イタリアの天気予報と秋の空

 友人たちとミジャーナで過ごそうと、先週土曜に家を出発する前に天気予報を確認すると、週末は雨は降らないとありました。ところが、日曜日、男性陣がおもてで火を起こして、肉を炭火で焼いている最中、突然どしゃ降りの雨が降り出したではありませんか。

f0234936_7254832.jpg

 わたしたちがふだん確認するイタリアの天気予報サイトは、3時間ごとに予想気温や天気・湿度が分かる上、調べようと思えば、2週間先まで予報が分かり、しかもなかなか正確なので、便利です。けれども、日本でもそうでしょうが、降るはずの雨が降らなかったり、その逆だったりということも時々あります。天気予報官自身が、「33時間前にならないと、あてになる予報は出せない」と言っているのを、テレビで友人が聞いたことがあるそうですし、長期の予報は目安としてだけ、とらえた方がよさそうです。それに、天気予報は市町村ごとに出ているのですが、たとえばペルージャ市は、山間地あり、平地ありで、面積が450平方キロメートルと広いので、北東のテッツィオ山では雨が降っても、うちの周囲は晴れていたり、学生の頃、住んでいたアパート付近は晴れていたけれども、丘の上にあるペルージャの中心街は深い霧に覆われていたりと、同じ市内でも、天気が違うということが少なくありません。

 ですから、降らないはずと安心していたら、洗濯物が雨に濡れたり、雷雨になるはずだからと水やりをせず雨を待っていたら、さっぱり降らなかったりと、天気予報と天気に振り回されることもあります。けれども、目安として、たとえばピエモンテの山へ行こうというときに、天気はどうか、最低気温・最高気温がどうかなどが分かっていると、服装の準備をしたり、日程を検討したりするのに、とても便利です。

f0234936_726471.jpg

 それで、詳しい天気予報が分かれば、イタリアを旅行する方にも便利なのではないかと、サイトの方に、こうやって、「ペルージャおよびイタリアの主要観光都市の6日間の天気予報」が一覧できるページを設けたのは、もうずいぶん前のことです。リンク先にある「イタリア旅行中の天気予報を調べる」という知恵ノートを、初めに投稿したのが2012年1月になっていますから、3年前に作ったページかもしれません。

 いちいち自分で分からぬイタリア語で入力したり、調べたりしなくても、ペルージャおよびミラノ・ベネチア・ローマ・フィレンツェ・ナポリの6日間の天気予報が概観でき、下には、イタリア全土の天気予想図があるため、お役に立つだろうと、このページを作成しながら、考えていました。

f0234936_726898.jpg

 さて、最近になって、初めてGoogle Analyticsによるサイトのページ別アクセス数を見て、びっくりしました。と言うのも、閲覧されたページのうち、その半数以上が、なんとこの「イタリアの天気予報」のページだからです。

f0234936_7262840.jpg

 その上、検索キーワードや行動フローを見ると、こうして天気予報ページを見る人の多くは、イタリアの天気を検索して、わたしのサイトに行き着いたのであり、その8100人中7800人が、天気だけ見て、サイトを離れてしまうというではありませんか。

 もともとイタリア語やイタリア文化の情報を提供しようとして作ったサイトですから、イタリア旅行も念頭には入れていました。けれども、せっかくだから、イタリアに行く前に、もっとイタリア語やイタリアの文化、訪ねる町についても知っておいてほしいと考えて、

f0234936_7263948.jpg

 こんなふうに、お天気ページを一新しました。まずは、お天気情報のすぐ近くに、サイトやブログのイタリア旅行に役立つ記事へのリンクを載せ、ウンブリアやペルージャにも、興味を持っていただけるように、添える写真や記事を工夫しました。

f0234936_7265737.jpg

 さらにこんなふうに、ベネチア・フィレンツェ・ローマの天気予報には、それぞれの町の旅行情報を記したブログ記事へのリンクも張ってみました。そうして、気になる州のブログ記事が一覧で読めるリンクも作成しました。作成してみて、南イタリアの記事が少ないことに気づきました。南イタリアには、ほかにも訪ねた州がいくつかあるのですが、ブログを書く前だったり、カメラがデジタルカメラではなかったり、カメラを持っていないときだったりしたために、記事がほとんどないのです。そうして、ブログ表紙の右欄にも、サイトの「イタリアの天気予報」へのリンクを設けました。

 写真は、ミジャーナの改築中の家の前に植えたバラの花です。日曜日に、雨が上がったあと、撮影しました。雨のおかげで、バラたちも元気を取り戻してくれそうです。

*********************************************************************
女心に秋の空
(onna gokoro ni aki no sora)
E' un proverbio giapponese e significa che il cuore delle donne è come il cielo d'autunno, cambia da un momento all'altro.
E' usata la parola, kokoro che indica 'cuore' ma in questo proverbio è interpretata piuttosto come 'umore'.
In questi giorni non solo il tempo ma anche il meteo cambiano spesso. Domenica 13 settembre a Migiana di Monte Tezio d'improvviso è iniziato a piovere a dirotto. La pioggia ha bagnato la squadra dei ragazzi che si occupava della carne alla brace, ma ha dato sollievo alle rose.
*********************************************************************

関連記事へのリンク
- もっと知りたい! イタリアの言葉と文化 - イタリア各地の天気予報 ~ iL Meteo.itから
- 2年後に気づく失敗、グーグル解析の穴
- Googleアナリティクス、ページアクセス・参照URL・検索キーワード調べ
- 秋色のテッツィオ山

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-09-18 23:59 | Altro | Comments(0)
<< いざパン祭り、花市へ 湖畔においしいもう一軒 >>