂いたものもいつも有難く私も使っています。
15年ほど前から買い揃えたタイのブルーホワイトの食器は私のお気に入りで(時々ブログに出てきます)、とうとう何度にも分けて日本から持ち帰っています。
念願の調理器具置き、やっと見つけられてよかったですね。とってもかわいらしくてなおこさんとお似合いです!
Commented by milletti_naoko at 2014-12-28 23:01
なぎささん、こんにちは。お似合いだなんて、お優しい。ありがとうございます。幼い頃からピンクや赤いイチゴの模様が好きだったのですが、赤やピンクは今も好きな色です。ブルーホワイト、きっとすてきな食器なんでしょうね。いつもはそう言えば、お料理の方ばかり気にしていたのですが、今度はお皿も注意して見てみますね! じっくりと時をかけて買いそろえられたとは、本当に大切なお気に入りの食器なのでしょうね。最近の瞑想講座でも、「暮らしの中に自分が使ってうれしいもの、幸せな環境を取り込むこと」とあって、それをいいわけに、この日はクリスマスの贈り物も買ったので、かなり財布を軽くしてしまいました。うちの食器も、何せ古いものなので、少しずつ傷みも目立ち、手頃な値段で気に入ったお皿などがあれば、徐々に買いそろえていくつもりでいます。
Commented by patata at 2014-12-29 06:17 x
なおこさん、こんばんは!ご家族の皆様と素敵なクリスマスを過ごされましたでしょうか?トルテリーニも食べられましたか?^^
なんて素敵な陶器でしょうか!!!とても可愛らしく温かみを感じます。伝統的な柄や色見なのかな、とすぐに見てとれましたが、なんとラファエロが縁に使っていた柄なのですね!!
陶器、私も最近とても欲しいと思っているのです。職人さんの手作業のものがやはり素敵ですね、ですがお値段もそれなりにするので今は憧れなのですが、少しずつ集めていきたいと思っています。
ウンブリアのデルータは陶器で有名なのですね、知りませんでした!陶器というとシチリアの方が思い浮かぶのですが、良い情報を頂きました!
私もなおこさんと同じく、メルカートや市が立つ場合、店員さんに話しかけたら買わなければいけないような気がして、いつも素通りしてしまうのです。。ご友人の方と一緒に回られて、普段はじっくり見れないところなどで、お買い物を楽しむことが出来て良かったですね^^
あぁそれにしてもなおこさんの購入された陶器、本当に素敵です(//∇//)いつか私も訪れてみたいです!
Commented by ムームー at 2014-12-29 06:53 x
なおこさん
おはようございます。
まぁ~素敵な陶器ばかりですね、こんな風に
並んでいると素敵です~
夢がある絵柄に惹きつけられますね。
こちらでは夏に五条坂の陶器市がありますが
あれこれ探すのが楽しみです。
伝統が受け継がれる様子は見ていても
こちらの気持ちが高揚しますね。
素敵なご紹介嬉しいです~
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2014-12-29 07:01
Patataさん、こんばんは! ありがとうございます。家族の皆とにぎやかに、楽しいクリスマスを過ごすことができました。トルテッリーニも食べました。やっぱり冬はブロード入りのトルテッリーニが体も心も温まりますよね。

よかった。Patataさんも、いいなと思ってくださったんですね。うれしいです♪ デザインについてはラファエロがとあるのですが、色についてまではリンク先の説明にあったような、なかったような。でも、デルータの陶器では、どの店で竜を描いても色使いはたいてい似ているので、色もラファエロによるものなのかもしれません。おなじバター入れでも、伝統的な柄のものは、わたしが買ったものの倍以上の値段がします。よく考えてみたら、たくさん購入したので、結局は、伝統的な柄のバター入れを一つだけ買っていたら、値段はずっと安く済んだのですが、今はこの小鳥とハートのピンクの陶器がうれしくて(最近テレビで映画の『UP』を見たせいか、今日は風船にも見えます)、喜んでいます。コーヒーカップのセットはすでにあるし、夫としては、伝統的な柄の方がよかったかもしれませんが、まあ、お金を払ったのはわたしですし。Patataさんも、少しずつご自分がいいなと思える陶器をそろえていくことができたらいいですね。

陶器で有名な町はイタリア各地にあって、たとえばわたしが最初に語学留学で半年滞在したマルケ州のウルバーニアの村も、伝統的な陶器づくりで有名で、陶器の博物館もあります。カンパーニア州のイスキア島でも、レモン柄の陶器がすてきで、お店や工場で眺めるのを楽しみました。おお、Patataさんも、一人だとついつい遠慮されてしまう方なんですね。わたしも、かずさんと訪ねなかったら、きっといつまでも足を留めることがなかったかもしれません。あの日、たまたま陶器の店があったのも、幸運であり何かの縁でもあることでしょう。いつかPatataさんがペルージャにいらっしゃる日を楽しみにしています。わたしがPatataさんを訪ねてリグーリアに行く日と、どちらが先になるでしょうか?
Commented by milletti_naoko at 2014-12-29 07:06
ムームーさん、早起きさんですね! おはようございます。と言っても、こちらは今午後11時過ぎです。日本の伝統の陶器も美しく奥ゆかしいのですが、こちらの陶器も伝統的な絵柄が美しかったり、かわいらしかったりするものがいろいろあります。いつまでもというより、年を重ねて以前よりもずっと、素直に赤やピンクに魅かれているような気がしますが、自分が見たり使ったりしてうれしいものを、少しずつ身近に増やしていくことも、幸せの秘訣だなと、最近は感じています。陶器専門の市は、見ごたえがあって、おもしろいでしょうね。こちらの陶器は、値段がとても張るものもありはしますが、特別な機会だけ、あるいは飾るためだけに買うのではなく、ふだんの生活の中で大切に使おうと思えるほどの値段で手に入るものも多いのがありがたいです。

こちらこそ、ムームーさんのお優しいコメントがうれしいです。いつもありがとうございます♪
Commented by kazu at 2014-12-29 09:08 x
なおこさん、こんばんは。ベネチアの2日目を過ごしています。今年の旅ももう残り少なくなりました。あの陶器のお話、詳しく説明下さってありがとうございます。私もサイトを見たのですが、大きな会社だったので驚きました。デルータでは沢山の釜があるのでしょうね。階段に並んだお皿を見ていたら、あのお兄さんが全部自分が描いたものですと言われたので、そのことにも感心しました。自宅では、私の好みで砥部焼を揃えているのですが、それらに混じっても違和感がないだろうと、可愛いカップを並べるのを楽しみにしています。なおこさんが大人買いをされたのにもびっくりしましたが、機会がないと、食器ってなかなか買えないですものね。なおこさんとお揃いの柄で嬉しくて良い思い出の品になります。
Commented by milletti_naoko at 2014-12-29 17:25
かずさん、クリスマスの灯りに彩られた冬のベネチアはきれいでしょうね。どうか残りの旅も楽しいいものでありますように。かずさんに言われてお店を見てわたしもびっくりしました。同じようなお皿でも微妙に色づかいや形、デザインが違うので、好きなものを選ぶのが楽しかったので、お兄さんが言っていたように、すべて手づくりに違いないと思います。少なくともひいおじいさんの代からずっと陶器づくりを続けているということで、ひょっとしたらおじいさんもまだ現役で、陶器の数が増えていっているのかもしれませんね。あら、かずさん、砥部焼きをそろえてくださっているんですか! 愛媛県に長く住んでいて、実家も愛媛にあるので、うれしいです。砥部焼きのあの青い色と、柔らかくて優しいデザイン、わたしも好きです。確かに色違いですが、どこか似た素朴な雰囲気がありますよね。砥部焼きは愛媛で小学校に通った妹が、学校から見学か何かに行って、自分が描いた絵で焼いたお皿が、実家に飾られています。砥部と言うと、教育センターがあって、教員としての研修に時々通ったのがなつかしいです。砥部動物園は、動物が本来暮らしていた環境にできるだけ近い環境に動物たちを住まわせようと、園長さんが熱い思いを抱いて実施もされていて、勤めていた高校で、講演をしていただいたこともあります。すみません。話がそれてしまいました。

大人買いという言葉があるんですね。ふだんは財布のひもがかたいのと、これが好きというものに出会えるのが難しいことがあって(すてきと思っても値段が高くて、割れ物でもあるし手が出せないこともあります)、こんなにいい出会いはめったにないと、ついついたくさん買ってしまいました。ただ、バター入れと、料理中の木さじなどを置く陶器は、もうずいぶん長い間ほしくて、ずっといいものを探してもいたのです。わたしも、コーヒーカップの鳥とハートのピンクを見てうれしく、かずさんも同じものをお使いと思うとまたうれしいです♪
<< 陶器の町、デルータ クリスマス2014 >>