トラジメーノの歓喜の道

 白、そして淡いピンク、桃色。咲きほこるキョウチクトウ(oleandro)の木々が、道の両脇を覆っています。6年前、トラジメーノ湖に浮かぶポルヴェーセ島で、こんなふうに花が満開のこの道を見て、花に囲まれながら歩いたとき、夫もわたしも感動しました。

f0234936_7212597.jpg
Viale di Oleandri, Isola Polvese sul Lago Trasimeno 2/7/2015

 その次に、島を訪ねたときには、ところが、これほどみごとな花を咲かせていたキョウチクトウの木々が、地面とほぼぎりぎりの無残な位置まで、剪定されてしまっていたのです。そのため、昨年までは、病気になったり枯れたりする木があり、元気なキョウチクトウも伸び悩んで、思い出のあの花盛りの並木道には出会えませんでした。

f0234936_7214630.jpg

 ですから、キョウチクトウ並木は、今年になってようやく、再び元のように美しい姿を取り戻したのです。
 
f0234936_7214890.jpg

 キョウチクトウは、花にも葉にも枝にも、木のあらゆる部分に猛毒があります。それにも関わらず、イタリアの家庭や公共の場所で、キョウチクトウを植えるところが多いのは、キョウチクトウが、雨が少なく太陽が長く照りつけるイタリアの夏に耐えて、元気に育ち、花を咲かせるからでしょう。

f0234936_7215984.jpg

 どうか二度と、あういう無残な剪定が施されることがありませんように。これからも多くの人が並木道の散歩を楽しむことができますように。

*********************************************************
Viale di Oleandri dell'Isola Polvese sul Lago Trasimeno​.

Spettacolare in piena fioritura,
ci salutano i fiori variopinti, pur velenosi, tutti molto belli.
Qualche anno fa hanno potato gli oleandri
in modo talmente drastico e crudele che
solo questo anno siamo riusciti a rivedere lo splendore dei fiori.
Speriamo che non potino mai più in quel modo e
che i fiori continuino a dare gioia a chi ha fortuna di ammirarli.
*********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-08-07 17:01 | Umbria | Comments(6)
Commented by toto at 2015-08-08 06:49 x
なおこさん、こんばんは。
1枚目の写真では気付かなかったのですが、2枚目の写真でびっくり! 本当に花に囲まれた道なんですね! これは感動されたでしょう。わが家のアパートの入り口にも、小さな植え込みでキョウチクトウが植わってます。いつもあまり元気のない気なのですが、毎年花をつけますよ。
剪定も大事なことといえど、花を見れないと寂しいですね。日本のあじさいが有名なお寺など、一気に剪定してシーズンに入っても花をつけず、来客が一気に減ったことを覚えています。
いつだったか、アパートの庭のあんずの木を、大家の息子さんがばっさりと剪定して、その年は実をつけずがっかりしたことも。その翌年はたくさん実をつけたのでよかったです。
なおこさんがよく書かれるトラジメーノ湖、いつか行ってみたいです!(間違えて、「トラメッジーノ湖」と呼んで、イタリア人に大爆笑されました。サンドイッチ湖、なんてねぇ、、、。)
Commented by ムームー at 2015-08-08 17:27 x
なおこさん
こんにちは。
毒がある夾竹桃ですが、高速道路土手などにも
咲いていますね、綺麗なお花の道が続きますね。
こんな風に両側を彩るのは素敵~
暑さも少し和らぎますね。
いつもありがとうございます。
Commented by ayayay0003 at 2015-08-08 22:16
こんばんは^^
キョウチクトウ、そんな無残な剪定がされた年があったのですね!キョウチクトウの毒は怖いけれど、お花には何の罪もないし、正しい知識を持っていたら大丈夫なのに。。。
イタリアに限らず、スペインのアルハンブラ宮殿を訪れた時もキョウチクトウが満開でそのトンネルを歩いて感動したことを思い出しました(^^♪
ボルヴェーゼ島の素敵な風景をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-08-09 15:33
Totoさん、初めて見たときは、きれいな花がいっぱいに彩る道に感動しました。お宅の近くにもキョウチクトウの木があるんですね。今年は元気に咲いてくれるといいのですが、土壌などとの相性もあるのでしょうね。

日本のあじさいが有名なお寺でさえ、そういうことがあるんですね。イタリアでは無残な剪定を見かけることが、花に限らず街路樹でも少なくないのですが、日本でもあるとは驚きました。木の健康のためにも、確かな経験と知識のある人に担当してもらいたいものです。剪定と実の関係も難しいですよね。うちの夫が数年前に果樹の剪定講座に通ったのですが、学びを活かして選定したリンゴの木に、その日は実がほとんどならないということがありました。ただ、果樹の実りは選定方法に関わらず、気温や雨量がかなり影響するような気もします。これは、うちの果樹たちの実りを毎年観察していて思うだけなのですが……

トラジメーノ湖、いつかぜひお越しくださいね! いえ、この間違いは日本の方にはよくあるんですよ。イタリア語でも単語や発音が似ていますし、片仮名で「ジ」と書くとsとzの発音の違いも消滅するので、よけいに似通って、混乱しやすくなるのではないかと……
Commented by milletti_naoko at 2015-08-09 15:35
ムームーさん、日本でも高速道路などに夾竹桃が植えてあるんですね! イタリアの夏は暑くて雨がほとんど降らないため、世話がかからず花が咲く夾竹桃が好んで植えられるようですが、夏にも雨が降る日本でも植えてあるとは驚きました。毒はあるけれど、それをちゃんと知っておけば安全なので、花は一輪一輪も並木も美しいので、見るたび心がはずみます♪

こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-08-09 15:39
アリスさん、イタリアではこの夾竹桃に限らず、街路樹の剪定が悲惨で、翌年無残な姿を見るということが、時々あって残念です。市町村が経費を安く上げるために、適当に仕事を依頼するからかという気もするのですが、町の景観や緑の保存は、町にとっても住民にとっても、本来はとても大切なものだと思います。

アルハンブラ宮殿、いつだったかテレビで特集を見て、行ってみたいなと思ったところです。アリスさんは行かれたことがあるんですね! 花盛りのキョウチクトウの、それもトンネルなんて、さぞかしきれいで、感動されたことでしょうね。こちらこそ、いつも温かいコメントをありがとうございます♪
<< 花のカステッルッチョ2015予告編 桜色に空・湖が染まる夕 >>