ペルージャ寒波大接近

 最近は、雪が降ったり、気温が氷点下になったりする日がよくあります。けれども、気温が急降下する日は晴天であることが多く、雪の降る日は、それほど気温が低くないために、降った雪がすぐに解けてしまいます。

f0234936_6332664.jpg
30/12/2014

 というわけで、今のところペルージャ郊外の我が家では、この冬、一番雪が残っていた日でも、こんな感じです。

 天気予報によると、明日あさっても雪が降り、来週は早朝の気温が氷点下という日が続くようです。

f0234936_6334914.jpg
Fontana Maggiore senza acqua, Perugia

 ペルージャが誇る、13世紀の美しい大噴水に、しばらく前から水がないのは、水が凍結して、破損することを恐れているからでしょうか。

 イタリア全土の天気を見ると、週末には天気が崩れ、来週に入ると気温が降下する地域が多いようです。現在、イタリアを旅行中の方や、出発を間近に控えている方は、防雨・防寒対策を万全にして、お風邪などお召しにならぬよう、お気をつけください。

**********************************************
A Perugia nevicherà domani e dopodomani,
la temperatura andrà sotto zero la prossima settimana
secondo la previsione del tempo.
Peccato, la Fontana Maggiore è senza acqua.
Chissà se la città sarà imbiancata?
**********************************************

LINK
- イタリア主要観光都市の天気予報(6日間)
↑↑ペルージャおよびミラノ・ベネチア・フィレンツェ・ローマ・ナポリの5日後までの天気予報。
- イタリアの天気予報を調べる
↑↑ イタリアの希望の市町村の、比較的正確な天気予報が分かるサイトと、天気予報の調べ方を紹介。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2015-02-05 22:35 | Umbria | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23639259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2015-02-06 18:17 x
なおこさんこんばんは。
そちらもうっすらと雪化粧していますねぇ。
眺めがいいですねぇ~
噴水も止めてありますね、やっぱり傷みますのね。
これからまだ寒い日がありますね、今日は
雪ではなかったですが、小雨が降りました。
いつもありがとうございます。
Commented by ayayay0003 at 2015-02-06 18:20
なおこさん、こんばんは^^
まだまだ、寒い日が続きますね(・。・;
こちらも、雪予報が出てはカラ振りに終わるということが続いていますが、正直なところ、写真を撮りたいという気持ちはありますが(笑)、そんなに積もると日常生活に支障が出るので困るという矛盾した感じではあります(^-^)
「 ペルージャが誇る、13世紀の美しい大噴水」凍りそうな時期は、お水を止めているのですね!
何度も登場してるとは思いますが、まじまじと見るのは初めて?のような気がして、改めて素晴らしいなあ・・・と感じました♪
なおこさんが、天気予報を発信してくださると助かる方は多いと思いますよ(^-^)
Commented by suzu-clair at 2015-02-07 01:16
そちらでも寒波が接近しているのですね。
そちらでは、
雪が降ると事故や災害などの危険性はあるのでしょうか。
何事もないといいですね。

こちらのほうは、
昔は雪が降らなかった太平洋側の地域で雪が降ったりして、
とくに東京などの都心部は、
雪に慣れていないのに降ることもあり、
少し降ると大騒ぎになっています^^

こういう現象は、温暖化の影響みたいですね。

私の町は、
子供のころはもっと雪も多くて寒かった記憶があるのですが、
このごろはそんなことがないなあと、
やはり暖冬であることを実感します。

つらくなるほどの厳しい寒さは困りますが、
このごろはどんどん駆け足で季節がめぐっていきますから、
この季節らしい寒さも、
やはりちゃんと味わいながら過ごしたいものですね。

私も、
被害が出ない程度に
もう少し雪景色もみたいなあ・・・
などと都合のいいことを願っている今日この頃です^^
Commented by milletti_naoko at 2015-02-07 08:17
ムームーさん、こんばんは。京都でのあの美しい白い雪に比べると、まだまだ寂しいのですが、雪が降ると、やっぱり独特の風情があって、いいなと思います。凍って水道管が破裂することは時々あるので、おそらくはそれが原因ではないかと思います。夫は、もう何世紀も冬だって市民の飲料水として、ずっと水が流れていたのにと言ってはいるのですが。小雨ですか。やはり日本でも天気が崩れがちなんですね。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-02-07 08:27
アリスさん、こんばんは。そうですよね。愛媛では、わたしが日本に暮らしていた頃も、年々降る雪が少なくなっていると、聞いていました。冬は冬らしいのがいいし、写真も撮りたいと思いつつ、ふだんめったに雪が降らない愛媛では、幼い頃住んでいた雪が積もるのが当たり前の札幌と違って、少々の雪でも交通が渋滞したり麻痺したり、事故が増えたりと、大変だったのを、わたしもよく覚えています。それはペルージャも同じで、ふだんめったに雪が積もらないだけに、積もったときは困ったことになります。

大噴水については書くべきことも、書きたいこともいろいろあるのですが、観光名所である上に、ペルージャでお決まりの待ち合わせ場所でもあり、たいてい人が周囲にいたり、天気がよすぎて明暗の差がありすぎたり、逆に曇っていたり雨が降っていたりと、いい写真をじっくり撮るのが難しく、これはという写真が、残念ながらほとんどないのです。いつか必ず! 当時の有名な彫刻家父子の手による名作です。天気予報情報、どなたかのお役に立てば幸いです。
Commented by milletti_naoko at 2015-02-07 08:44
すずさん、ありがとうございます。ボローニャで雪のために交通が麻痺したり、今日はリミニ周辺のアドリア海岸で海水が町に浸水したりと、雪や雨がイタリア各地でさまざまな問題を起こしているようです。これ以上被害が拡大しないことを祈っています。

東京でも、最近になって、そんなに雪が降るようになったんですか! わたしは小5で札幌から東京へ、中3でさらに松山へと転校・引越をして、札幌よりも東京や愛媛の方が、ずっと暖かくて雪も少ないのに、かえって家の中が寒かったことや、少々の雪で交通が麻痺してしまったことを覚えています。ヨーロッパでも、中途半端に暖かいイタリアよりも、ドイツなど北欧の国の方が、暖房効率がいいので、屋内が暖かいそうです。

すずさんもそうお考えかと思うと、うれしいです。冬らしい冬であってほしいけれど、皆が困ることなく、安全に暮らせるようであってもほしい、と。
Commented by patata at 2015-02-07 22:16 x
なおこさん、こんにちは^^
昨日、イタリア語勉強の一環で、天気に関する記事を読んだのですが、ウンブリア、マルケあたりで、かなりの大雪だと書いてあり・・・なおこさんのことが頭をよぎり、心配でした。
まだ数日雪が続くとの事、どうかお体大切にお過ごしくださいね。リグーリアは寒いことには寒く内陸では雪のようですが、私たちの住むあたりは今のところ雪も雨も降っていません。
暖冬だと、オリーブやはちみつやワイン等、不作になるとどこかで読んだ記ことがあります。寒いことは大歓迎だと思わないといけないのでしょうか!
Commented by milletti_naoko at 2015-02-07 22:38
Patataさん、こんにちは。ありがとうございます。幸いペルージャ周辺は特に問題ないのですが、エミリア・ロマーニャが雪や洪水で、海に近い友人宅ではかなりおそろしい思いもしているようです。この時期は例年山に雪が降って積もるところが、気温が低く、雨になってそのまま川に流れ込むと、下流になる地域、たとえばテベレ川はウンブリア・ローマ、アルノ川はフィレンツェなどで、洪水の被害が出る恐れがあるので、雨の日が続かぬように願っています。そういう意味でも、やっぱり本来寒い季節には寒くないと、困りますよね。おっしゃるように、作物も、夏は暑く冬は寒いことが大切なのだそうで、昨年、うちではオリーブが全滅だったのですが、それも間接的には、夏が暑さに欠け雨が多かった気候が原因だったようで、この件については、いずれ記事を書くつもりでいます。義父母も、雪がちゃんと積もらないと、いつまでたっても畑の害虫がなくならないと困っています。実際なんと、12月になっても、うちの畑には蚊がいたのです。

まだまだ冬や悪天候は長居をするでしょうから、リグーリアのPatataさんも、どうかニュースにお気をつけて。何事もありませんように。わたしもPatataさんにならって、フランス語をもっとまじめに勉強しなければ!
<< 真冬のカーネーション OMボタンって何ですか >>