ピザ風豆腐料理、麻婆もどき

 イタリアのスーパーで売られている、木綿豆腐よりもさらにかたい豆腐は、その上、料理中に、なかなか味が染み込みません。豆腐が恋しいわたしは、それでも喜んで食べるのですが、ある程度年を取って、食事の好みが保守的傾向に入ったイタリア人の夫は、そういうかたい豆腐を、食べるのを嫌がります。

 夫はピザに目がなくて、ニンニクや塩漬けのケッパーも大好きです。そこで、今日は思いついて、夫も喜んで食べそうな豆腐料理を作ってみました。

f0234936_6272224.jpg

 ニンニク、ケッパー、トマトソースの好きな人にはもってこいの、とても簡単にできる一品です。

材料
トマトソース 250g(トマト300g)、(木綿)豆腐 250g、塩漬けのケッパー 小さじ 2杯、ニンニク 2かけ、オリーブオイル、塩、こしょう

1.水洗いして塩を取り除いたケッパーとニンニクをみじん切りにして、オリーブオイルを熱しておいた鍋で、ニンニクに色がつかないけれども、香りが出る程度に炒めます。

f0234936_6273592.jpg

2. 鍋にトマトソース250g、あるいは皮と種を取り除いてぶつ切りにしたトマトを加え、さらに10分ほど煮込みます。

f0234936_6275454.jpg

3. 煮つまってきたソースに、さいの目切りにした豆腐を加えて、混ぜながら汁気がなくなるまでさらに煮つめ、味は塩・こしょうで最後に整えます。

 イタリアの豆腐には味が染み込みにくいため、豆腐をできるだけ小さく、1辺7ミリくらいに切っておくと、周囲にソースがたっぷりついて、よりおいしく食べられると思います。

 料理の本にあった「ピザ風牛肉料理(manzo alla pizzaiola)」が夫の気に入って、時々作っていたのですが、今日は思いついて、牛肉の代わりに、さいの目切りにした豆腐を入れてみたのです。ニンニクとケッパー両方の味が、みじん切りにすることで、トマトソースにも具にもたっぷりと染み込んで、簡単においしくできます。ニンニク大好きの夫のお気に入りソースなので、少なめに作って、パスタに和えることも時々あります。

 ニンニクの味には癖がありますし、後から匂いは気になりますが、ニンニク(aglio)薬草、薬用植物(erba medicinale)の一つで、病気を追い払い、健康に役立ってくれます。興味のある方は、びっくりするほど手軽にできますので、ぜひお試しください。ニンニクやケッパー、トマトソースの量は、ご自分の好みに応じて、変えてみるといいと思います。

*********************************************************************
Tofu alla Pizzaiola

- Soffriggete aglio e capperi tritati con olio d'oliva in padella, aggiungete la passata o i pezzetti di pomodoro e dopo 10-15 minuti aggiungete il tofu tagliato a cubetti e continuate a cuocere tutto fino a quando si stringe il sugo. Poi regolate il gusto con sale.
- E' facile, veloce e buono anche con il tofu duro che si trova in Italia per chi ama l'aglio e i capperi.
- In fondo all'articolo i link per altre tre ricette inventate di Tofu con la traduzione in italiano.
*********************************************************************

そのほか手早くできる豆腐料理 / Altre ricette inventate con il Tofu
- 豆腐の香り揚げイタリア風 / Croccantini di Tofu alle Erbe Mediterranee
- 夏野菜豆腐で作る三色旗 / Tofu al Tricolore Italiano
- 特急煮込みごはんカレー風味 / Riso con Tofu al Curry in 20 minuti!
- ズッキーニ、カレー風味
- ルウ・牛乳・肉なし トマトソースと豆腐でつくるカレーライス

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- ケッパーとその花 / Capperi & i suoi fiori, boccioli
- トマトソースづくり爆発注意 / Operazione Conserva di Pomodoro

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-08-25 23:31 | Gastronomia | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24402800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nagisamiyamoto at 2015-08-26 08:27
なおこさん、こんばんは
豆腐は私も大好きです。でも私の周りのイタリア人は味がたんぱくすぎて苦手な人も多いんです。これならちょっとイタリアンでいいかもしれません。

私一人だったら麻婆豆腐にしちゃいます♩
Commented by ayayay0003 at 2015-08-26 13:03
なおこさん

こんにちは^^
美味しそうなピザ風のお豆腐料理ですね(^^♪
ケッパーは家ではあまり使ったことがないのですが、コレが入ると多分一味も二味も違うのでしょうネ!
家でも、こういう豆腐料理を試してみたいです(^_-)-☆
でも、日本のお豆腐は柔らかくて味がしみやすいので、もう少し大き目に切った方がいいかもしれないですね(笑)
マ―ボ―ばかりでも飽きるので、こういうイタリアン風のお豆腐もいいと思います♪
お料理は、毎日のことなのでなかなか大変ですよね!
見た目の盛り付けもハート型のような?素敵な盛り付けで素敵です、紹介ありがとうございます(^。^)
Commented by milletti_naoko at 2015-08-26 17:31
なぎささん、こんにちは。なぎささんは、麻婆豆腐が大好きで、イタリアでもいろんな店を巡り歩いて、食べ比べをされているほどですものね。麻婆豆腐のおいしいお店、わたしもいつかイタリアで行ってみたいものです。

麻婆豆腐、わたしも作ったことが時々あるのですが、一人で食べるときはともかく、夫と食べるときは、ただでさえ豆腐に渋い顔をするので、せめて味つけを地中海風に、イタリア風にと、いろいろ実験をして、夫が喜んで食べてくれるものを模索しています。
Commented by milletti_naoko at 2015-08-26 17:46
アリスさん、こんにちは。ケッパーは、こちらでは古い家や町の壁に、自然に生えていて、花が咲いたり、つぼみができていたりするのを見かけることもあります。イタリアには古い壁は多いので、チンクエテッレやペルージャの町の壁でもケッパーを見かけます。車の多い町中で、排気ガスを吸ったケッパーは収穫しても体によくないと思うのですが、以前夫と二人で、トスカーナとの州境にある田舎の家に暮らしていた頃は、家の壁にできたケッパーを収穫して、自分たちで塩漬けを作ったりもしていました。そうそう、今思いついて、以前に書いたケッパーとその花、つぼみ、実の写真を載せた記事のリンクも、記事末に追加しました。

ちょうど日本では安いワカメや豆腐、昆布が、イタリアではとんでもない値段になり、油揚げやレンコンが見つからないのと同じで、日本では、イタリアでは安価でどの店にも置いてあるケッパーの値段が高く、見つかりにくいのでしょうね。イタリアのピザ屋のメニューによくあるpizza marinaraは、モッツァレッラなしで、具がケッパーとアンチョビ、ニンニク、トマトソースなので、そういうことから、上記の牛肉メニューをだれかが「ピザ風」と思いついたのではないかと思います。機会があれば、ぜひに♪
<< 日焼け、日本語・イタリア語 空き瓶・暮らし・人生をすっきり >>