トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回

 今年2月から、イタリア旅行情報サイト、JAPAN-ITALY Travel On-lineのメルマガで、ウンブリアの名所を紹介しています。第2回、4月15日付の記事はこちらです。
⇒ 緑満ち心に響くウンブリア 第2回「トラジメーノ湖に行こう」

f0234936_45857100.jpg
http://www.japanitalytravel.com/in_umbria/trasimeno.html


 JITRAの記事では写真も地図も文字も小さいため、トラジメーノ湖旅行情報に関するさらなるリンクを加え、異なる写真も添えた記事を、ここでご紹介しておきます。

緑満ち心に響くウンブリア 第2回 「トラジメーノ湖に行こう」

f0234936_4581716.jpg

  夏草や兵どもが夢の跡    芭蕉

 紀元前217年に、古代ローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍と戦って大敗を喫し、1万5千人以上ものローマ軍の兵士が命を失ったトラジメーノ湖(Lago Trasimeno、ラテン語名、トラシメヌスは、今は地元の人や観光客に愛される、自然の豊かな美しい湖です。トラジメーノ湖畔のトゥオーロ(Tuoro sul Trasimeno)の町には、このトラジメーノ湖畔の戦いの資料センターや、戦いの跡をたどって歩く歴史探訪コースがあります。

f0234936_4565254.jpg
地図はwww.lagotrasimeno.netから借用

 トゥオーロには、また、緑の多い公園や夏に水遊びができる砂浜があり、湖に浮かぶ三つの島の一つ、マッジョーレ島に行くフェリーが出る港もあります。マッジョーレ島行きのフェリーは、

f0234936_4555940.jpg

 パッシンニャーノ(Passignano)の港からも出ています。パッシンニャーノには、湖の岸辺を歩ける散歩道があり、丘の上からもきれいに湖が見えるため、週末や日が沈む頃に、散歩をする人が大勢います。このパッシンニャーノとトゥオーロには、フィレンツェとペルージャの間を結ぶトレニイアリアの電車の駅があり、駅からトラジメーノ湖までは、歩いてすぐです。

f0234936_4553778.jpg

 マッジョーレ島(Isola Maggiore)には、趣のある石造りの家が並び、丘の上の教会の中世のフレスコ画が美しく、島の通りを歩くと、そこかしこに刺繍にいそしむ老婦人がいて、刺繍博物館もあります。丘を登ると、オリーブの木々が並び、キジや野ウサギがあちこちにいるのが見えます。

f0234936_45515100.jpg

 このマッジョーレ島では、夏になると、Music for the Sunsetという催しがあり、岸辺で音楽の生演奏を聴きながら、沈みゆく夕日に移ろいゆく空と湖の色も楽しめます。

f0234936_4542672.jpg

 演奏はジャンルも楽器もさまざまで、とっぷり日が暮れたあとも、天体観測をしたり、太鼓の演奏を聞いたりすることができました。

f0234936_454450.jpg

 トラジメーノ湖に三つある島のうち、フェリーで行ける島は二つあります。そして、わたしと夫が最も好きなのは、さらに自然が豊かなポルヴェーセ島(Isola Polvese)です。古城もあれば、睡蓮やハスの花の美しい庭園もあり、三島中最も大きいこの島には、オリーブ園もあれば、森もあります。春には色とりどりの野の花が一面に咲いていて、島全体が花開いているようです。風雪に耐えたみごとなオリーブの古木もたくさんあります。

f0234936_4535159.jpg

 ポルヴェーセ島行きのフェリーは、サン・フェリチャーノ(San Feliciano)の港から出ています。ただし、マッジョーレ島行きのフェリーは年中出ているのに対し、ポルヴェーセ島へのフェリーは春から秋にかけてまでしか運航されていません。サン・フェリチャーノはトラジメーノ湖の東の湖畔にあるため、夕日が湖の向こうに沈むのを見ることができます。トラジメーノ湖は魚が多く獲れる湖で、サン・フェリチャーノには湖の漁師協会が営む魚屋があり、湖の新鮮な魚を購入することができます。トラジメーノ湖の島や湖畔のレストランでは、湖のおいしい魚が食べられます。おすすめの魚料理は、Carpa regina in porchetta。鯉に香草をたっぷり添えて、ポルケッタ風にじっくり焼き上げた料理です。

f0234936_453116.jpg

 トラジメーノ湖畔には他にも、モンテ・デル・ラーゴ(Monte del Lago)

f0234936_453941.jpg

カスティッリョーネ・デル・ラーゴ(Castiglione del Lago)など、夕日の眺めや町並みの美しい村や町があります。この二つの町とサン・フェリチャーノには、ペルージャのパルティジャーニ広場(Piazza Partigiani)から、Umbria Mobilità社のバスで行くことができます。

 自然に恵まれ、豊かに水をたたえたトラジメーノ湖を見ると、それだけで心が和む気がして、また、夕日が沈む頃の湖と空の色がそれは美しいので、わたしも夫も、しばしばトラジメーノ湖に足を運んでいます。ドイツやオランダ、ベルギーなど、特に北欧から湖を愛して毎年戻る旅行客の多いこの湖を、皆さんもぜひ一度訪ねてみてください。

***************************************************************
Andiamo al Lago Trasimeno!

Sul sito Japan-Italy Travel On-line e nella loro newsletter
il mio secondo articolo sul Lago Trasimeno.
- Link per l'articolo - http://www.japanitalytravel.com/in_umbria/trasimeno.html
cfr. Il primo articolo presenta diversi bei luoghi di Perugia.
- Link per l'articolo - http://www.japanitalytravel.com/in_umbria/perugia.html
***************************************************************

参照リンク / LINK
トラジメーノ湖観光情報
- Lago Trasimeno Vacanze Umbria / トラジメーノ湖観光案内ホームページ (イタリア語)
- Welcome to Lake Trasimeno / トラジメーノ湖観光案内ホームページ (英語)
↑↑ 他にもドイツ語、フランス語など計8か国語で、おすすめの観光コースや行き方、レストラン、宿、催しなどの情報が掲載されています。
- Navigazione Lago Trasimeno / トラジメーノ湖フェリー 時刻表・運賃 (2015年4月4日~9月20日) (PDF、イタリア語・英語)
↑↑ 7月5日から8月30日の繁忙期だけ、その前後とは時刻表が異なるため、リンク先には時刻表が2枚あります。ご注意ください。
- Orari Servizi Navigazione Lago Trasimeno / トラジメーノ湖フェリー周航図と現行の時刻表へのリンク
↑↑ 湖の地図の右手にある「Clicca qui per scaricare gli orari del servizio in vigore」というアイコンをクリックすると、現行の時刻表・料金を記載したPDF文書を見ることができます。
- Umbria Mobilità – Autobus – Perugia-Magione-Passignano-Tuoro-Terontola (PDF)
↑↑ ペルージャのバスターミナル・鉄道駅からモンテ・デル・ラーゴ(Monte del Lago)とサン・フェリチャーノ(San Feliciano)に行くバスの時刻表です。平日のみ運行で、この二村のほか、パッシンニャーノ(Passignano)、トゥオーロ(Tuoro sul Trasimeno)など電車で行ける町も訪ねることができます。
JITRAメルマガ「イタリアへ行こう」掲載のわたしの連載記事について
- 連載魅力のウンブリア / Fascino di Perugia & Umbria
- アッシジと聖フランチェスコ、JITRA連載第3回 / Assisi, San Francesco & Cammino
- うまし美しワインの里モンテファルコ、JITRA連載第4回 / Bella Montefalco
- 名産オリーブオイルと新オイル祭り、JITRA連載第5回 / Ottimi! Oli d’Oliva dell’Umbria
- 神父探偵と古代ウンブリア人の町グッビオ、JITRA連載第6回 / Gubbio, Città degli Antichi Umbri e di Don Matteo”
JITRAメルマガ掲載のわたしの記事 / I miei articoli su JAPAN-ITALY Travel On-line
- 第1回「ペルージャとっておき散歩コース」 / 1. Bella Perugia
- 第3回「アッシジと聖フランチェスコ」 / 3. Assisi e San Francesco
- 第4回「うまし美しワインの里、モンテファルコ」 / 4. Bella Montefalco, ottimi i suoi vini
- 第5回「名産オリーブオイルと新オイル祭り / 5. Ottimi! Oli d’Oliva dell’Umbria」
- 第6回「グッビオ 古代ウンブリア人と神父探偵の町」 / 6. Gubbio, Città degli Antichi Umbri e di Don Matteo

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-06-04 22:00 | Umbria | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24101030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2015-06-05 06:06 x
なおこさん、おはようございます。♪
とても美しい風景、d(-。∂)good!!です。
古代のロマンも感じます。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2015-06-05 06:45
クロちゃん、こんばんは。ありがとうございます♪ 山を歩くのも好きですが、湖も大好きです♪
Commented by nagisamiyamoto at 2015-06-05 07:09
なおこさん、こんばんは
なおこさんが現地から最新の情報を伝えることで、ガイドブックなどでは手に入らないものが確実に見れるのですね。これは観光に来る方にはありがたいと思います。私も楽しく見ることができますし、とても勉強になります。
なによりいつも写真が美しく、海も湖もないフィレンツェ中心街ではありがたい眼の保養ですね。
Commented by milletti_naoko at 2015-06-05 07:21
なぎささん、こんばんは。フィレンツェにお住まいの観光のプロのなぎささんにそう言っていただけるとありがたいです。広く水をたたえた穏やかな美しい湖を見ていると、それだけで心が安らいで、というよりは心が躍る、大好きな湖です。日本から観光に来られる方は、見たいものも多いし駆け足になって、つい有名な観光都市、ウンブリアでもアッシジなどを訪ねられるのでしょうが、時間があれば、いえ慌しい旅だからこそ、こういう風景にも触れてほしいと思います。トラジメーノ湖はトスカーナ州との州境に近い上、フィレンツェとペルージャを結ぶ電車がすぐ脇を走るので、車内からも湖がきれいに見えますし、湖畔近くの駅もいくつかあるんですよ。
Commented by ムームー at 2015-06-05 15:24 x
なおこさん
こんにちは。
美しい景色に魅せられています。
抒情的に写されてて素晴らしいですわぁ~
空に湖のアングルの決め方など
このように写せたらいいなぁ~って
思います、色々なことを書かれてると
参考になり助かりますね。
いつも素敵なご紹介ありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-06-06 00:41
ムームーさん、こんにちは。湖っていいですよね。夕日の頃にことに美しいだけではなくて、心を優しく包んでくれるような気がします。ムームーさんが撮影されている、青空や茜色の空の下、美しい琵琶湖の写真を見るたび、万葉の歌に詠まれたあの琵琶湖が、今も同様にすてきな風情を持つのを見られてうれしいです。おほめの言葉をありがとうございます。こちらこそムームーさんのおかげで、京都で今もさまざまな伝統のお祭りや風習が受け継がれていると知って興味深いです。
<< アッシジと赤い月 夜のペルージャと肉料理 >>