心に愛を

  生きる大切な基準の一つを愛としよう。
  自分を愛そう。周囲の人々やものに愛を注ごう。
  日々一つひとつのことを愛をこめてしていこう。
  失敗を恐れずに、自分の好きなことに挑戦して、うまくいくと信じよう。
  そうすれば自然にうまくいくものだ。

 今日聴いた約20分の瞑想講座は、きらきら光る宝石のような言葉に満ちていました。引用されている名言も、講座を案内するオプラや師であるディーパクの言葉も、ぜひ心に留めておきたいものが多く、結局、何度も聴き直しては、ディクテーションののりで、日記に書き写しました。上にある言葉は、特にわたしの心に響いた内容を、日記のメモは見ずに、簡潔にまとめたものです。

f0234936_912048.jpg
Farfalla! 20/3/2015

 今日の講座では、冒頭で次の言葉が引用されていました。

  “Love is not just something that happens to you.
  It is a certain special way of being alive.” – Thomas Martin

 「愛というのは、単にひょいと我が身に突然やってくるそういうものではなくて、特別な生きるありかたなんだ。」という言葉で、この言葉には、1日目の講座の内容にも通じるものがあります。それは、単に何をなしとげるかということではなく、自らがどう在るかということが大切だということです。

 今回のDeepak Chopraの3週間の無料の瞑想講座は、言語は英語で、3月16日月曜日に始まりました。うっかり聞き忘れたり、用事で聞けなかったりする人のために、もし当日に聞けなくとも、当日を含めて5日間はインターネット上で聞いたり読んだりすることができるようになっています。

 1日目の講座は1日目に聞きました。最近は何かと慌しくて、恥ずかしながら2日目の講座を、5日目が終わろうとする今頃になってようやく聞き終えたところです。特に今日の講座は、本当にすてきだなという言葉が多かったので、瞑想には興味がないという方も、英語がお分かりであれば、瞑想前の前半の説明の部分だけはぜひ聞いてみてください。

 ずっと昔に読んで感動した渡辺和子さんの著書、『愛をこめて生きる』に通じるものが多くて、今手元にないのですが、ぜひ一度読み返してみたいと思いました。

~ 約300人という大きな修道院で暮らし始めたばかりの著者が、食事の際に全員の皿を並べる役目となり、がちゃがちゃ音を立てながら置いていたら、「単に皿を置いていくのではなく、その皿で食べる一人ひとりの幸せを祈りながら置きなさい」と教えを受けたというのです。

世の中に雑用というものは存在しないのであって、わたしたちが心を込めずに、単に仕事だけを機械的に片づけてしまうときに、雑用になってしまうのだ。 ~

 雑用について語った言葉が、渡辺和子さんご自身のものだったか、どこか別のところで読んだものを、わたしが結びつけて覚えているのかは定かではありません。けれども、何度でも思い出して、心に刻みつけておきたい言葉です。



 「わたしは世の中により多くの愛をもたらすためにここにいる」という言葉を読んで、すぐに思いついたのは、醤黒糖さんが行われているすてきな活動の数々です。知名度や利益などという世俗的な成功にはまったくとらわれず、少しでも世の中に笑顔を、自信を、愛を増やしていこうという活動に感銘して、最近ブログを愛読しているのですが、昨日の記事がとりわけ感動的だった上、「愛とはどういうものか」を教えてくれていますので、皆さんにもご紹介します。子供たちの純粋でひたむきな心と、それを温かく包み込む醤黒糖さんや大人たちの心と行動に感動しました。ぜひ読んでみてください。

- 「ぼくたち けっこんちまちゅ」から「僕たち結婚します」へ ~1minute 命の炎を美しく燃やす 醤黒糖 (2015/3/19)

 冒頭の写真は、今日撮影したものです。夫に言われて初めて、レモン色の蝶の存在と、そうして、鼻を近づけるとヒヤシンスがいい香りがすることに気づきました。蝶は、わたしたちが近づくと飛び立つものの、ひらひらと飛び回っては、またヒヤシンスに戻ってきました。わたしたちの庭と花を訪ねてくれてありがとう。

*********************************************************************
Una farfalla nel nostro giardino, sui fiori di giacinto!

Sto seguendo di nuovo un corso di meditazione di Deepak Chopra.
Bellissimi gli insegnamenti e le parole di Day 2. Ad esempio,
"If you invite love to flow through your heart space into everything and everyone around you, that flow elevates you. It will connect you to all that is and will become a constant North Star, a guiding light illuminating the way to unbounded good fortune for you, whether it's the love of what you do, the love of others, or most importantly, loving yourself. Each moment of love that you create gathers significance and becomes its own miracle." (Parole pronunciate da Oprah)
*********************************************************************

参照リンク
- amazon.co.jp - 渡辺和子著、『愛をこめて生きる―“今”との出逢いをたいせつに』 (PHP文庫)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-03-20 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/23806365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-03-21 22:25
なおこさん、こんばんは^^
「世の中に雑用というものは存在しないのであって、わたしたちが心を込めずに、単に仕事だけを機械的に片づけてしまうときに、雑用になってしまうのだ。 ~」というフレーズに特に
引き寄せられました(^^♪
↑普段の自分の行動を見透かされているようで、反省しました♪ほんとうにその通りだと思いました!
私もこころに刻みつけておきたいです♪

そして最後になおこさんが「わたしたちの庭と花を訪ねてくれてありがとう。」とレモン色の蝶に向かって言ってるのを
見て素晴らしいなあ・・・と思いました♪

Commented by milletti_naoko at 2015-03-22 08:23
アリスさん、こんばんは。仕事でも家事でも、単調な作業や繰り返しが必要なものは、ついつい嫌になってしまうとき、機械的にすませてしまうときがありますよね。わたしも、せっかくするのなら、いろんなことを愛をこめてできるように、そういう気持ちで率先して行動できるように……単に「知っている、必要を感じている」だけではなくて、「実際に行動に移せる」ように頑張ります!!

ありがとうございます。今年初めて我が家の庭を訪ねてくれた蝶が、春を運んでくれたようでうれしかったです♪
<< 花と古城と怪物めぐり 山にも春が、プリムラとヘレボルス >>