城壁レストランでおいしく

日曜日はウンブリアの北の端、トスカーナとの州境にあるチテルナを訪ね、村をぐるりと取り囲む城壁の中にあるレストランで、昼食を楽しみました。

f0234936_5135890.jpg
Osteria le Civette, Citerna (PG), Umbria 1/3/2015

 夫や友人たちが歩いているクリーム色の壁の内側がそのレストラン、レ・チヴェッテです。

f0234936_5141041.jpg

 冒頭の写真に見えるアーチの左手に店の入口があるのですが、アーチの右手には、半円形の窓から眺めが楽しめる廊下があって、夏にはここで食事をすることができます。

f0234936_5142215.jpg

 チテルナの村は小高い丘の上にあるので、眺めがよく、青い山並みがきれいに見えます。

f0234936_5144626.jpg

 店内も、テーブルや棚、置き物や絵の色使いやデザインが、温かくかわいらしくて、いらっしゃいとわたしたちを迎えてくれているようでした。

f0234936_5151063.jpg

 おもしろいのは、こんなふうに、どのテーブルにもそれぞれの主題があって、その主題に添った本が数冊置かれていることです。それも、ふだん書店では目立つところに置かれないような変わった本が多く、わたしたちが食べたこのテーブルの上には、なんと大江健三郎の小説さえありました。皆、本が大好きなので、大喜びです。

f0234936_515234.jpg

 店をご紹介するのは、もちろん料理もおいしかったからです。大人たちは皆、前菜とプリモ、デザートを食べました。わたしが頼んだ前菜はこちら、Involtino croccante con porcini, spinacino e broccoli su crema di zuccaです。カリカリした包みの中に、たっぷりの野菜とポルチーニがあり、それがカボチャクリームの上に載せてあって、とてもおいしかったです。

f0234936_5153256.jpg

 ジャガイモなどの野菜とサルシッチャを使ってできた、夫が頼んだこちらの前菜もそれはおいしかったようで、「プリモしかいらない」と前菜は取らなかった友人の子供が、夫に勧められて、うれしそうに平らげていました。フランコが頼んだ豆スープは、どういうわけか塩辛かったそうで、そこから、「シェフは自分が作った料理の味見をするのか」について、ちょっとした議論が始まりました。「幾皿も作るんだし、プロなんだから、食べなくても香りや分量で、味が分かるはずだ」と「味見しないだろう」派が言えば、「どんなに経験があっても、お客に最終的に出す前には、責任もあって、ほんの少しだけでも味を見るはずだ」と、「味見するだろう」派が答えます。

f0234936_5154396.jpg

 ラヴィオリと言えば、中にリコッタとほうれん草が入っていることが多いのですが、この店では、サルシッチャ・ヒヨコマメ・燻製のスカモルツァチーズが入っています。夫が注文したので、一口味見したのですが、味にパンチが効いていておいしかったです。

f0234936_516673.jpg

 わたしが食べたプリモはこちら、肉とチーズを避けて、ズッキーニとトマト、アンチョビのソースのこのパスタを選んだら、トウガラシ(peperoncino)も使われているのを、うっかり見過ごしていました。辛いのは苦手なのですが、でも、おいしく食べられました。この店のパスタはどれも店の人が自らの手で打ったものです。

f0234936_5162390.jpg

 イチゴが大好きなわたしは、デザートに、こちらのイチゴソースを添えたリンゴケーキ(Torta di mele con salsa di fragole)を頼みました。果物がたっぷりで、イチゴの味を十分に楽しめておいしかったです。小さ目で果物が主人公なので、ケーキが食べたい人には物足りないかもしれません。

f0234936_5164013.jpg

 写真はありませんが、フランコとシルヴィアの食べたズッパ・イングレーゼが、「こんなにおいしいクリームはこれまで食べたことがない、何だか幼い頃を思い出してしまう」ほど、おいしかったようで、店を選んだわたしとしても、皆が喜んでくれて、うれしかったです。

f0234936_5165011.jpg
Immagine presa da “Umbria… Cuore Verde d’Italia.
Carta Regionale e guida turistica con 12 piante di città”

 今回、チテルナの村とこの店を選んだのは、リミニの友人から「日曜にウンブリアを訪ねて、いっしょに散歩をしよう」という誘いがあったからです。日帰りなので、リミニから近く、訪ねやすい場所にしようと、Superstrada E45から近く、かつウンブリアの北の端にある、趣のある城壁の村を選びました。ご覧のように、チテルナは、トスカーナ州との州境にあります。

f0234936_5171326.jpg

 チテルナは、聖フランチェスコの足跡を追って、ラヴェルナからアッシジまで、そして、ローマまで歩く巡礼路が通る村です。また、イタリアで最も美しい村(I Borghi più belli d’Italia)の一つでもあります。そういう場所が、ウンブリアだけで現在24もあるので、「最も美しい」という最上級の使い方に疑問を感じてはいるのですが。

 2013年9月に、このレストランを会場に開かれた中世の宴で通訳を務めて以来(下記リンク参照)、いつかここで、ふつうの食事を楽しんでみたいと思っていたのですが、ようやくその願いを果たすことができました。ラヴェルナからの巡礼中に立ち寄って以来、久しぶりにチテルナを訪ねたというフランコは、バールの人に巡礼で立ち寄る人について情報を尋ねていました。イタリア人よりもヨーロッパの他国から、特にドイツからの巡礼者が多いのだと、店の人が答えていました。

*追記(3月6日)
f0234936_17215417.jpg

 店には絵本や手づくり風のおもちゃなど、子供が楽しめるものもたくさんあります。写真で夫たちが見ている作品には、フランコが仕事で使うような作業道具や、なつかしいカセットテープなどを模したものが、いろいろ盛り込んで飾ってあって、大人の子供心を誘っていました。

***********************************************************************
Osteria Le Civette, Citerna (PG), Umbria 1/3/2015

- Si mangia nella cinta muraria di Citerna; bellino l'arredamento interno, libri su ogni tavola, belli e squisiti i piatti.
- A me è piaciuto l'Involtino croccante, gli amici romagnoli erano incantati
dalla zuppa inglese.
- Nel 2013 un pranzo medievale in questo ristorante, tutti a tavola nella terrazza con un panorama stupendo per festeggiare un matrimonio imminente; ho assistito come interprete. Buoni anche i piatti medievali.
***********************************************************************

Osteria le Civette
Via degli Steccati - Camminamento Medioevale 06010 Citerna PG
Tel 075-7828323
Orario invernale(冬の営業時間)
gio-sab(木‐土) 19:30-22.30, dom(日) 12:30-14.30, 19:30-22:30

LINK
- 中世の宴と食事 / Pranzo medievale a Citerna (16/9/2013)
- オリーブ収穫、チテルナ散歩と栗のジェラート (03/11/2013)
- Osteria le Civette - HOME
- La Via di Francesco. Il cammino sui passi di Francesco d’Assisi – Percorsi a piedi
- I Borghi più belli d’Italia – Citerna. Citerna, la porta dell’umbria – Il Borgo
- I Borghi più belli d’Italia – I borghi: centro

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-03-05 21:17 | Umbria | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23748348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2015-03-06 06:10 x
なおこさん、おはようございます。♪
貴賓を感じるレストランですね。
美味しい時間は喜びと幸せを感じます。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2015-03-06 07:26
クロちゃん、こんばんは。久しぶりにアドリア海岸に住む友人たちに会えて、おいしい一時をいっしょに楽しめてうれしかったです♪
Commented by ayayay0003 at 2015-03-06 10:05
おはようございます^^
ウンブリアの北の端、トスカーナとの州境にあるチテルナ、
イタリア暮らしのなおこさんでないと紹介していただけないようなところです(*^_^*)
城壁の中にあるレストランとは、素晴らしいです~☆
外と中のギャップに驚きました~!(^^)!
だって、すご~くモダンな雰囲気なんですの~☆
でも、夏に半円形の窓から眺めが楽しめる廊下で食事というのも魅力的に思いました(*^^)v
↑ロケーションが素晴らしいですもの~♫
植物が置いてあるのもいいですし・・・

テーブルの動物に見えるのは、水さしでしょうか?
本も素敵ですね~ゆっくりして下さいと言われてるように感じます(^-^)
なおこさんの前菜、超美味しそうで、かぼちゃのクリームを敷くというのは真似しようと思いました(^^♪
なおこさんのパスタも美味しそうで、私好みです(^。^)
素敵な村の紹介ありがとうございました♪

話は変わり、先日ブログでブロ友さんから・・・
「こんにちは」「こんばんは」の「は」は「は」なのかあるいは「こんにちわ」「こんばんわ」の「わ」なのか?という
質問がありました。なおこさんは元国語の先生なので、教えていただきたいなあ?と思い質問してみました。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-06 17:12
アリスさん、おはようございます。わたしも、通訳の仕事のおかげで、この村やレストランを知ることができたのですが、城壁にあって、しかも壁の窓からの風景を楽しみながら食べられるなんて、いいですよね。通訳をしたときは中には前菜を取りに入っただけだったので、わたしもああ、内装はこんな感じだったのかとびっくりしました。絵本の世界のような優しい色づかいがいいし、そう言えば、ちょうど店内に入ったときにレゲエ音楽がかかっていて、レゲエの大好きな友人は大喜びでした。

テーブルの動物に見えるのは、陶器の置き物だと思います。置き物も味がある独創的なもので、本をはじめ、テーブルに置かれているものや店内にあるものを機に、話がはずみました。かぼちゃのクリームを敷く、そう言えば、うちでもできますよね。わたしもいつか試してみたいです。

「こんにちは」、「こんばんは」は、もともと出会ったときに「今日は…」、「今晩は…」と、「きょう」や「今晩」を主題として話を続けていた、その後半が省略されてあいさつの言葉になったもので、主題を提示する「は」(例、「わたしは…」の「は」)だったので、「わ」ではなく「は」と書きます。
Commented by ムームー at 2015-03-06 17:29 x
なおこさん
こんにちは。
城壁のある村素晴らしいですねぇ~
重厚な建物の中にあるレストラン、テーブルの上に
置かれてるものがたのしいですね。
そして、美味しそうなお料理が並びますね。
眺める景色も良くて最高の時間ですね。
お味見って、されるのかって時々おもうことが
ありますわ、有名なところでがっかりなんて
こともありそうですね。
この間食べた湯豆腐が不味くてびっくりでした。
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-06 17:40
ムームーさん、こんにちは。歴史の感じられるテラスから見える、美しい風景がいいですよね♪ まさか城壁の中のお店で食べられるとは思わず、最初はびっくりしました。テーブルに置かれているものや、お店の装飾まで楽しめるというのが、いいなと思います。

味見は、どうなんでしょうね。有名なところでがっかりということが、日本でもあるんですね。味の好みもあるでしょうが、こちらでもたまに、びっくりするほど塩辛かったり、逆に味がほとんどなかったりして、塩辛いと「シェフが風邪を引いているのかしら」などと言うのですが、味見、どうなのでしょうね。店にもよるのでしょうか、今度お料理を仕事にされている方に聞いてみたいと思います。こちらこそ、いつもありがとうございます。
<< 早春の花咲く滝と修道院 雪と椿とヒヤシンス >>