イタリアで痛みをこらえちゃいけません

 病気やけがの場合は、かかりつけ医に診てもらって、検査や病院の専門医診療ができることになっても、そういう検査や診療は、ひどい場合だと数か月先まですでに予約で埋まっているいうことが、少なくないからです。高額の私費を投じて私立の検査や専門医の診療を受けるのであれば話は別ですが、イタリアの国民保健サービス(Servizio Sanitario Nazionale、SSN)を利用しようとすると、まずは検査の日を待ち、その検査の結果をかかりつけ医に見てもらってから、専門医の診療を手配してもらって、その専門医の診療日までまたかなり待たなければならなくなって、本当に必要なときに、診察や治療を受けることができないことになりかねません。

f0234936_7363751.jpg
Lago Trasimeno al tramonto @ Monte del Lago 31/10/2015

 精神的な苦痛の場合も、自分一人で抱え込んで、相手が察してくれるだろうと期待せず、だれかに何かをされて嫌だったり、こうしてほしいと思うことがあったりしたら、それを感情を爆発させずに、相手に伝える必要があります。日本人は、自らの感情や思いを直接言葉や表情などで表現しない傾向があり、文化的に真情の暴露が厭われる場合が多いために、思いを抑えこんだり、極めて婉曲的・間接的に表現したりする傾向が、世界の多くの文化や民族の中でも、極度に高いということが、比較文化学でも人類文化学でも言われています。

 ただ、日本という枠を飛び出して、イタリアという異国にいるのですから、「日本ではこうだから」と、別の慣習や行動パターンを持つイタリアの人々に対して、日本でと同じようにふるまって、「察する心や配慮に欠けて、分かってくれない」と憤るのは見当違いであって、「日本人は、国民性として、自分の希望や思いを率直に表現できない傾向があるのだ」ということを親しい人には告げて、知ってもらった上で、なおかつ、「これはこうしてほしい」、「これは嫌だ」という点は、相手と場にもよりますが、はっきりと相手に伝える必要があります。

f0234936_7353818.jpg

 わたしは日本に暮らしていた頃は、教員という職業柄もあり、また勤めた二つ目、三つ目の高校は教員の平均年齢の若い学校で、若手でも意見を言いやすく、校長や課長・主任が耳を傾けてくれたということもあり、日本人としては、自分が思うことをはっきりと口にする方だったと思います。実際、職員会議でよく発言をしていたために、校長からは、「石井さんは時々小石を投げるからね」と笑いながら言われたことがあります。その頃、ちょうど受験対策として理系クラスの現代文の、ただでさえ少ない授業時数を減らそうという動きがあって、わたしは、「国語はすべての教科の力、思考力、生きる力の土台となる」という考えから反対を唱え、でもそう述べたのでは受験に焦点を絞りすぎた先生たちには伝わるまいと、「小論文で述べる力も、理系科目の授業内容を理解する力も、国語、現代文の力がなければ培われません。」とか、「理系の優れた力があっても犯罪を犯してしまった事件でも、国語を通して、読む力、感じる力、自分自身の頭で善悪を判断する力を培うことをせず、理系科目にばかり力を注いたがために、せっかくの才能や知識を結局は犯罪につぎ込むことになったのではないでしょうか。」と、手を変え品を変え、異を唱えていたものです。

f0234936_737855.jpg

 言いたいことははっきり言っているつもりであった自分が、実は婉曲的に表現することが多いことに気づいたのは、イタリアに暮らし始めてからです。イランの友人に何かを頼まれて断ったとき、まだ恋人だった頃の夫に映画に誘われて断ったとき、わたし自身ははっきりと断ったつもりだったのですが、夫や友人に言わせると、できない理由をいろいろと並べただけで、NOとは言っていないから、断られたとは思わなかったとのことです。イランのクラス仲間には、「どうしてあなたたち日本人ははっきり言ってくれないの」と、共通の日本の友人との間でもそういうことがあったらしく、非難されました。夫の誘いについては、「行けないって言ったのに、いつまでもしつこいな」とわたしはいらだっていたのですが、夫に言われて考えてみると、確かに、映画に行くのが難しい事情をいろいろと伝えただけで、映画に行けないとも行きたくないとも、言っていなかったのです。それは、日本では、はっきり断るのが失礼で、こんなふうに理由を述べて遠回しに「できません」と伝える慣習があるからです。こういう日本独特の文化的慣習については、後にイタリア語教授法の授業で学んだ上に、外国人向けの日本語の入門書にも説明があって、この点に配慮した作りになっています。『NOと言えない日本人』という著作はわたしが日本を発つ前から有名で、全国模試の現代文の問題文にも、取り上げられたりしていましたが、「NOと言っているつもりだったのに、実はNOと直接は言っていない自分」には、イタリアに暮らし、友人や夫とこういうやりとりを重ねる中で、意識するようになりました。

f0234936_7371683.jpg

 肩の痛みについての検査や専門医の診察も、わたしが、「かかりつけ医がそう言うのならば、言われた体操をしていれば治るだろう」とおとなしく話を聞くのではなく、もっと早くから「とても痛くて夜眠れずによく目が覚めるんです」、「体の動きが制限されてしまっているんです」とはっきり主張していれば、もっと早く受けられて、ここまでは悪化しなかったものと思います。幸い昨日キャンセルがあったようで、今日専門医の診察を受けたのですが、10日間のリハビリ体操を処方してもらったものの、なんと体操の空きがあるのは、来年の1月18日からなのです。

 過ぎたことは仕方ありませんし、世の中には、あるいは人間関係によっては、「言うべきではないこと」や「言ってはいけないこと」もあるのですが、そういうわけですから、特に親しい友だちや恋人、だんなさんとの間では、自分が思っていることは、きちんと言葉にして伝えていく、それがイタリアで、相手にも理解してもらい、こちらもしこりを残さず過ごしていくために、大切だと思います。

 肩も検査・専門医診察が遅れたために、悪化してしまい、花粉症対策で使わぬよう心がけていたステロイドの強い薬を、服用する上に、注入までせざるを得なくなってしまいました。自分自身の反省も兼ねて、皆さんにもどうか、必要なときには必要なことが言える勇気を持っていただけたらと思います。

 写真は、先日ご紹介した「桃色の湖」を見た、その同じ日に夕日が沈む頃の写真です。ふだんは穏やかな湖に、激しい風のために荒波が立ち、その波を見ながら、百人一首の次の歌を思い起こしました。

     風をいたみ岩うつ波のおのれのみ 砕けてものを思ふころかな   源重之

 激しい風に荒波が打ち砕ける様子に、自分の心をたとえて詠んだ歌で、この歌では、「風をいたみ」は「風が激しいので」という意味です。波が立っても美しいトラジメーノ湖を見ながら、「肩を痛み(肩が痛いので)」とパロディが作れないものかとふと考えたので、この記事にその波立つ湖の写真を添えています。

**********************************************************
Onde & Tramonto al Lago Trasimeno @ Monte del Lago 31/10/2015

C'è una poesia antica giapponese in cui un poeta innamorato
paragona il proprio cuore spezzato ai frantumi delle onde
sulla roccia dovuti al vento violento.
L'ho ricordata mentre ammiravo le onde del Trasimeno
che ha un altro fascino con forza e impeto.
**********************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 片づけと健康1、モンテカサーレの庵 / Eremo di Montecasale, Sansepolcro
- 片づけと健康2、整頓か痛みか猫か / Cinquecento & Frigorifero
- 肩ががたがた / Le gemme preziose nere
Lago Trasimeno
- 桃色の湖 / Rosa il Lago
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回/ Andiamo al Lago Trasimeno
- 春のポルヴェーセ島 / Passeggiata nell’Isola polvese

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-05 23:37 | Umbria | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24644370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2015-11-06 13:03
こんにちは^^
今日の内容は、大変濃い内容ですね。
医療のことに関しては、日本でも(自らの感情や思いを直接言葉や表情などで表現しない傾向、文化的に真情の暴露が厭われる場合が多い等)などを考慮しても、一般的にお医者さんを目の前にして、なかなか意見が言えないというのは多いと思います。自分の身体のことだからはっきり言えればいいのですが、「お医者様」という思いがどこかあるのかもしれません!
私もそれで、失敗したことはあります。でも、気が付いたところから修正すれば、必ずよくなると思います。そして、それを経験としてこれかの人生にいかせることが出来るのでいいことだと思います。
私も、最近は、夫婦であっても言わなければ理解してもらえないことがたくさんあると思い、遠慮しないで言うべきことは言うようにしています(笑)
その方がより人生を豊かに生きられるという思いが強いです。

百人一首の和歌、なかなかイイ場面で思いだされてますね。

どうか、一日でも早くよくなりますようにお祈りしています♪
Commented by miwa at 2015-11-06 17:14 x
なおこさん、お久しぶりです。肩の痛み本当にお気の毒です、どうぞ無理をされない様過ごしてくださいね。なにか体に不調があるとき医者がすぐ手の届くところにいるという状態で育った私達日本人にとって、イタリアの医療サービスには頭を悩まされますね。私も数年前、まだ日本でイタリア語の勉強に夢中で取り組んでいた時首が急にある程度しか回らなくなり、たまに首から頭部にかけて激痛が走る時があって内科や脳神経外科などで色々検査もしたけどどこも異常ないと言われ・・・仕事でも長時間パソコン作業、帰ってからも家でよなよなパソコンに向かっていて凄い眼精疲労になっていた事にふと気が付き、生活改善しました。目の疲れだけでなく、睡眠不足も伴っていたと思います。
脳神経外科で神経の痛みをとるような薬を処方してもらって少し飲んでいたと思いますが、なるべく体を動かすように努めてました。最終的に確信したのは逆立ち体操です。もちろん状態によって向き不向きはあると思いますが、逆立ちをする事で血液の循環もよくなるし、お通じも良くなるし、私はダイエット効果もありました。こちらにきて数カ月浴槽のない部屋に住んでいた時は数日おきにしていました。おかげで今のところ何の問題もないですが、自分にあう健康法をしっておくのも大事な事だと思ってます。
私もどちらかというと率直に意見をいうタイプですが、それでもイタリア人にはかなわないなあと思う時があります。先日初めてスイスにいったんですが、主人から聞いていた通り町はきれいで電車やバスも時間通りに来るし日本に似ているなあと感じたんですが、何故かそれとはほぼ正反対のイタリアが恋しくなりました。人間関係でも恋愛関係でも自分にない物を求める様に、私にとってはこの国が興味深いんだろうなあとあらためて感じているところです。
Commented by kazu at 2015-11-06 17:41 x
なおこさん、おっしゃること、とても納得します。日本では、阿吽の呼吸やら、最近では空気を読むという言葉まで社会的に認知されてきましたが、やはり言葉で伝えないと取り返しの付かない誤解も出てきますものね。私などは、まっいっかで何でも済ませようとするので、今日のお話は耳が痛いです。

それと件の歌にはクスクスと笑いました。私も本歌取り〜毎日唱えていた歌があります。忍ぶれど 色に出にけり我が痛み、ものや思ふと 人のとふまで〜と笑。お気持ちとても良く分かります。
Commented by mitsugu-ts at 2015-11-08 05:40
こんばんは、イタリア人と日常的にやりとりする一人として、とても興味深い内容です。おっしゃるように日本語コミュニケーションには湾曲的な表現が多いのに加えて、日本では我慢すること自体が美徳と見なされている傾向があるように思います。どこかでいちど我慢して苦しまなくては幸せになってはいけないという意識が、伝統的な民話や名作と呼ばれる映画や小説を通して根付いてしまっているように、僕からは見えます。

断り方については、こちらの先生のエッセイがうまくまとめていると思います。もうご存知の事かもしれませんが、お時間がありましたらご一読ください。そして何より、お大事に!https://www.nihongokentei.jp/amuse/essay/w_14.html
Commented by milletti_naoko at 2015-11-09 02:55
アリスさん、こんばんは。お医者さんも人間だから見逃しはあるでしょうし、最近は医療も専門化が進んでいて、自分の担当する専門に直接関わらない病気にうっかり気づけず進行してしまうという場合がありやすいのではないかと思います。最悪の、極端な場合では、うちの母はそのために病院にずっと通院していたにも関わらず病気の発見が遅くなってしまいました。もう30年近く前の話ではあるのですが。やはり、気になることははっきり言うことが大切だなとつくづく感じました。

日本人どうしでも、やはり人によって同じ言葉や行動の受け取り方や好みも違うので、夫婦でも言わなければ分かってもらえないということがあるのですね。わたしも、そうやってお互いにどんどん言い合っていくのが、結局はお互いの関係を、いっしょに過ごす毎日をよいものにするために、大切だと思います。

いつもお優しいお言葉をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-11-09 03:07
みわさん、温かいお言葉をありがとうございます。首や頭部は、とても大切なところですから、それは大変心配をされたのではないでしょうか。ご自分で気づかれて、生活改善や逆立ちなどによって快方に向かったようで、本当によかったですね。わたしも日本で、いつだったか腰か足の痛みで整形外科に通ったのに、いろいろ検査しても分からず不安に思ったことがあったのを漠然と思い出しました。肩の痛みは、オリーブ収穫を手伝ってくれた友人も、それぞれがひどい痛みに苦しんだ経験があったり、あるいは今も格闘中だったりしたのですが、それぞれお医者さんのみたてが違ったり、ある朝突然肩が動かなくなって救急病院に駆けつけたという友人がいたりして、難しいなと感じました。ありがとうございます。わたしも麻酔・消炎剤の注入と消炎鎮痛剤のおかげで、肩の機能の回復を図るためのリハビリ体操や、これまで痛みで難しかった家事ができるようになったので、ここぞとばかり必死にいろんな体操を続けています。夫はあきれていますが、なにせリハビリ体操の予約が2か月半先ですので、できる範囲のことをしたいと考えています。今日も久しぶりにアイロンがけをしながら、意外と肩のいろんな筋肉を使うのだなと感心しました。

みわさん、わたしも最近は何となく、ゆるやかに人間らしいイタリアの電車やバス、時間感覚、そうして、しっかりする自己主張にすっかり慣れて、そのゆるやかさが困るなと思うときもありつつ、いいなと感じるようになりました。お互いに郷に入って、郷に従ってきているということでしょうか。
Commented by milletti_naoko at 2015-11-09 03:17
かずさん、あうんの呼吸や空気を読むで、かつて日本の高校で、現代文の問題作りに苦労したのを思い出しました。小説や評論の文章を土台として、書かせる問題が多い中、わずかながら選択肢で、「筆者の言わんとすること」や「登場人物の心情」などを選ぶ問題も入れなければならず、初めて勤めた学校で、自分が作った問題を、先輩の先生方の作った問題と共に、細密に検討していくのですが、「石井さん、これは私、ウよりもアの方が正解だと思うよ。」という指摘も時々ありました。文章中に記載がある言葉や文から、確実に導き出せることだけ、問題にするのであって、そのつもりでも、同じ国語の教員同士でも、読みが分かれるときがあったのです……

おっしゃるように、周囲の状況や文脈・空気に頼っていては、自分の表現力と相手の理解力いかん、考えや育ちの相違によっては、とんでもない誤解に発展する可能性は日本でもありますから、注意が必要ですね。

かずさん、そのパロディ、いいですね!! 座布団10枚、いえ、20枚!! わたしも、「会うたびに体の不調を口にするような人ではありたくない」と思うので、あえて言わないのですが、「どうしてそういう姿勢をしているの」とか「顔をしかめたの」と聞かれて、言及せざるを得ないことがたまにあります。
Commented by milletti_naoko at 2015-11-09 03:31
みつぐさん、比較文化の授業では、ほかにも書店で注文した本がないときの店員の対応が、イギリスとイタリアで大きく異なるなど、いろいろと興味深いことをたくさん学びました。我慢が美徳は、かつてのスポ根漫画でも、そうですよね。

断り方は、そうやってすでに自分で、あるいは大学で学んだことや、日本語の教科書自体の説明をもとに、教えていたのですが、また時間のあるときに、リンク先のエッセイを拝読しますね。リンクをありがとうございます。そうそう、とある英語で書かれた著名な外国語教授法の本の冒頭に、こんな話が書かれていたのを覚えています。ある英語学校で予定されていた遠足の日に、雨が降ることが確実になり、あるヨーロッパの国の生徒たち(北欧の国だったような)は声高に中止を求めたものの、日本人生徒たちは何も言わずに状況を見守り、イタリア人生徒たちが「雨天でも決行」と強硬に主張したため、結局は雨天決行となりました。遠足の当日は、予期されていたように雨が降り、イタリア人生徒は一人も姿を見せず、怒りでいっぱいのヨーロッパの他国の生徒たちと、穏やかな顔の日本人生徒たちだけが、雨の中、遠足に参加したというそれぞれの文化や国民性を表しているのですが、そんなふうに「日本人が考えや感情を表に出さない」ことは、外国語教育・研究の欧米の研究でも、かなり頻繁に取り上げられていて、興味深いです。
Commented by suzu-clair at 2015-11-11 00:15
しばらくご訪問できず、
大変遅れてのコメントですが、
とても興味深いお話だったので、こちらにも・・・^^

日本人の感情や思いを直接的に表現しない傾向、
本当に、他国と比べて、とても特徴的ですよね。
私は、そういう日本人の気質は、
良い部分もあり、また、やっかいな部分でもあるな、とも思います。

私は不器用でバカ正直である性分と(苦笑)、
また、最初に就職した会社が日本人より外国人のほうが多かった環境だったせいか、
若いころはなんでも思ったことを口にしてしまうようなところがあり、
田舎に戻ったとき、
家族や周りの人と、あまりにコミュニケーションの取り方が違ってよくぶつかったり、とまどったりしました(笑)。
田舎の人は、よく言えば我慢強いですが、
ときに、理不尽な状況下でも、「なんで黙っているんだろう…」とイライラしてしまったり^^

断りをはっきり言わないのは、
よく言えば、相手を傷つけたり、気まずくならないよう思いやってのこと、
とも言えるのですが、
ときにそれは、嘘やごまかしとなってしまって、
本当の思いやりではないこともありますよね。

日本人は、自分の主張だけを攻撃的に強引に通そうとするということを避け、
相手の気持ちを推し量ろうとする思いやりと秩序を大切にする気質を持っている点は、
私はとてもよい部分だなと感じるし、
大切にしていきたいのですが、
主張を押し殺してがまんしたり、自分が傷つかないためにその場しのぎをするような、
履き違えた思いやりではなく、
本当に他者と自分を大切に考えた意見の述べ方、接し方ができるといいですよね。
私の目指したいところです^^

なおこさん、その後肩の具合はいかがですか?
どうぞお大事になさってくださいね。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-17
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

笑顔いっぱい韓国作品、アッシ..
at 2017-12-17 22:41
白雪かぶるテッツィオ山とミジ..
at 2017-12-16 23:22
おいしくてやがて悲しい冬の夜
at 2017-12-15 23:17
天気きまぐれ 昨日のペルージャ
at 2017-12-14 23:27
ヴァッザーリと言われても、イ..
at 2017-12-13 22:19

記事ランキング

タグ

(620)
(529)
(336)
(298)
(220)
(198)
(166)
(159)
(148)
(143)
(138)
(120)
(115)
(104)
(94)
(92)
(88)
(69)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

snowdrop-mom..
by milletti_naoko at 00:46
アリスさん、ありがとうご..
by milletti_naoko at 00:42
coimbraさん、オー..
by milletti_naoko at 00:40
こんばんは。 わが家で..
by snowdrop-momo at 20:29
なおこさん、ミジャ―ナの..
by ayayay0003 at 19:50

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
Can of Good ...
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク