歯医者より痛いイタリア肩療治

  歯医者より痛いイタリア肩療治
  使わぬと錆びる体と外国語
  bravaと聞いてもつらい鯉気分

f0234936_9355787.jpg

 腱炎をかばって右の肩や腕を動かさなかったために、肩と腕が妙に癒着してしまい、右腕を上がると、肩もつられて上がり、一定以上には肩が回らず上がらない状況であることが判明しました。運動機能回復訓練専門医(fisiatra)にそう診断を受け、何か月も待っていられないので、国民保健サービス(SSN)を通さず、鎮痛消炎・麻酔剤の週一の注入を受け、リハビリに通っています。一番早く診てもらえて、SSNと提携しているところで専門医の診療を受けたら、それがたまたまカイロプラクティック・センターだったので、リハビリもこのセンターの理学療法士(fisioterapista)かつ整体師的資格(イタリア語ではosteopata)を持つ若者にお願いしています。自力では肩から引き離せず、動きが制限される右腕の、可動域がより広がるようにと、この療法士さんが、「今度はちょっと拷問(tortura)に近くなるけれど」と、警告をしてくれつつ、力づくで回したり、伸ばしたりしてくれるのが、わたしのためとは知りつつ、ひどく痛くて、何だか俎上の鯉のような気持ちで臨むのでありました。さらに、鎮痛消炎・麻酔剤の注射と薬の服用にも関わらず、翌朝までひどい痛みが続くのです。

 それでも、日本人のわたしは、ほかの人に比べると我慢強いらしくて、「まだこれ以上腕の痛みを増やすというのか」と必死に耐えていると、「えらい、えらい」(Brava, brava!)としばしばほめてくれるのですが、と言うよりは、慰めてくれるのですが、そうほめられても、あらもっと痛くなるのかしらと、かえって緊張感が高まるのでありました。

 今日は三度目、最後の薬剤注入に出かけました。先週注入した薬の効果が切れかけていた上に、今週月曜からは服用するコルチゾンの錠剤も半分になり、さらに昨朝はリハビリ荒療治があったので、「注射は嫌だけれど、打ったら楽になるだろう」と考えながらうちを出ました。先週は予約が午後5時で、暗い中の運転に自信がなかったので夫につきそってもらったのですが、今日は自分一人で行けるようにと、予約は午後3時に取り、夫が「必要とあればつきそうよ」と言ってくれるのを、「一人で大丈夫だから」と、自ら運転して出かけました。ハンドルを大きく回す必要があるとき、右肩がひどく痛むことになるのですが、幸いオートマ車なので、専ら左手・左腕を使って運転できるのです。

 これまでは注入が終われば、はいそれまでだったのが、今日は最後の注入だということか、予期に反して、運動機能回復訓練専門医が、理学療法士よりもさらに痛みのひどい方向に、しかもかなりの角度に、かなりの間腕を回したり、伸ばしたりしたのです。そうして、わたしはどちらかというと我慢強い方であるつもりで、尾てい骨が折れても、隣家の犬に噛まれて数針縫うことになっても、ぎっくり腰になっても、歯を食いしばって我慢していたのですが、今日は途中から、あまりにも痛みがひどいので、専門医が鎮痛剤を、センターの人が保冷剤をくれて、しばらく廊下で安静にしていても、あまりに痛むので思わず涙が出てしまうほどでした。鎮痛消炎・麻酔剤を注入したばかりだというのに、二つの腱の炎症がどちらも悪化したためか、腕も肩も焼けつくように、中に刃物があるかのように痛むのです。しばらくすると、痛みが頂点を過ぎたので、痛む右腕をかばいながら、何とか運転して帰宅しました。

 幸い、シャワーを浴びて温水をかけると、痛みが和らぎ、夕食は夫が準備してくれたので、肩を休めていたら、だいぶ楽になりました。腱炎があるからと、長い間かばいすぎて、腕と肩の癒着が進んだ上に、腱自体も弱くなってしまっているのではないかと、専門医が心配してくれていました。実際には腱炎は、動かさないとかえって悪化・変性してしまうのであって、わたしの場合は、さらに肩全体の硬化や癒着をもたらしてしまったようです。

 専門医によると、病名はcapsulite adesiva(癒着性関節包炎)です。調べると、別名をspalla congelata(凍結肩)と言うとあります。日本語で言うと、狭義の「五十肩」にあたるようです。日本では、「五十肩」という言葉が広義で使われることが多く、肩関節をとりまく様々な痛みの総称がこうなっているようで、ただし、日本で保険病名として認められているのは「肩関節周囲炎」であり、一方、五十肩・凍結肩は、保険病名として認められていないとのことです。「正確な統計ではありませんが、広義の五十肩は一般集団における有病率は約2%、そのうち実際には4分の1程度が凍結肩だろうといわれています。」ということですから、凍結肩の罹患率は一般集団においては約0.5%ということでしょうか。(下記リンク参照)

 若い頃から肩の痛みや肩こりに悩まされることが多く、今回も我慢していれば、腱炎も肩の痛みもそのうち収まると思っていたら、悪化してこんなことになってしまいました。わたしの場合、きっかけは、車庫を開けるために無理な動作を続けて、腱を傷めたことでしょうが、そもそも長年、仕事でもうちでも机やパソコンに向かうことが多く、五十が近づいていることもあって、腱炎をかばう間に、組織の変性や拘縮・癒着が進んでしまったのではないかと思います。今日は専門医は手術にも言及していましたが、うちでもセンターでもリハビリ訓練に努め、日頃の生活でも姿勢、そうして、できるだけ体を動かすように注意をしていけば、手術せずとも、少しずつ腕と肩の可動域が広がり、元のように動かすことができるようになるものと信じて、頑張るつもりでいます。

 働くばかりで休まないと、病気で休まざるを得なくなるという英語のことわざがありますが、日頃から体を動かすようにしていないと、結局は痛みのために、体を動かさざるを得なくなる、そういうこともあるのだなと、つくづく反省しています。ブログを読んでくださる皆さんの中には、わたしのように、ついパソコンの前にいる時間が長くなってという方もおいでだと思います。ずっとパソコンの前にいないで、家事や体操を間にはさみ、パソコンに向かうときの姿勢にも注意して、どうかいつまでも痛みのない状態で、毎日が過ごせるようにしてくださいね。

******************************************************
“Carpa sul tagliere”(まな板の鯉 ‘manaita no koi’)
così si dice in giapponese
una situazione in cui ci si trova in balia dell’altro
senza via di scampo e si aspetta il peggio.
In questi giorni mi sento così
quando devo stendermi sul lettino davanti all’osteopata.
E’ bravo, gentile e so che mi farà gran bene il trattamento
ma durante e dopo mi fa molto molto male
la mobilizzazione passiva della mia spalla congelata.
Poi ieri il trattamento della fisiatra era ancora più atroce,
ma grazie ad esso ora il mio braccio si muove un po’ meglio.
Per fortuna, diversamente dalla carpa sul tagliere
questi trattamenti dolorosi mi aiutano a recuperare la mobilità
della spalla ed eventualmente a diminuire il dolore.
Dunque, coraggio!
******************************************************

関連記事へのリンク
- 片づけと健康1、モンテカサーレの庵 / Eremo di Montecasale, Sansepolcro
- 片づけと健康2、整頓か痛みか猫か / Cinquecento & Frigorifero
- 肩ががたがた / Le gemme preziose nere
- イタリアで痛みをこらえちゃいけません
- -iteはいてえよイタリア語
cfr. capsula f. 包、capsula articolare 関節包 → capsulite adesiva 癒着性関節包炎

参照リンク
- Luca Barni. Osteopatia Posturologia Fisioterapia – La capsulite adesiva
- 肩こり研究所 - 五十肩の原因・症状・治し方① 五十肩とは? 治すための予備知識編
- 肩こり研究所 -五十肩の原因・症状・治し方② 五十肩の病期に応じた効果的な治療方法 ~肩が痛くて1ヶ月以上通院しても改善しない方へ~
- サルーテカイロプラクティック - 棘上筋腱炎(腱板炎の中で多い)と上腕二頭筋腱炎(長頭)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-19 23:59 | Sistemi & procedure | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24689981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2015-11-20 11:41 x
なおこさん
こんにちは。
私も50肩になったことがあります、上にも
後ろにもあがらず苦労しました。
ちゃんと診てもらってのリハビリ
大変でしょうが頑張って下さいね、日頃から
痛みにたいして我慢強いと無理になって
いるのでしょうね、私も目に悪いので
パソコンとスマホを長い時間しないようにと
心がけていますの。
早く楽になられますように。
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2015-11-21 09:12
ムームーさん、こんばんは。ムームーさんも五十肩で苦しめられたのですね! 肩が痛むのは昔からよくあったので、今回もそんなものかと思っていたら、こんなことになってしまいまいした。荒療治はつらいですが、最近の研究結果では、体操だけよりは可動域を取り戻しやすいとのことで、勇気を出して臨むつもりでいます。

やっぱり何事もほどほど、そうして正しい姿勢などに気をつけることが大切だなとつくづく思いました。お優しいお言葉とお心遣いをいつもありがとうございます♪ ムームーさんも、どうかお体を大切にお過ごしくださいね。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

地震の被害は美しい水の里にも..
at 2017-07-21 23:59
打倒チェーザレ・ボルジア、密..
at 2017-07-20 23:59
カリオストロの城、サンレオと..
at 2017-07-19 23:59
ペルージャ発 なおこの絵日記..
at 2017-07-18 23:59
畑の彩り夏野菜とアーティチョ..
at 2017-07-17 23:59

記事ランキング

タグ

(565)
(499)
(308)
(266)
(207)
(185)
(158)
(153)
(144)
(130)
(128)
(114)
(109)
(93)
(88)
(86)
(84)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

なおこさん、昨年のイタリ..
by ayayay0003 at 14:40
fukusukesanさ..
by milletti_naoko at 19:52
アリスさん、カッリョスト..
by milletti_naoko at 19:34
鍵コメントの方へ、こちら..
by milletti_naoko at 18:53
fukusukesanさ..
by milletti_naoko at 18:48

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から

外部リンク