香水いいけど洪水ごめん

 イタリア風新解釈 漢字の成り立ち 第2回

 10日前のことです。日本語の授業中、profumoは日本語で「こうすい」と言うんですよと、助け舟を出すと、「わたしは誕生日に妻から香水をもらいました。」と言いたかった生徒さんの口から出たのは、「こうずいをもらいました。」という言葉でした。

f0234936_0364445.jpg

 それで、「こうすいはprofumoですが、こうずいはalluvioneで、この発音が違うだけで、意味がすっかり違ってしまうので、注意をしましょう。」と、黒板に「洪水」と「香水」の漢字を書いたら、生徒さんが、洪水の「洪」という漢字は、水に飲み込まれる車を絵で表したように見えると言うではありませんか。言われてみれば、確かにそのとおりです。

 週末出かける予定があるので、天気予報を見ると、現在のところ、ペルージャでは明日から降り始める雨が来週いっぱい続き、イタリアの他の都市も、雨の日が多いという予報が出てきます。イタリアには、従来、大雨が降ったり雨が続いたりすると、洪水や土砂崩れが起こりうる地域が多いという問題があります。地域行政が、今のうちからダムの水量を調整し、洪水の可能性がある場所では防水対策を取り、満水や洪水の危険を早めに市民に知らせるなどしの措置を講じ、防災に努めてくれること、そうして、痛ましい災害が起こらないことを願っています。

f0234936_0364457.jpg

 ちなみに、イタリア語を母語とする人、特に北イタリア出身のイタリア人には、サ行とザ行の発音や文字を混同する人が多いのですが、その理由については、また別の機会にお話しするつもりでいます。

*********************************************************************
Attenzione! In lingua giapponese
KOOSUI (こうすい / 香水) significa 'profumo',
ma KOOZUI (こうずい / 洪水) vuol dire 'alluvione'.

Per rendere chiara la differenza, ho scritto sulla lavagna in caratteri cinesi
e il nostro allievo dice che il kanji 洪 sembra una macchina ingoiata dall'acqua. E' vero!
Secondo il meteo da domani comincia a piovere in molte parti d'Italia.
Che non venga travolta nessuna automobile dall'acqua.
*********************************************************************

LINK
- 学問も爆発だ ~ イタリア風新解釈 漢字の成り立ち 第1回 / Nuova interpretazione del Kanji, 学 – Uno studente con i capelli esplosi per troppo studio
- ペルージャおよびイタリア主要観光都市の5日後までの天気予報
- イタリア旅行中の天気予報を調べる

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-05-21 17:41 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24038610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-05-22 08:57
なおこさん、おはようございます^^
洪水と香水を間違えるんだ!と新鮮でした。
漢字にすると間違えようがないけど、言葉だと発音だけであうから、大変ですよね(・。・;
洪水の「洪」が車が水にのみ込まれると右脳で感じた生徒さんの発想は凄いと思いました!こういう風にして覚えると漢字も忘れにくいな!と。そして漢字と共に、こういう間違えやすい言葉を習ったことも!なおこさんの教え方は、やっぱり素晴らしいなあ・・・と思いました。
絵を描くと、右脳で覚えることが出来ますね(*^_^*)
「profumo」ってカタカナで書くとどういう感じでしょうか?カタカナはあまりお薦めしないというなおこさんではありますが・・・フランス語ではパフュームなので少し気になりました(^-^)
Commented by ムームー at 2015-05-23 05:45 x
なおこさん
おはようございます。
言葉って難しいですねぇ~
素敵なイラストでインパクトありますわ~
良くわかりますね、お上手だなぁ♪
そちらはこれから雨が多くなるのですね。
被害が出ないようにと思いますね。
これから集中豪雨などの被害が
こわいです~
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-05-23 06:40
アリスさん、サ行とザ行は特に北イタリアの人には違いを聞き分けるのが難しいんです。ちょうど日本人のわたしたちに、VとB、RとLを聞き分けるのが難しいように。おっしゃるようにひらがなでとらえるからなおさらのこと、楽しい聞き違いや覚え違いが時々あります。前回「学ぶ」という漢字が、勉強しすぎて頭、髪が爆発している学習者だと言ったのと同じ生徒さんで、そういう独特の感性がいいなと思います。楽しく学習できて、本人にも励みになりますし。

アリスさん、profumoの発音は次のリンク先の単語の左の音声マークをクリックすると聞けると思いますので、参考にしてくださいませ。
http://www.larousse.fr/dictionnaires/italien-francais/profumo/48163
ちなみに、アリスさんがおっしゃるように発音するのは英語のperfumeで(http://www.larousse.fr/dictionnaires/anglais-francais/perfume/601298)、フランス語のparfumの発音はこちらで聞けます。
http://www.larousse.fr/dictionnaires/francais-italien/parfum/51619
Commented by milletti_naoko at 2015-05-23 06:46
ムームーさん、子音が一つ違うだけで、意味が変わってしまうのですから、言葉って難しいしおもしろいですよね。ありがとうございます。絵を学ばれ親しまれているムームーさんにそう言っていただけるとうれしいし、なんだか照れくさいです。日本もそろそろ梅雨の時期が近づいていますね。どうか何事もありませんように。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
<< 徳利とあでやかなバラ ヤギとヤモリと多言語道場 >>