ノートルダムとナポレオン3世発注の彫像

 こちらは皆さんご存じの、パリのノートルダム大聖堂の写真です。写真の右手、緑の木々の間に、右手に何かを高々と掲げているブロンズ像が隠れています。ナポレオン3世が彫刻家に制作を依頼したこの彫像がだれのもので、どうしてこんなに目立たない隅に置かれているか、お分かりになりますか。

f0234936_77856.jpg
Cathédrale Notre Dame de Paris  15/6/2012

 パリ観光周遊オープンバスの2階から撮影した写真なので、手前にバスの手すりが写っています。

f0234936_765531.jpg
12/6/2012

 こんなふうに、大聖堂の正面からかなり外れた場所にあるのです。おかげで、この彫像が写っている写真は、ほんの数枚しかありません。

f0234936_763455.jpg
14/6/2012

 鐘楼の上から見ても、セーヌ川のすぐほとりにあり、あえて目立たない場所に置かれています。なぜでしょう。

f0234936_761186.jpg
Prof. Alessandro Barbero @ Festival del Medioevo, Gubbio

 Raiの歴史番組が好きで、よく見るのですが、中でもこのアレッサンドロ・バルベーロ先生の話は、切り口もおもしろく、聞かせる語りで、興味深いです。昨日、中世祭り開催中のグッビオを訪ねた理由はいろいろありますが、この先生の話を生で聴けるめったにない機会だからというのも、その理由の一つです。この彫像については、昨日の先生の講演中に話があったのです。

 「知っていなければ庭の緑と紛れてだれも気づかない場所にある」と、講演でも言われていましたが、確かにわたしも、この彫像にはまったく気づかずにいました。実際近くから撮影した写真は一枚もありません。

f0234936_76345.jpg

 彫像は、カール大帝(742-814)のものです。カール大帝は、フランス・ドイツを含み現在のヨーロッパの多くの国にまたがるまでにフランク王国の領土を広げ、死後その領地が神聖ローマ帝国となったこともあり、後にフランスやドイツで帝国に君臨したナポレオン3世やナチスの指導者をはじめ、仏独の多くの政治家や歴史家から、「我が国の偉大な王」という評価を受け、為政者たちが、彫像を作り、あるいは、フランスのナチス親衛隊、SSの名称を、シャルルマーニュ(Charlemagne、「カール大帝」のフランス語名)とするなど、政治的にも利用してきたそうです。

 ナポレオン3世(1852-1870)が皇帝として君臨していたときに発注した彫像は、けれども、でき上がったのは、フランスが共和国となってからでした。彫刻家が報酬を請求するものの、共和国としては、カール大帝の彫像など設置したいという思いもなく、彫像を受け取らず支払いもせずにいたのが、最終的には仕方がないと判断して、報酬を支払って買い受けたものの、共和国としては「大帝」の像を目立つ場所に置くわけにもおかず、それでこんなふうに、あっても気づかれない場所に像が建つことになったそうです。

 グッビオの中世祭りでは、ほかにもいろいろと興味深い話を聞くことができました。

f0234936_754172.jpg

 中世祭りは、10月4日日曜日までで、今日、2日金曜日からは、中世の市、Mercato Medievaleも始まりました。

 講演やコンサート、中世の書籍の販売など、中世祭りの催しもまだまだ続きます。中世に興味のある人は、ぜひこの週末にグッビオを訪ねてみてください。10月4日は、アッシジの聖フランチェスコを記念する祝祭日であり、聖フランチェスコも中世に生きた聖人だということで、4日には聖フランチェスコに関する講演も二つあります。

*******************************************************
Vicino alla Cattedrale di Notre Dame di Parigi,
c'è la statua di Carlo Magno nascosta tra gli alberi,
perché era voluta e commissionata dall'Impero di Napoleone III,
la Francia repubblicana pagò lo scultore a malincuore
ma certo non voleva collocarla in un luogo importante.
Molto interessante il discorso del prof. Alessandro Barbero,
ieri al Festival del Medioevo​ e anche quelli degli altri autori.
Sempre a Gubbio oggi è iniziato anche il Mercato Medievale.
Festival & Mercato del Medioevo fino a domenica 4 ottobre!
*******************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- Corriere.it – La sfida di Carlo Magno e il destino dell’Europa. I cantastorie dipinsero il suo regno come un’età dell’oro Gli storici francesi e tedeschi si contesero la sua eredità – Barbero Alessandro (17/10/2004)
- Festival del Medioevo - HOME
- Mercato Medievale di Gubbio

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
Notre Dame de Paris
- ノートルダムの塔の上から1 / Dal campanile di Notre Dame – Parte 1 (14/6/2012)
- ノートルダムの塔の上から2 / Dal campanile di Notre Dame – Parte 2 (14/6/2012)
Gubbio, Assisi & San Francesco
- グッビオ中世祭り / Festival del Medioevo @ Gubbio (1/10/2015)
- 大好きDon Matteo / Gubbio & Don Matteo (6/2/2012)
- アッシジと聖フランチェスコ、JITRA連載第3回 / Assisi & San Francesco (26/6/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-10-02 23:59 | Francia & francese | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24532604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-17
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

悲しみから喜び、映画 『Sa..
at 2017-12-11 22:28
誕生祝いとイタリア乳がん検診
at 2017-12-10 19:33
日々の奇跡に気づく目を、瞑想..
at 2017-12-09 19:10
曲芸ネコと水鏡
at 2017-12-08 23:57
定期検診でうろうろ、イタリア..
at 2017-12-07 23:32

記事ランキング

タグ

(618)
(529)
(336)
(296)
(220)
(196)
(166)
(158)
(148)
(142)
(138)
(120)
(115)
(103)
(93)
(92)
(88)
(69)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、こちらこそい..
by milletti_naoko at 06:36
まさみさん、ありがとうご..
by milletti_naoko at 06:34
なおこさん、お誕生日おめ..
by calarossa at 02:58
アリスさん、ありがとうご..
by milletti_naoko at 21:38
まほろばさん、お祝いと温..
by milletti_naoko at 21:35

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
Can of Good ...
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク