湖上を舞う蝶、遊ぶ子ら

 金曜日、久しぶりにトラジメーノ湖に出かけると、遠くに小さな帆が二つ水上を進むのが見えました。ヨットにしては小さいけれどと、わたしが言うと、夫があれはウィンドサーフィンだよと教えてくれました。

f0234936_722761.jpg
Lago Trasimeno, dal pontile di Sant’Arcangelo 7/8/2015 20:22

 二つの帆が時に寄り添っては離れつつ、思い思いに進む様子は、まるで蝶が湖面で戯れているかのようです。

f0234936_72557.jpg
19:54

 この日は、湖に沈む夕日を見に、サンタルカンジェロ村へと出かけました。湿度が高いためか、高速道路を走っていた頃から、まだ日が高いのに、空が茜色に染まり、アスファルトまで、オレンジ色に輝いています。

f0234936_732532.jpg
20:04

 これはさぞかし美しい夕日が見られるだろうと楽しみにしていたのですが、

f0234936_732835.jpg

20:06

わたしたちが目的地に着く前に、夕日が地平線を厚く覆う雲の層に隠れてしまいました。

f0234936_734297.jpg

 太陽が隠れてしまっても、湖の夕焼けは美しく、湖上で水遊びを楽しむ子供や大人の姿に、うれしくなりました。

f0234936_735457.jpg

 桟橋の木の杭の上から、子供たちが入れ代わり立ち代わり、湖に勢いよく飛び込んでいます。これまでにも、湖畔で泳ぐ姿は見たことがありますが、飛び込むのは初めて見ました。これも、一時期は-142cmまで落ち込んでいた水位が、基準水位よりさらに高い位置まで戻ったおかげでしょう。

 夫が幼い頃は、皆貧しかったこともあって、湖の付近に住む子供たちは、皆こうして湖で泳いで遊んでいたそうで、夫はその頃をなつかしく思い出していました。山に育った夫も、時にはトラジメーノ湖に来て泳ぐことがあったそうです。

f0234936_715387.jpg

 日の入りは見られませんでしたが、こんなふうに生き生きとした湖が見られて、わたしも夫もうれしくなりました。

***************************************************
Due farfalle, windsurf, danzano sulle acque al tramonto.

Il sole si tuffa in un fitto strato di nubi,
i bambini nel lago al pontile di Sant'Arcangelo.
Un altro bimbo su un gommone fra cielo e acqua.
Bello e animato il Lago Trasimeno d'estate. 7/8/2015
***************************************************


Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-08-10 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24352378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-08-11 11:05
なおこさん、こんにちは^^
湖上を舞う蝶とは素敵な表現ですね~(^_-)-☆
色違いの帆が、またまた絵になりますね☆
なおこさんのお写真のセンスに脱帽です(^^♪
高速道路のオレンジ、綺麗な色で私もどんな夕日かワクワクしましたが
夕日は残念でした。
でも子供達が湖で遊ぶ様子や、ご主人の子供の頃のエピソードを読み進むと夕日以上に感動をいただきましたよ♪
自然と戯れることの出来るということの幸せを感じます。
いつまでもこういう世の中でありますように・・・と願わずにはいられませんね!
Commented by milletti_naoko at 2015-08-11 16:18
アリスさん、湖上をすいすいと円を描くように進む帆が、蝶の羽のように見えて、とてもきれいでした♪ 二つのサーフィンが時々至近距離まで近づいたのですが、向きも風によるし動きが早いので、これはという瞬間をとらえるのに苦労したので、そんなふうにほめていただいて、うれしいです。ありがとうございます。写真からは分かりませんが、雲に隠れる直前の夕日は赤々としていてとてもきれいでした。湖畔では見られませんでしたが、移動中からずっと夕日や夕焼けが楽しめたかと思います。

トラジメーノ湖は、過去30年間、どんどん水位が下がり続けて、5メートル半という浅い湖では水の入れ替えもほとんどないため、衛生上の問題もあり、湖で泳ぐ地元の人は最近ではほとんどおらず、皆遠くの海や川に水遊びに出かけている状況でした。近年になってようやく水位が持ち直し、水もまたきれいになったのですが、今のところ水浴を楽しむのは、こんなふうにもっぱら北欧から来た旅行客です。そのうちまた近所の子供たちも湖で遊ぶようになればと、先日もバールで親戚と話しながら、皆で思いました。いつまでも、こういう平和と自然が守られますように、そうして世界のより多くの地域に広がりますように。
<< 天候不順、落雷に注意 出会いのアルプス >>