出会いのアルプス

 手前に見える花はエーデルワイス(stella alpina)です。前日、美しいフランス・アルプスの山を車でめぐり、もう遅いからという理由で、宿を見つけて泊まった村の近くには、思いがけずすてきな散歩道が隠れていました。

f0234936_664160.jpg
Gorges du Malpasset @ Parc de la Vanoise 4/8/2015

 岩ばかりに見えた渓谷を遡り、先へと進むと、色とりどりのきれいな花が咲きほこり、エーデルワイスにも出会えました。

f0234936_66436.jpg

 前を歩いていた夫が、双眼鏡で何やら眺めている上、他の人たちも前方の岩を眺めているので何がいるのかと思ったら、この岩山のどこかに、カモシカがいるとのことです。夫が双眼鏡を渡して、ほらあそこだよと教えてくれたのですが、どこにいるか分かるまでには、かなり時間がかかりました。

f0234936_665898.jpg

 ようやくカモシカ(camoscio)を見つけると、

f0234936_673282.jpg

4頭もいるではありませんか。

f0234936_6142867.jpg

 そうやって歩くうちに、渓谷の奥の方に、まずは、上の写真の奥に見える氷河を頂く山が、そうして、山から流れ落ちる滝が見え始め、最後には、花が咲き川が流れる、こんなに美しい高原に出会えて、感動しました。この日は朝に、午後は嵐になるという予報を聞いていた上、歩くうちに風が強くなり、雲行きもあやしくなってきたため、残念ながらあまり長居せずにすぐに立ち去ったのですが、今回の旅で、私の心に一番残ったのは、フランス、ヴァノワーズ国立公園のこの渓谷です。

f0234936_614693.jpg


*******************************************
Incontri con i Fiori di Stella Alpina e i Camosci

Bellissima la passeggiata @ Gorges du Malpasset
della Parco della Vanoise. 4/8/2015
*******************************************

LINK
- Parc national de la Vanoise - HOME

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-08-09 23:11 | Francia & francese | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24348845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazu at 2015-08-10 11:01 x
アルプスの絶景処のようですね。エーデルワイス初め沢山の高山植物が咲いていて、遠くには氷河や滝、きっとその滝の水は雪解け水でしょうし、そして岩陰にはカモシカまで出現するなんて、まさしく手つかずの大自然のまっただ中にいらっしゃったのですね。灼熱の日本で見せて頂くと、パソコンから涼風が吹いてくるようです。この山脈の国境を越えるとイタリアのアオスタ当たりになるのでしょうか。ほんとに沢山の素敵な出会いをされましたね。

それと、前述の記事、夾竹桃の剪定ですが、生命力の強い夾竹桃は、中途半端に切ると、伸び放題に枝分かれして枝が混み合い手が付けられない状態になります。なおこさんのお写真にあるような、あんなに美しい樹形を造って夾竹桃の並木道にするには、やはり思い切った選定が、夾竹桃に限って言えば、必要なのだろうと・・・最近は、余り見られなくなったこ夾竹桃ですが、こんな風に管理されていて感心しました。いつか、この散歩道歩いてみたいです。
Commented by ayayay0003 at 2015-08-10 13:04
こんにちは^^
ェ―デルワイス、素晴らしいです(^_-)-☆
こういう醍醐味があるのは山歩きならではですよね(^^)v
人知れず、咲いてるというのがこのお花はとっても似合ってると思います♪
地図を検索してみて、ポワント・ド・カラブル山3350mというのは私のタブレットで出てきました!
それ以上詳しい地図は無理でしたが、ここがフランスのヴァノイゼ国立公園?の中かな?とは思いました。
そして、イタリアとフランスの国境近くのフランス側だということも。。。
やはりヨーロッパに住んでないと行くことが出来ない山ですね!名前も場所もお初で知りました!
素晴らしい景色の写真ありがとうございます(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2015-08-10 15:44
かずさん、イタリアでもフランスでも、アルプスの山を少し歩くと、カモシカやアルプスマーモット(marmotta)に時々出会えます。夫に言わせると、本来エーデルワイスはもっとたくさん咲いているはずが、国立公園でもあり、摘んではいけない花を摘む人が残念ながらいるために、数が少なく、幸い人が取れないところや気づかぬところに咲いている花が生き延びているのだろうということです。実はこの頃は、北イタリア、ピエモンテもひどく暑く、夫が「標高2000メートル以上のところに行きたい」と言うので、地図で車で標高が高いところに行けそうな道を選んで走ったりもしていました。この広大なフランスの国立公園は、南の境はピエモンテと接していますが、おっしゃるように、北ではアオスタと接しています。

なるほど、夾竹桃の剪定には、そういう問題もあるんですね。ただ、ポルヴェーセ島の糸杉と並ぶ夾竹桃並木の場合は、わたしたちが美しい花を前回最後に見たのが2009年の夏ですから、木が再び育って花を咲かせるまでに6年を要し、さらに持ち直せずに枯れてしまった木もいくつかはあるのです。そうして、こことは別に、同じ島のサッカー場の近くにも夾竹桃があるのですが、そちらはそういう剪定を受けることがなく、毎年みごとな花を咲かせているのです。ただ、並木の夾竹桃のすべてがサッカー場付近のものほど茂ってしまうと、両側の夾竹桃がほとんど道を覆ってしまって、並木道は通れず、夾竹桃の森になってしまうという問題は確かにあるかもしれません。イタリアでは、びっくりするほど大きくみごとな夾竹桃の木をよく見かけるからです。いつかかずさんと、美しく花の咲くこの並木を歩ける日を楽しみにしています♪
Commented by milletti_naoko at 2015-08-10 15:49
アリスさん、人知れず咲いてめったに出会いないから、高貴な花と歌われるのであって、山を歩くと出会えるごほうびかもしれませんね。山の名前で調べてくださったんですね! きっと歩くうちに見えてきた、アルプスの高峰の一つだと思います。そんなに高い山だったとは。わたしたちもこの辺りは、今回初めて訪ねました。午後から雨が降り始め、他にもいろいろあって、結局1泊2日しかいられなかったのですが、いつかまた戻りたいと二人で言っています。こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございます♪
Commented by suzu-clair at 2015-08-10 16:46
エーデルワイスやカモシカなど、
素敵な出会いがたくさんあった、
素晴らしいお散歩だったのですね。
氷河を頂く山や、滝、そして花の咲く川・・・
お聞きするだけで、
なんて素敵な出会いなのだろう、と、
幸せな気持ちになります。
山を歩く人だけに贈られる
神様からのギフトですね。

アルプスの山は、こんなにも素晴らしい自然が広がっているのですね~☆
今回の旅も、
たくさんの感動がおありだったようですね。
充実した旅となられて、なによりですね☆
Commented by milletti_naoko at 2015-08-10 17:56
すずさん、ピエモンテのマリッティメ・アルプスもいいけれど、フランスのアルプスも美しいなと感動しました。緑の山を流れ落ちる滝や小川、大好きで、出会えるたびにうれしくなります。友人たちが誘ってくれた旅行先がルーマニアで、わたしが治安を心配し、ピエモンテに戻りたいしフランス語を勉強しているのだからフランスに行きたいと言ったので、おそらくは夫が、このフランスの国立公園について入念に調べ、ピエモンテにも寄ってくれたのに、出発前に仕事に追われてうっかりパスポートを忘れたわたしが、パスポートなしでのフランス入国に難色を示したこともあって、夫が一泊でイタリアに戻ることにしたのではないかと残念です。

8月のちょうど宿も料金が一番高い時期で、飛び込みではなかなか高い宿しか見つからず、あちこちで思わぬ出費を余儀なくされたというのも帰宅を切り上げた理由です。雨が降らぬ猛暑に義父の水やりの負担を増やしていることに気も引けましたし、この後アルプスは天気がさらに崩れたようなので、今回はこれでよしとして、またいつか十分に事前に情報を調べて、7月にゆっくり戻れたらと考えています。
<< 湖上を舞う蝶、遊ぶ子ら 花のカステッルッチョ2015予告編 >>