シビッラ山と金色の花たち

 金曜日は夫の誕生日でした。シビッリーニ山脈のシビッラ山を、まだ登ったことがないから行ってみたいというので、車で3時間ほどかけて出かけて、山頂を目指しました。

f0234936_702043.jpg
Monti Sibillini & Fiori di Iperico 17/7/2015

 標高の高い山では、低い山や平地ではすでに枯れてしまっている金色の花たちが、まだあちこちにきれいに咲いています。切り立つ岩をよじ登ったり、鎖をつたって垂直の岩を降りたり、照りつける太陽の光に暑かったり、大変な思いをしましたが、すばらしい眺めを楽しむことができました。

*********************************************
Un panorama stupendo & Iperico in piena fioritura
lungo il Sentiero verso la cima del Monte Sibilla (2173m)
sui Monti Sibillini 17/7/2015
*********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-07-19 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24266785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-07-20 09:06
おはようございます^^
御主人様のお誕生日おめでとうございます♪
お二人で同じ趣味の山歩き、何よりの楽しい時間を過ごされましたね(*^_^*)
シビッリーニ山脈のシビッラ山、標高は何mくらいなのでしょうか?お写真はかなり上の写真だと思うのですが、登られるのは、かなり大変だったことでしょう!鎖?というと愛媛の石鎚山を思い浮かべますが、私は登ったことはありません(笑)
お花の写真が綺麗で、苦労して登られた後の感動が伝わりますね(^^♪
Commented by nagisamiyamoto at 2015-07-20 14:03
なおこさん、おはようございます。
まずはご主人のお誕生日おめでとうございます。
そして山登りに行かれたのですね。風景もさぞよかったことでしょう。画像をみた感じですと、かなり急斜面のような気もしますが、どうでしたか?
山のお好きなお二人ですから、さぞ素敵な思い出ができたんでしょうね・・・・
Commented by suzu-clair at 2015-07-20 14:51
鎖をつたって岩を登ったりもなさったのですね!
なかなか、
険しくアクティブな山登りだったようで、
たどり着いたときの喜びはひとしおでしょうね。
山頂付近の緑がきれいですね。

ご主人さま、お誕生日おめでとうございます☆
素敵なお誕生日となられたようで、
なによりでしたね♪
Commented by milletti_naoko at 2015-07-20 20:35
アリスさん、こんにちは。お祝いの言葉をありがとうございます。わたしも鎖を見て、石鎚山を思い出しました。登ったのがもう何年も前なのでどういう鎖だったかという記憶はないのですが、石鎚山も、水の都、ふもとの西条市も美しいですよね。
Commented by milletti_naoko at 2015-07-20 20:37
なぎささん、お祝いの言葉をありがとうございます。わたしたちが歩いたのは、この金色の花やアザミが道端に咲いているトレッキングコースで、下から急斜面を登ったわけではないのですが、後の方で、おいおいと思うような道がいくつもありました。いい思い出がまた一つ増えてうれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2015-07-20 20:41
すずさん、最近は、自然公園の手入れが行き届かないからか、夫がまだ若いと自分に言い聞かせたいからか、川に切り立つ断崖の上とか、高峰の足場の悪いところを歩くことが増えてきたような気がして、高所恐怖症のわたしには、何だかサスペンス登山の連続という気がします。そういう登山だからこそ、でも、おかげですばらしい眺めが楽しめました。今回の山に限って言えば、体力はいるものの、近づいてみると、遠くから見えたほどは危険ではないのd,ほっとしたのではありますが。

お祝いの言葉をありがとうございます♪
<< 猛暑を乗り切る黄金律十箇条 日本語どこへ行く2、地名とヴァ行の音 >>