白鳥さんお帰り

 トラジメーノ湖に白鳥が帰って来ました。2年前の5月に、かわいいヒナたちがたくさんいる白鳥の一家を、湖畔の町、パッシンニャーノで見かけたのに、まもなく姿を消してしまい、昨年は戻ってくるかと楽しみにしていたのですが、結局姿を見せずじまいでした。

f0234936_6564329.jpg
Cigni sul Lago Trasimeno, Passignano (PG) 28/3/2015

 先月久しぶりにパッシンニャーノを訪ねたとき、夫は白鳥を目撃していたのですが、わたしは先週土曜日、ようやく2年ぶりに白鳥たちに出会うことができました。

f0234936_6564951.jpg

 土曜日は、朝ルッカに向かう途中に、湖畔のバールに立ち寄ったのです。久しぶりに白鳥たちを見られて本当にうれしかったです。

f0234936_6564989.jpg

 今は子供たちは大きくなって巣立ってゆき、お父さんとお母さんだけが残ったのでしょうか。それとも、子供たちのうち二羽だけが、湖をなつかしんで戻って来たのでしょうか。

 日本庭園の池の鯉たちのように、わたしたちが湖に近づくと、すぐにすいすいとやって来てくれたのに、やれるエサが何もなくて、何だか申しわけない気がしました。でも、こうやってすぐ人に近づくということは、それだけ白鳥にエサをやる人が多いということでしょう。人気者の白鳥たち、今年はもうしばらく姿を見続けることができますように。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 白鳥がトラジメーノ湖に! / Famiglia di Cigno sul Lago Trasimeno! (26/5/2013)
- 白鳥よ、いずこ / Non c’è più la famiglia di cigni! (11/6/2013)
- ピザが先か湖が先か / Dove saranno andati i cigni? (28/5/2014)
- トラジメーノ湖と水鳥たち / Uccelli del Lago Trasimeno (25/11/2013))
- 七色に光る湖ゆく夕日 / In Colori d'Arcobaleno il Lago Trasimeno al Tramonto (9/2/2015)
↑↑ わたしは見られなかったのですが、湖に戻って来た白鳥を、夫はこの日すでに見ています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-03-30 23:57 | Umbria | Comments(10)
Commented by nagisamiyamoto at 2015-03-31 11:11
なおこさん、おはようございます。
ルッカに行かれていたんですね。私もルッカは大好きです。こじんまりしていますよね。夜のルッカはとても幻想的でこれもまたいい風景です。
白鳥の人なつこさが凄いですね。全然驚かないところを見ると、まるで『戻ってきたよ!』と挨拶しているようです。
Commented by ayayay0003 at 2015-03-31 12:04
なおこさん、こんにちは♪
トラジメーノ湖に白鳥さんがいたんですね~☆
日本の白鳥さんは、渡り鳥で、もうすぐロシアの方に飛び立つのでは?と思います。
白鳥さんは、美しく絵になりますから、人気者というのはわかります~(*^ー^)ノ♪今度は、長くいてくれるといいですね❤
Commented by とすかーな at 2015-03-31 14:46 x
わー!白鳥をこんなきれいに写せるなんて!人間になれているのかしら。それともズームでしょうか?湖にいる白鳥、優雅でステキ~☆また来年も見られるといいですね。

なおこさんも、ルッカに行かれていたんですね~♪ルッカはこじんまりしてかわいい町ですよね(って私ブログでボロクソ言ってますけど)PCも携帯も自動で切り替わるから便利ですね。私はまだガラケーの携帯なので手動です(笑)
Commented by milletti_naoko at 2015-03-31 15:39
なぎささん、おはようございます。なぎささんもお好きなんですね! わたしも夫もすっかりルッカが大好きになりました。緑が多くて、城壁の上もまわりも、町の老若男女が談笑しながら大勢歩いていて、人に優しく人がゆったりと生きられる町という印象を持ちました。

以前に白鳥に会ったのは2年前だったのでうろ覚えなのですが、前回よりもさらに人に慣れているというか、まさに日本庭園の鯉状態で、わたしたちが岸辺に近づくとすいすいとやって来てびっくりしました。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-31 15:41
アリスさん、こんにちは♪ 日本の白鳥たちはロシアに渡って行くんですね!

湖のあちこちにある自然公園ではなくて、人や店が多くボートがつないであったりするところにいるので、野鳥だと思います。だれかが夜中にこっそりさらって行ったのではないかと心配もしていたので、また出会えて本当にうれしいです。おととしは5月末まで見かけたので、これからもその頃までには時々あえますように。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-31 15:51
とすかーなさん、この白鳥、野鳥のはずなのにすっかり人に慣れていて、至近距離までやって来たのでびっくりしました。しかも「エサはもらえないらしい」と気づくまでのかなり長い間、すぐ近くにいたんですよ。白鳥の湖っていいですよね。またこれからも会えるとうれしいです。

とすかーなさんも週末ルッカにいらっしゃったんですね。なんという偶然! わたしも昨夜記事を拝見したのですが、やっぱりイタリアでは近隣の町というのは昔は戦争相手でもあり、いろんな意味で敵であることがあったので、長年の偏見が抜けず、お互いの悪口を言うことがあり、お隣のピサにお住まいだと、そういうルッカの悪口やステレオタイプを耳にされる機会が多いのだろうなと感じました。ペルージャ近辺でも、ペルージャ・アッシジ・フォリンニョなど古い歴史のある町どうしでは、今もそういうことがあるんですよ。
Commented by suzu-clair at 2015-03-31 19:18
あの白鳥さんにまた会うことができたのですね♪

昨年、なおこさんが、
とてもほほえましい白鳥の親子のお写真とともに、
あの白鳥はどこに・・・と書いていらっしゃったこと、
覚えています。
また会えたなんて、それはとても嬉しかったことでしょう。

日本に渡ってくる白鳥は、
夏の間はシベリアなど北の国で産卵・繁殖し、
秋に北風に乗って日本にやってきて、
冬の間本州東北部などで越冬したのち、春は北海道で過ごしてから、
春が終わるころに再びシベリアへと帰っていくという渡りの習性をもっているようなのですが、
イタリアのほうではどうなのでしょう?
人慣れしているのでしたら、
そちらの人々がとても優しく温かく白鳥を見守っているから、
白鳥たちも安心して暮らしているのでしょうね。
残念ながら、
日本では、先日、
あろうことかボウガンの矢が刺さった白鳥が死んでしまったというニュースがありました…。
本当に胸が痛く、憤りを感じたニュースでした。
そちらの白鳥は、
いつまでも人に愛され、幸せに暮らせますように。
Commented by milletti_naoko at 2015-03-31 23:46
すずさん、ずっとどこかで気にしていた白鳥がまだ寒いうちからトラジメーノ湖に戻ってくれて、うれしいです。日本に来る白鳥はそういう習性を持っているのですね。イタリアの場合はいったいどこから来てどう過ごすのか、また今度調べてみますね。

一度どこかの美しい庭園で、オスの白鳥が散策する人々を、ものすごい態度で威嚇しているのを見かけたことがあるのですが、トラジメーノの白鳥たちは人なつっこくさえあるようです。そんな事件が日本であったんですね。イタリアでも狩猟の銃弾がいたずらに野生の動物、鳥などをねらう狩猟期間があるのですが、時々間違って通りかかった人や狩猟仲間を殺傷してしまう事件も起きます。冬にわたしたちが山を歩かず村や町を歩いたのも、実はこの狩猟期間中の危険を避けるためなのですが、動物たちも野山で銃弾や狩猟犬を気にせずにのんびり暮らせるようであればいいのにとつくづく思います。
Commented by ムームー at 2015-04-01 10:01 x
なおこさん
おはようございます。
美しい湖に戻って来てくれた白鳥さん。
華麗で優雅な姿に見入りますね。
とっても素晴らしい雰囲気に写されていますわぁ。
今年は琵琶湖で白鳥さん親子に出会えて
感激しましたの。
こういう場面っていいですねぇ~
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-04-01 17:25
ムームーさん、こんにちは。トラジメーノ湖にはアオサギやカンムリカイツブリ、オオバンにカモメと、いろんな水鳥がたくさんいるのですが、やっぱり白鳥は優雅で、湖でめったに見かけないこともあって、ついつい気になってしまいます。人なつこくてかわいらしいし、青い空と湖に白が映えてとてもきれいでした。琵琶湖にも白鳥さんがいるんですね!! ムームーさんも日本で湖の白鳥に出会っていると思うと、トラジメーノで白鳥に会えたとき、さらにうれしくなれそうです♪ こちらこそ、いつもありがとうございます。
<< うれしい日本語会 美しいルッカの夜と夏時間 >>