町にも春が、ペルージャ中世の菜園

 鈴のように連なるピンクの小さいエリカの花たちが、

f0234936_863593.jpg
erica

日の光にきらきらと輝き、

f0234936_87984.jpg
borragine

ルリチシャはもう青い花を開き、

f0234936_863229.jpg
fiori di mandorlo

高い枝にはアーモンドの美しい花、

f0234936_874939.jpg

地面には、こんな不思議な名も知らぬ花が咲いていて、

f0234936_87216.jpg

流れ落ちる水の眺めやその音が心地よく、

f0234936_88723.jpg

どっしりとたくましく生きるオリーブに心落ち着く、
そんな憩いの場が、ペルージャの中心街に隠れています。

f0234936_872952.jpg

 ペルージャ中心街の南の端に建つサン・ピエートロ教会とかつての修道院の敷地を覆っていた塀の向こうには、

f0234936_882314.jpg

中世の修道院にあったであろう庭園や菜園がしつらえてあって、

f0234936_883995.jpg

開いている時間には、無料で訪ねて、散歩をしたり、花を愛でたり、

f0234936_892070.jpg

こんなすばらしい眺めを楽しんだりすることができるのです。

@ Orto Medievale di San Pietro, Perugia 27/2/2015

********************************************************
Giardino segreto, angolo di pace nel Centro Storico di Perugia,
dietro le mura di San Pietro.
Già fioriti erica, borragine, mandorlo il 27 febbraio,
le cascate ci rallegrano, l'olivone ci rassicura.
Stupendo anche il panorama, oltre al verde Assisi e il monte Subasio.
***Orto Medievale di San Pietro, Borgo XX Giugno, 74 - Perugia
********************************************************

LINK
- L’Orto Botanico d’Italia – Orto Botanico Università di Perugia
↑↑Comprende l’orto medievale (orario: dal lunedì al venerdì 8,00-17,00)
- 藤の花降る古の道
- ペルージャ花めぐり
- ペルージャ結ぶ赤い糸

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-02-28 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23729351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by suzu-clair at 2015-03-01 09:53
美しい春の訪れがあちこちで感じられるようになってきているのですね。
可憐なエリカの花や、
青空に映えるやさしい色のアーモンドなど、
拝見するだけでも
こちらまで優しい気持ちになります。
オリーブの木、巨大ですね!
力強い生命力を感じる春は、
明るい気持ちをくれますね♪
イタリアの素敵な春をありがとうございます☆
Commented by nagisamiyamoto at 2015-03-01 12:07
なおこさん、おはようございます。
私はよくアーモンドの花を桜と間違えてしまいます。日本でも沢山の桜を見てきたはずなのに・・・それにしても美しいですよね。
オリーブの木も立派です!どれくらいだろう・・・70~80年ものくらいかしら?旦那様ならご存知でしょうが、トスカーナのオリーブは30年前の大寒波で大きなオリーブの木がそんなに残っていませんから、これは素晴らしいですね。
ああ、春が待ち遠しいです。
Commented by ayayay0003 at 2015-03-01 14:38
なおこさん、こんにちは^^
お天気がよいと、そちらペルージャでも
もう春の訪れのようですね~(^^♪
アーモンドの花というのは、日本では珍しいですね!
南イタリア、アルベロべッロを訪れた時、アーモンドを
お土産に買ったのを思い出しました(*^_^*)
とっても美味しかったです☆
ルリチシャというお花もこちらでは見かけないかも・・・
私が知らないだけかもしれませんが・・・(笑)
ペルージャの中心街にこんなに広大な庭園や菜園があるなんて素晴らしいですね(*^^)v
Commented by クロちゃん at 2015-03-01 20:18 x
なおこさん、こんばんは♪
なんだか、この歌を思い出しました。
花は 花は 花は咲く♪
あれから、もうすぐ4年になります。
でも、まだ復興途中です。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-02 07:02
すずさん、この庭の配置には哲学的な裏づけもいろいろあるようで、案内を読みながら歩くのも興味深いです。山で見かけるエリカが、まさか町中に咲いているとは思いもよらず、アーモンドの花もきれいでうれしかったです♪

大きい木や古い木には、畏敬の念がわいてきます。三寒四温、まだ寒い日が続くものの、春が着実に近づいていることが分かってうれしいです。こちらこそありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-03-02 07:09
なぎささん、わたしもアーモンドと桜の花の違いは、夫に教えてもらわないと、花を見ただけではなかなか分かりません。ただ、イタリアの桜は、サクランボ目当てに植えられていて、白い花が咲くことがほとんどなので、あえて花を観賞しようと日本の桜を植えたのでなければ、ふつうの家の庭や山で見かける桜は白い花を咲かせています。トスカーナではそんなことがあったんですね。ウンブリアには寒さで幹がやられてもまだ実をならせる数世紀を経たみごとなオリーブの木がたくさんあるんですよ。また寒くなってきましたね。わたしも春が待ち遠しいです。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-02 07:17
アリスさん、こんばんは。まだまだ寒いので、寂しい冬の庭を想像して行ってみたら、きれいに咲いている花がいくつかあって、うれしくなりました。こちらでは庭木としてアーモンドを植えてある家も多いんですよ。我が家にはアーモンドはありませんが、改築中のミジャーナの家の近くに、夫が最近若木を植えました。ルリチシャは食用にもなる花で、こちらでは野山を歩いていて見かけることもあるんですよ。隠れた憩いの場で散歩をして、ゆったりした気持ちになりました♪
Commented by milletti_naoko at 2015-03-02 07:23
クロちゃん、こんばんは。花が咲き、そうして咲く花を人々が安心して眺められ、愛でられるような、そういう平和な日本であり、社会であってほしいと願っています。
Commented by ムームー at 2015-03-02 18:08 x
なおこさん
こんにちは。
もうあちこちに春の訪れがみれますね。
どの場面も素敵ですねぇ~
可愛いお花がこんなに咲いてるなんて
そちらは暖かいのですねぇ~
教会の鐘楼が浮かび上がる様子にも
見とれています、重厚な落ち着いた
街並みのなかに見える華麗で品のいい
色使いが素晴らしいですわぁ。
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-02 18:48
ムームーさん、こんにちは。まだ寒くて冬模様の庭のそこここで、花たちが咲き始めていて、とてもきれいでした。朝晩はまだかなり冷え込むのですが、それだけに花が咲いているのがうれしかったです♪ 石造りのその石のさびた色に、花たちが彩りを添えていますよね。こちらこそ、いつもありがとうございます。
<< あらきれい ペルージャ結ぶ赤い糸 >>