バーチチョコと関税局回答

 今朝、出かけた先のバールで、バーチチョコレートのデザインで飾られた自転車を見て、Bici di Baci(バーチの自転車)だとうれしくなりました。青地に白い星が散りばめてあって、きれいですし、イタリア語だと、リズムも響きもいい感じです。

f0234936_8303475.jpg

 ところで、「イタリアから日本にぺルジーナ社バーチチョコレートを持ち帰ること、郵送することは合法か、違法か」。
 
 先月の記事で問いかけ、皆さんのコメントでさらに疑問が深まり、日伊の郵便局や空港、航空会社や貿易や税関に関するサイトをいろいろと調べてみたのですが、「クロネコヤマトで日本に発送できなくなった」ことは分かったものの、郵便局や輸出入、持ち帰りについて、「バーチチョコレートを日本に持ち込んだり、送ったりしてはいけない」という言及はどこにも見当たりません。

 そこで、財務省関税局のホームページを通して問い合わせると、翌日すぐに回答がありました。

  「税関HPをご利用いただきありがとうございます。
  ぺルジーナ社バーチチョコレートが輸入制限されている
  という事実はございません。

  今後も関税政策・税関行政にご理解とご協力を頂きますようお願い致します。」

とのことです。

 参考までに、わたしが問い合わせた内容は、以下のとおりです。

「イタリアから日本にぺルジーナ社バーチ・チョコレートを持ち帰ること、郵送することは合法か、違法か

 昨年からぺルジーナ社バーチ・チョコレートをイタリアから日本にクロネコヤマトで発送できなくなり(http://firenzeintasca.com/yamato/kiseikoumoku.pdf)、日本への輸入が制限されているようですが、政府や税関のサイトには、禁制品として明記されていません。日本郵便HPにも言及がありません。そこで、法的に日本への輸入が実際に禁止されているか否かと禁止の場合にその根拠となる法律や情報、そして、個人が旅行の際に買って日本に持ち込むのはいいのかどうかを、教えていただけると助かります。
バーチ・チョコレートは、日本へのイタリア土産としては、以前から人気があり、購入時に不安な方も多いと思うからです。また、わたし自身、通訳の仕事で、ぺルジーナの専門店に同行することもあり、ペルージャ発のブログも書いていますので、教えていただいた情報は多くの人に広められると思います。バーチチョコがイタリアみやげとして人気を博していること、および、多くの方が実際に購入されていることについては、下記記事のコメント欄を見ていただければ、お分かりかと思います。

http://cuoreverde.exblog.jp/23702761/

 以上、よろしくお願い申し上げます。」

 というわけで、皆さん、ぺルジーナのバーチチョコレートは、イタリアあるいは空港で購入して、何の問題もなく持ち帰ることができますので、ご安心ください。クロネコヤマトでは送れなくても、郵便局からは日本に送ることができるはずです。

************************************************************
Bicicletta di Baci Perugina!
Stamattina l'ho vista al bar per la prima volta.
I cioccolatini di Baci sono popolari come souvenir in Giappone.
************************************************************

関連記事へのリンク
- バーチチョコ談義その6 (21/2/2015)
- 気持ちうれしいバレンタイン (赤いバラの花束の中にバーチ・チョコ)
- 女性の日に寄せて (ミモザの花つきバーチセット)
- バーチとアンゴラの意外な関係
↑↑ バーチ・チョコレートを考案したのも、アンゴラうさぎから毛を取って衣類に使うことを思いついたのも、今はファッションで有名な故ルイーザ・スパニョーリです。
- メルマガ第14号「Bacio、イタリアの交通機関のストライキ」
↑↑ バーチのびっくり誕生秘話について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
- 大人気、白いバーチ
- おいしいぺルジーナ
- ぺルジーナチョコいろいろ
- ペルージャ、チョコレート祭り
- ぺルジーナはトヨタのお向かい

参照リンク
- 海外旅行者の皆様へ 通関案内 - 税関 (PDF)
↑↑ 目次 ~ 出国時の手続き、輸出が禁止または規制されている品物、入国(帰国)時の手続き、別送品の手続き、輸入が禁止または規制されている品物、免税の範囲、税の適用
- 成田空港公式WEBサイト輸出入禁止・規制品リンク
- 海外から野菜や果物を持ち込む際の規制 - 輸入元:イタリア

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-03-07 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23756175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nagisamiyamoto at 2015-03-08 13:57
なおこさん、おはようございます
バーチチョコの件、調べたんですね。私も興味深く拝見しました。
想像の範囲で考えるとヤマトで送れない理由が考えられるのですが、私からもクロネコヤマトに直接きいてみます。
Commented by ayayay0003 at 2015-03-08 14:05
こんにちは^^
バ―チチョコレートが輸入制限されてなくて本当によかったです(*^_^*)
自転車、素敵ですね~☆こちらのチョコレートの包装紙がブルーで前から綺麗だなとは思ってました~(^^♪
なので、イタリアのお土産には、必ずこちらのチョコは外せないくらい買って帰ってましたから・・・
なおこさんが調べてくれたことで、皆様バ―チファンにとっては安心してお土産にすることが出来てよかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2015-03-08 20:42
なぎささん、こんにちは。調べても確証がつかめないので、問い合わせたら、ありがたいことにすぐに返事がいただけました。輸入に法律上の制限がないのであれば、ヤマトではなぜ送れないのか少し不思議なので、もし答えが分かったらうれしいです。ありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-08 20:44
アリスさん、夜空に散りばめられた星のような包装紙って、いいですよね。わたしも自転車を見て思わずうれしくなって、バールの人に「写真を撮ってもいいですか」、「インターネットに載せてもいいですか」と尋ねて撮影しました。

わたし自身、不安の材料を投げかけてしまい、ぺルジーナ工場の地元、ペルージャに住んでいることもあって気になっていたので、バーチをおみやげや自分用に持ち帰るのに何の問題もないと知って、ほっとしています。
Commented by おやびん at 2015-03-12 00:47 x
こんにちわ!コメントありがとうございました。
なおこさんのブログに遊びに来ました!

え~、バーチが送れないって
でも逆にクロネコはなんで送れなく
しちゃったんでしょうね?そこが気になります。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-12 08:33
おやびんさん、こちらこそ乙な情報をありがとうございます

クロネコヤマトで送れないのがなぜか、わたしも不思議です。どうしてなんでしょうね。
<< スミレが咲きました 早春の花咲く滝と修道院 >>