金色きらきら藍に染む

 我が家の庭にすくすくと育ち、最近、黄色の小さいかわいらしい花をいっぱいに咲かせているこの植物は、果たして何なのだろう。

f0234936_3334198.jpg
23/4/2015

 ここに毎年まいている「蝶を呼び寄せる花」の種から、時に思いがけないような花が咲くことがありますし、あちこちで催される種の交換会に出かけて手に入れた種もまいたので、その種から育った植物かもしれません。

f0234936_3342925.jpg

 こんな調子で、いったいどんな植物が育つか分からないので、ただの雑草かもしれないけれど、とりあえず育ちきるまで待っている、そんな植物も庭にはたくさんあります。
 
 幸いこちらの植物は、あれよあれよと思う間にどんどん高く育ち、今は金色の花が太陽にきらきら光って、とてもきれいです。

f0234936_3344184.jpg

 わたしが昨年アブルッツォでの草花染め講座に参加したのは、夫と共に、草花染めの展示準備を見たのがきっかけだったのですが、

f0234936_3375073.jpg
Sheila Rocchegiani & Michela Pasini, Navelli (AQ) 20/7/2014

その準備作業中に、夫は、「染料として必要な植物を栽培するとしたら、需要があるのはどの植物か」と、作品制作中の先生たちに尋ね、「藍色の伝統的な染料であるホソバタイセイ(guado、学名 Isatis tinctoria」という返事をもらっていました。

 それでどこかでその種を入手して庭にまいていたのでしょう。夫は、「ひょっとしたらホソバタイセイかもしれない」と言っていたのですが、家中の植物図鑑を首っ引きで調べたあげく、この数日は、「ホソバタイセイとは違うようだけれど、名前が分からない」という結論に達したようでした。

f0234936_338475.jpg
Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo, Navelli (AQ) 14/8/2014

 そう言えば、草花染め講座の野外実習で、染料になる植物を探して歩いたとき

f0234936_3382731.jpg

採集したニガヨモギ(学名 Artemisia absinthium、イタリア語名assenzio maggiore)も、背が高くて花が黄色かったと思い出して、去年の写真を見てみたのですが、今庭に咲いている花とは似ても似つきません。

f0234936_339246.jpg

 それが今日になって、草花染め講座をきっかけに知り合った人がフェイスブックに載せた写真を見て、庭の花がやはりホソバタイセイであることが分かりました。1年目は染料にはならず、2年目に育つ若葉が染料になるものの、大量の葉からわずかな染料しか取れないとのことではありますが、遠ざかってしまった草花染めに、花を通して呼びかけられているようなそんな気がしています。

******************************************************************
I Fiori di color d'oro brillano nel nostro giardino in questi giorni. 23/4/2015

- Ci domandavamo che cosa fosse questa pianta e ora penso di aver scoperto
finalmente la sua identità: guado, pianta tintoria.
Mio marito l'ha seminato insieme ad altre piante e non ne era sicuro.
- Foto ricordo della mostra e del corso di stampa naturale su tessuto a Navelli.
******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 自然と美の追求 ~職人芸術展、Vivere Naturalmente / Mostra, Vivere Naturalmente a Navelli (23/7/2014)
- 草花で布を彩り染め上げる / Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo (19/8/2014)

参照リンク / Riferimenti web
- it.wikipedia – Isatis tinctoria L. (guado, gualdo)
- Soccorso Verde – Il Guado
- weblio辞書 薬用植物一覧 – ホソバタイセイ(細葉大青)
↑↑ 「生薬名: バンランコン(板藍根)」とあります。バンコランではありません。
- コトバンク - ハマタイセイ
- ウィキペディア日本語版 - アイ(植物)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-23 20:39 | Fiori Piante Animali | Comments(2)
Commented by nagisamiyamoto at 2015-04-24 08:46
なおこさん、こんばんは
ご主人の植物に対する愛情とか強い想いが感じられました。私もよく仕事中お客様から植物に対する質問が来るのですが、時々困ってしまいます。フィレンツェにはボーボリ庭園という立派なものもありますので、これは本格的に勉強しなおしかもしれません・・・
ところで質問なのですが、私の周りはプランターで野菜を育てている人も多いです。こちらで売られている植物への栄養剤って野菜にも使えるのでしょうか?もしくは何かそれに対応できるものって存在しますか?と、同僚ガイドが聞いてきたので、これはなおこさんとご主人のお力を借りようと思い、失礼ながらこの場を借りて教えていただきたいです。
Commented by milletti_naoko at 2015-04-24 23:16
なぎささん、こんにちは。植物園のように植物の名が分かるように書いてあると便利なのですが、公園ではそういうわけにもいきませんよね。今日は夫が体調をひどく崩していますので、また元気なときに尋ねてみますね。店で売っている栄養剤には、それぞれどんなものに効くかどうかが容器に書いてあるので、たとえば椿やツツジなどの酸性土を好む花用には、そういう花向きの栄養剤というか肥料を買ったのを覚えています。うちは野菜にはいっさいそういうものは与えず、野菜くずからできた肥やしを使っています。ですから夫に聞いたら夫も返事に困るような…… 食べるものなので、化学肥料は基本的にはいっさいうちではやっていないのですが、確かにプランターでは必要なのかもしれませんね。店で有機の肥やしも見かけたような。そういう栄養剤を売っている専門店あるいはDIKの店で、店の人に聞くのが一番確実な気がします。お答えになっていないかもしれないのですが…… とりあえず夫が体調を取り戻すまでは返事を保留ということで。
<< ピーチもちもち恋しやうどん ペルージャ地球の日 >>