花の香と力を浴びる、聖ヨハネの水

 イエス・キリストに洗礼を施した聖ヨハネの記念日は、6月24日です。薬草講座で、花や薬草には、1年のうち、1日のうちで、最も生命力が強いとき、心身に最もよい効果を与えるときというのがあるのだと教わったのですが、夫によると、夏至に近い6月24日頃には、生命力が頂点に達する花が多いということです。

f0234936_5114332.jpg

 そのためでしょう、ウンブリアはもとより、イタリア各地に古くから、聖ヨハネの前夜に花を摘み、その花びらを一晩水に浸して外に置いておいて、翌朝その水で顔や手を洗うという慣習があります。

 今年は、聖ヨハネの日の前夜は、すっかり暗くなってから帰宅したため花を摘むことができなかったので、1日遅れにはなりましたが、昨晩、夫と二人で、薬草講座でもさまざまな効用があると学んだ薬草の花を中心に、庭やテラスの花を摘み、水を張った深皿に入れていきました。

 今朝その水で顔を洗ったのですが、顔を水に近づけると、ラベンダーやジャスミンのいい香りがしました。1年で一番芳香が高く美しい花たちの、その瞬間の香りと力を、こうやって受け継ぐことが、心身に取り込むことができたようでうれしかったです。

************************************************************
La nostra Acqua di San Giovanni 2015

Il profumo, la bellezza e la potenza dei fiori ci avvolgono e ci tonificano :-)
************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-06-25 22:09 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24177410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nagisamiyamoto at 2015-06-26 13:12
なおこさん、おはようございます。
そういえば去年もこの話をされていたなぁと思ったら、私もなおこさんのブログにお邪魔するようになって1年たっているのですね。
これからもよろしくお願いします!
Commented by milletti_naoko at 2015-06-26 17:34
なぎささん、こんにちは。そうなんです。幼い頃に義母が用意してくれた花の水で顔を洗っていたという夫が、その慣習を取り戻そうと聖ヨハネの水(l'acqua di San Giovanni)を用意したのは、去年が初めてでした。今年はちょうど夏至の頃に旅行から帰り、聖ヨハネの前日は出かけて帰りが遅くなったので、夫はもういいかと考えていたようですが、せっかくいろいろ薬草講座で習っていることでもあるし続けたいと、おとといはわたしが率先して花を集めました。今年は去年の花に加えて、ハーブとしても効用があるメグサハッカ(mentuccia)やセージ(salvia)の花も入れてみました。

もう1年になるんですね! こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪
<< アッシジと聖フランチェスコ、J... ペルージャ皮膚科診療所@モンテ... >>