歯医者は痛いよ

 歯のつめものが取れたのは、周囲に虫歯ができていたからで、しかも、その虫歯を治療した後に、また別の虫歯が一つ見つかり、二つの虫歯の治療は、今週月曜に無事終わりました。

f0234936_733681.jpg
Bucaneve 13/3/2015

 治療前には局部麻酔の注射をするため、その注射が痛いくらいで、治療中には特に強い痛みはないのですが、それでも治療中は、無理な姿勢で口を思いっきり開け続けなければならず、ウイーンとうなる歯を削る器具の音を聞くと恐怖感に襲われるもので、歯医者はできれば行きたくないところです。

 そもそも、虫歯になりやすい場所は、歯ブラシが届きにくい場所であり、だから治療も難しい場所にあるため、歯医者さんには何度も、
 
  “Apra, apra.” 「(口をもっと大きく)開いてください。開いてください。」

と言われました。

 そうして、私立の歯科医としては、安い方ではあるのでしょうが、虫歯1本の治療に80ユーロかかるため、2本の治療で160ユーロが飛んで行き、それも懐と心に痛いのでした。「ああ、160ユーロもあれば……」でも、払えるお金があることを、ありがたいと思うことにします。

 写真は、今朝庭に咲いていたマツユキソウの写真です。イタリア語では、bucaneveと言い、「雪(neve)に穴を開ける(bucare)ようにして咲く」ことから、この名があります。ですから、イタリアの山でも、1、2月のまだかなり寒いときに見かけることが多いので、3月の半ばに花が咲いたことに驚きました。

f0234936_732254.jpg

Bucaneve 6/3/2015

1週間前に、夫がつぼみができているよと教えてくれたので、今朝、花が咲いているのに気づくことができました。

 花が、歯と同じ白い色をしている上、虫歯治療と「穴を開ける」という共通点があるということもあって、マツユキソウの写真を載せました。かわいらしい白い花を見ながら、今度こそ、虫歯なしで1年間過ごせるように歯を大切にしようと、心に誓うのでありました。

***********************************************
Sono fioriti i Bucaneve
nel giardino. Molto carini :-)
Hanno finito di bucare i miei denti i dentisti. Meno male!
***********************************************

関連記事へのリンク
- 行きたくないけど (2015/2/25)
- 歯医者でびっくり、日伊の違い (2010/9/13)
- イタリアの歯医者と保険その2 (2010/9/18)
- 歯医者その3と脱税、差別 (2010/9/30)
- 歯医者に愛車で (2012/4/16)
- 今日は力尽きますよ (2012/4/24)
- 虫がここにもあそこにも (2012/6/29)
- 歯医者と神父とクリスマス (17/1/2013)
- 一つあると (20/10/2013)
- 季節の災難と甘い誘惑 (24/10/2013)
- 歯医者と虫歯と夏休み (1/9/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-03-13 23:04 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23779155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-03-14 11:51
なおこさん、こんにちは^^
虫歯治療、終了、よかったですね~(^-^)
1本80ユーロは、お高いと思いますが、日本でかかったとしても、なんのかんの(歯石除去とか・・・)といるので、それよりはほんの少し安いとは思いますが、2本ともなるとその半額くらいはいるかもです!いや、もっといるかも?(笑)
マッユキソウかわいいですね~(^-^)
でも、まっ白なお花に力強い感じもして元気もいただけそうです(*^^)v

Commented by nagisamiyamoto at 2015-03-14 14:55
なおこさん、おはようございます。
お医者さんというのは悲しい職業で、人がしんどいときに会いにくる、元気になったら会いに来ない。
歯医者さんは特に顕著で、歯痛というのはすべての機能を奪うような、通常生活ができなくなるような状態でやってくるので
気の毒だとおもいますが、なおこさんの気持ちもわからないくもないですね。
お互い大変です。
Commented by ムームー at 2015-03-14 15:24 x
なおこさん
こんにちは。
歯医者ほど嫌な所はありませんね、早くに
行けばいいのに、ついつい先延ばしして
辛い事になりますね、私は手術をしてから
なかなか行けずにいました。
治って良かったですねぇ~
お花が咲くのが楽しみですね。
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-14 17:43
アリスさん、おはようございます。虫歯が治って、ほっとしました。日本でわたしが慣れていた、何人もの患者が一列に並ぶ歯医者と比べると、個室に一人でじっくり治療が受けられるのはありがたいです。

マツユキソウ、真っ白な小さいかわいい花が咲いて、うれしいです♪ 本当に、寒さに負けず咲く花に倣わなければ。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-14 17:47
なぎささん、おはようございます。本当に、歯医者さんとかお葬式を手配するお仕事をされている方は、そういう点で、大変なお仕事をされているなと思います。いやあ、皆さん本当にいい方たちで、いつも笑顔で迎えてくれるんですよ。Tutto bene?と聞かれて、少し困っていたら、「ああ、歯は除いて…」と歯医者さんが気づいたり、ちょっと不思議な会話もいくつか交わしました。

とにかく虫歯が治ってほっとしました。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-14 17:50
ムームーさん、おはようございます。痛い虫歯を治して、困った状況を改善してくれるのが歯医者さんなのですが、その治療も痛みを伴うので(いえ、イタリアの場合、日本に比べてすぐに麻酔を使うので、痛いのは注射をするときと、あとでしばらく麻痺した唇や口の中がつらいくらいなのですが)、できれば行きたくないところです。ムームーさんは、もう行かれましたか?

つぼみがまた花開くのが楽しみです。こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by suzu-clair at 2015-03-14 21:39
歯の治療が終わってよかったですね。
終わるとほっとしますよね。
終わったときって、
きちんと磨いているつもりでも、
知らないうちに虫歯になってしまうこともあるから、
私も以前、治療が終わったときには、
今後は定期点検に行ったりして、しっかりケアして、もう虫歯を作らないようにしようと思いました^^

こちらでは、
よくスノードロップと呼んでいる花の一つが、
このマツユキソウのようですね。
日本のスノードロップは、
イタリアからのものが多いようです。
そちらでは、もっと寒い時期から咲くのですね。
雪の中から顔を出したら、本当に可愛いでしょうね☆

うつむきながら咲くこの花は、とても可憐ですね。
こちらのほうでも、
ちょうど咲き始める時期です。
偶然にも、今日私も
出かけた先でスノードロップを見かけました。
可憐な花を見つけると、嬉しくなりますね。


Commented by milletti_naoko at 2015-03-14 22:12
すずさん、ありがとうございます。本当にほっとしました。そうして、歯医者さんから虫歯になりやすい歯だと言われたので、ますます大事にしなければと思いました。

日本ではスノードロップという名前で知られているんですね。確かに雪のしずくのような、かわいらしい、そして純白のきれいな花が咲きますよね。主にイタリアから日本に輸入されているとはびっくりですが、南北に長く気候が温暖な点で、ヨーロッパの国の中では、日本と気候が似ているからかもしれませんね。小学生の頃に習った「森は生きている」という歌に、「マツユキソウだって生きている」という箇所があって、たぶんそれで、伊和辞典に並ぶ訳語の中から、迷わず「マツユキソウ」を選んだのだと思います。

遠い日本で、すずさんも同じ花を見かけられたと思うとうれしいです。控えめで、けれど健気で、たくましいこの花、雪の精に出会えたような、そんな喜びを感じています。
Commented by corsa at 2015-03-15 01:34 x
なおこさん2本で160ユーロなら、ミラノに比べたら、激安です~!
虫歯になりやすい、というのは、残念ながら、あるんですね。わたしは虫歯も歯茎もそういうタイプで、先日も歯茎がはれて、結局原因わからずでしたが、レントゲンとかいろいろやって、それだけで150ユーロ。げっそりです。ずっと歯医者に通っているのに、去年は1本抜歯となったし、3本入れたインプラントの調子もいまひとつ。でも、もう仕方ないみたいです。せめて、現役で保険が利くうちに、何でも治療しとくしかないと思っていますけれど、既に、この口、自動車軽く買える位の費用がかかってます。情けない。

ミラノはちょっと春っぽく、気温も上がってきました。ウンブリアの春は、美しいでしょうねぇ。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-15 04:32
Corsaさん、コメントがりがとうございます。そして、それはそれは大変でしたね!! お金がそれだけかかったのだから、せめてはこのあと、歯に問題なく、Corsaさんが穏やかに過ごせますように。歯や口はやっぱり大切なので、治さないといけないものの、お金がかかって、つらいですよね。やっぱりミラノは物価が高いんですね。ウンブリアは他州に比べると、物価が安いのがありがたいです。ただ、80ユーロというのは、ペルージャの中でも私立歯科医では安い方ではないかと思いますし、神経を抜いていたら、値段ははねあがっていたそうです。原因が特定できないのに、それでも150ユーロとは、何だかやりきれないですよね。虫歯は悪化すると、一本千ユーロなどする場合がこちらでもあるようで、折れた歯の治療がこの歯医者では800~850ユーロと言われたところ、それは高すぎると、夫はいろいろ聞き込み調査をして、他の家族が通っている歯医者さんで少しだけ安く済ませました。

庭でも少しずつ花が咲き始め、春の足音が聞こえてきてうれしい今日この頃です。
<< いのちの橋渡し 連載魅力のウンブリア >>