猛暑を乗り切る黄金律十箇条

 イタリア中部のペルージャでは毎日最高気温が35度を超える暑い日が続いていますが、今日の天気予報の最高気温を見ると、37度が予想されるボルツァーノ・ローマ・バーリを筆頭に、イタリアでは北から南まで、多くの県で最高気温が35度前後となっています。

 まだまだ酷暑が続きそうですので、特にこれからイタリアを旅行される方、あるいは最近イタリアでの暮らしを始めた方のためにも、新聞に掲載されていた猛暑対策の黄金律10か条をご紹介します。6年前の記事ですが、今でも十分通用することばかりですし、この記事はイタリア語学習の教材として、メルマガでも取り上げています。まずはイタリア語で読みたいという方は記事末のリンクからどうぞ。

 黄金律は以下のとおり。特に高齢者と子供にと呼びかけたものですが、イタリアの酷暑や強い日ざし、料理に慣れない日本のわたしたちは、若者でも中高年でも、できる範囲でこの黄金律に従った方が健康に過ごしやすいはずです。以下は、こちらのla Repubblica.itの記事に書かれた猛暑を乗り切るための黄金律10か条を、わたしが訳したものです。

1.1日のうち、最も暑い時間帯である12時から18時の間は、外気にあたるのを避けること。
2. 家庭や職場の環境を涼しく保つこと。使っても汗が出てしまう扇風機よりも、エアコンの方が望ましい。
3. 1日に少なくとも2リットルの水を飲み、新鮮な果物をたくさん食べること。
4. 食事での食べ過ぎを避け、1日のうちに4度か5度軽食を取るようにすること。軽食の内容は、揚げ物や脂肪分の多い肉のような、消化に悪くカロリーの過剰な食品を避け、野菜と新鮮な果物を多く摂ること。
5.衣服は、綿、リネンなど天然繊維の衣類で軽装をし、太陽光線から身を守ること。
6.自動車は車内に風を通し、子供用補助座席の温度に気をつけること。
7.突然立ち上がるのを避けること。特に、高血圧や心臓病をかかえる場合には、十分に留意すること。
8.高血圧用の薬は、暑いときに薬の作用が増幅するので、注意すること。
9.高齢者の習慣に変化がないかどうか見守ること。高齢者の習慣に変化があった場合には、その変化によって健康状態が悪化するかもしれないからである。
10. 薬は正しく(涼しい場所に)保管すること。

 特に今からイタリアを旅行で訪ねようという日本の方は、「せっかくの旅行だから、おいしいものが食べたい」というお気持ちは分かるのですが、イタリアの夏を、元気にやり過ごすには、腹八分目に努めることをお勧めします。「わずかな旅行期間にできるだけ多くのものを見て回りたい」ことでしょうが、今は日の入りが午後8時45分頃で、9時を過ぎるまで明るい上に、イタリアでは昼食休憩がある代わりに、午後8時まで開いている店が多く、また、夏の夜にはイタリア各地で、夜に村祭りや音楽祭などが催されます。ですから、12時から18時は休憩には長すぎるとしても、午後4時くらいまでの間は、昼食をゆっくり涼しい店内で楽しんだり、部屋で休んだりして、影が長くなり、気温が下がり始める頃に、また観光を楽しむようにされてはいかがかと思います。早朝から朝10時から11時頃までは、暑さがしのぎやすいので、ひどく暑い日には、外の観光は朝のうちに済ませて、午後は冷房が効いた美術館や店、劇場などで過ごすというのも一つの手です。

f0234936_23102048.jpg

 わたし自身はどうかと言えば、1・3・5は、覚えていて、気をつけているのですが、4の特に後半部分については、すっかり忘れていました。金曜日のホテルの夕食では、肉料理をグリル焼きにするか揚げた肉にするか選べたのですが、体によくないし重たいと知りつつ、ついつい揚げた肉を選んでしまいました。登山のあとで疲れきっていたし、運動をたっぷりしたという思いもあったからです。花粉症の症状がある6月までは揚げ物を避けていた上、この暑さでは、家で揚げ物をする気分にならないので、つい誘惑に負けてしまったのです。土曜日帰り道に、エアコンがないため、おそらく40度以上あったであろう夫の車の中で酷暑に苦しんだのは、前の晩に重たい揚げ物を食べたためかもしれません。

 まだまだイタリアではひどく暑い日が続きそうです。皆さん、どうかお体を大切にお過ごしくださいませ。

*********************************************************************
Caldo, Regole d'oro per combattere l'Afa & Tentazione

"No ai pasti abbondanti, preferendo quattro, cinque piccoli pasti durante la giornata, ricchi soprattutto di verdura e frutta fresca, evitando cibi pesanti e ipercalorici come fritti e carni grasse." - è una delle dieci regole d'oro per combattere l'afa le quali ho trovato su un articolo online di qualche anno fa (Link qui sotto↓↓)
- la Repubblica.it – Caldo record previsto per venerdì. Allarme rosso a Roma e Perugia (20/5/2009)
Venerdì scorso non ricordavo questa regola e abbiamo scelto questi piatti fritti. Fino a giugno evitavo i fritti, perché avrebbero aggravato i sintomi di allergia ai pollini e ora per questo caldo non ho minima voglia di friggere qualcosa a casa...
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- la Repubblica.it – Caldo record previsto per venerdì. Allarme rosso a Roma e Perugia (20/5/2009)
- メルマガ第9号 「季節はずれの猛暑到来、都会と自然、日本とイタリア」 (22/5/2009)
- シビッラ山と金色の花たち / Monte Sibillini & Fiori di Iperico (17/7/2015)
- 夏です! / Estate 2013 (3/8/2013)
↑↑ イタリアの詳しい天気予報の調べ方や、ぼったくり対策の手引を記したページヘのリンクがあります。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-07-20 16:11 | Altro | Comments(8)
Commented by ayayay0003 at 2015-07-20 23:41
こんばんは^^
35度ですか~(@_@)
日本も夏本番を迎えつつありますが、今のところ愛媛はそれほど暑くはありません!
「猛暑対策の黄金律10か条」なるほどと、感心して読ませていただきました!
揚げ物、確かに夏季の方が食べたくてよくしてましたが、最近台所を改装してオーブンを買ったのを機に、揚げ物風をオーブンで作るようになりました!
トンカツや鶏のから揚げもらしく出来るのです!
そのものから出てくる油で調理するのでヘルシーです(^-^)
いろいろと工夫をして夏を乗り切りたいと思います(^^♪
ちなみに家にはエアコンはありません(-_-;)

旅行者の方に注意を呼び掛けているのは素敵なことですね☆
5月の南西フランスは32度くらいでしたが、それでも参りましたから!
家の父は無理せず、皆が動いてても、待ってる勇気があったので大丈夫でした。やはりツアーでもマイペースが大事だと思います♪
いつも素敵なアドバイスありがとうございます(^-^)
Commented by クロちゃん at 2015-07-21 06:25 x
なおこさん、おはようございます。♪
こちらでも、梅雨明けして猛暑日が続いています。
猛暑を乗り切るための黄金律10か条、参考にさせていただきます。
涼しい山に逃げたーい。(^^)/
Commented by Makitalia at 2015-07-21 14:53 x
こんにちは!
暑いですね、毎日。。。私も、午前中に用事を済ませて、12時から18時はなるべく外に出ないようにしています。部屋が北向きなので、室内はものすごい暑いというわけではないですが、扇風機で空気の循環を良くしています。でも、料理をする時は「はぁ~」と少し汗をかきながら。。。
週末の天気は崩れる予報ですね、やっと恵みの雨かも!でも雷マークもあったので、注意が必要ですね。
10ヶ条、、、頭に入れておきます!
Commented by milletti_naoko at 2015-07-21 15:20
アリスさん、イタリアは気温はひどく高いけれど、湿度は日本ほどではないので、屋外では日本と比べてそれほどつらいわけではないのですが、エアコンがないうちの中や車の中は、毎日35度を超えるようになると、いくら早朝や晩に涼しい空気を入れ替えても、熱がこもって過ごしづらくなります。

揚げるよりオーブンで焼くほうが体にいいですよね。うちはオーブンを使うと台所の温度が上がりすぎるので、極力使うのを控えています。まずは体調あって、旅行が楽しめるのだと思うので、お父さまの行動方針、さすがと思います。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-07-21 15:23
クロちゃん、おはようございます。日本も猛暑なんですね! 日本の場合には、電車や店・職場でのエアコンがかかりすぎている場合もあるので、外気との寒暖差にも気をつける必要がありますよね。8月に修学旅行をすると、この温度差で体調を崩す生徒が多かったので、秋に時期を変更したことを覚えています。

そうそう、山は涼しくていいですよね。わたしもこういう暑い日は山の高みにいられたらとつくづく思います♪
Commented by milletti_naoko at 2015-07-21 15:28
まきさん、こちらも毎日暑いんですね! おお、部屋が北向きとは夏は涼しいですよね。うちは書斎が南向き、寝室が西向きで、一番暑い時間に日光が差し込む上に、ちょうど先週から、よろい戸を塗り直しに出したので、パスタの生地を準備する板や古いマットレスやカーテンで、日ざしを遮断しようとはするものの、窓ガラスは熱するし、風は入らないしで、よろい戸よりは屋内がかなり暑くなるので困っています。

今週はこちらも少し雷雨の日があるようですが、翌日の気温はそれほど下がらないようで、天気予報を見てはため息をついています。十分に降ってくれたら、花や木々が十分水が得られて一息つけるでしょうから、そのためにも雨は待ち遠しいです♪
Commented by ムームー at 2015-07-21 18:32 x
なおこさん
こんばんは。
ご主人様お誕生日おめでとうございます♪
10か条いいですね、わかっているようで
忘れてしまう事が多いです。
綿素材の服を着てお水やお茶を飲んでいますが
たまにはフライや天ぷらを食べてしまいます。
最近、果物を食べるのが少なくなっています。
こちらも35度を超す日があります。
そちらも連日暑いのですね。
参考にして過ごしますね。
お祝いの言葉をいただいてとっても
嬉しかったです、このようになおこさんと
お話が出来るなんて幸せです~
これからもよろしくお願いいたします~
Commented by milletti_naoko at 2015-07-21 19:11
ムームーさん、こんにちは。ありがとうございます♪ わたしも今回、どなたかの役に立てばと思って書いてみて、食事に関する注意を見て、「あ、こんなこともあったんだ。気をつけなければ!」と、反省しました。ということは、今はそちらも暑いのですね。

日本の夏は、そうめん、冷やし中華、ざるそばと(ああ、なんておいしそうななつかしい響き!)、軽くさっぱりとした料理が多いのですが、イタリア料理は夏も日本料理に比べると重いし、肉やチーズをたくさん食べる人も多いので、イタリアでは特に、食生活に気をつける必要があるのだと思います。たまの天ぷら、好きなものをたまには食べるのも、暑くてつらいとき、精神的に助けてくれますよね。

ムームーさんのようにすてきな人生の先輩とブログを通して交流できて、わたしこそうれしいです。こちらこそ、これからもよろしくお願い申し上げます♪

<< Googleアナリティクス、ペ... シビッラ山と金色の花たち >>