凍るイタリア解けゆく肩

 今日は朝から激しい北風が吹き荒れて、かなり重い植木鉢がなぎ倒されて、割れてしまうほどでした。今日も明日も、ペルージャでは最低気温・最高気温がそれぞれ3度・5度という予報が出ていて、すでに、「うちの外は冷蔵庫」という感があるのですが、日曜・月曜には最低気温が零度になるとかで、大気はさらに冷え込みつつあるようです。

 一方、わたしの凍結肩は、10月にかかりつけ医に診てもらった時点で、夜中に腕と肩が痛んで目が覚めるという状況だったため、今治療やリハビリをしても、効果がある時期なのかどうかという不安がありました。最近は、ごくわずかずつですが、以前に比べて、腕が動かせる範囲が広がり始めたという変化を感じています。今朝もカイロプラクティック・センターで、徒手療法を受け、リハビリ体操をしたのですが、今までは指が入らなかった肋骨の間に、今日は指が入るようになったので、それだけ柔軟さが戻り始めていると言ってくれました。

 実は、専門医に診察してもらって、投薬やリハビリ・徒手療法が始まる前から、マッサージに通ったり、薬草療法を試みたりしている上に、エゴスキューの肩の体操も続けています。日本語や英語・イタリア語の論文や記事を読むと、実は、狭義の五十肩、もとい、凍結肩・癒着性関節包炎は、いまだにこれが必ず効果があるという決定的な療法は打ち出されていないようです。ただ、最近の記事に、自分で体操をするだけよりは、徒手療法も受けた方が、腕・肩が動く範囲が元に戻りやすいとあった上に、今、着実な療法の効果を感じているので、1時間20ユーロの出費は痛いけれども、大切な自分の体のためなので、これからも、毎週1・2度、通うつもりでいます。

 鎮痛消炎・麻酔剤の注入はすでに三度受けたのですが、かかりつけ医によると、「ステロイド注入は軟骨に害を与えるので多くとも三度まで」ということなので、次回の診察時に、万一「注入しよう」と言われても、断るつもりでいます。

f0234936_7484783.jpg
Lago Trasimeno gelato, Monte del Lago 14/2/2012

 写真は、2012年2月に、約30年ぶりに凍ったというトラジメーノ湖です。

********************************************************
Foto: Lago Trasimeno gelato, Monte del Lago 14/2/2012

Domina una tramontana violenta
e si avvicina il freddo polare.
Grazie a diverse cure, la mia spalla congelata si sta sciogliendo
con passo lentissimo ma percepibile.
Ho grande voglia e bisogno di andare alle terme...
********************************************************

関連記事へのリンク
- 歯医者より痛いイタリア肩療治 (19/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-26 23:49 | Altro | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24712204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-11-27 08:25
なおこさん、おはようございます^^
そちらは、ずいぶん冷え込んでいるようですね!
こちらも、ようやく冬本番がやってきつつあります。
日中の気温、それでも13~14度ありますが・・・
今までが異常にあたたかかったので、少し身体が慣れないので例年と同じくらいなだけですが寒く感じます!
寒くなると肩の痛みが増してくるのではないかと心配してましたが、少しではあるけれどよくなりつつあるということで少し安心しました。
マッサージが効いてよかったです。最近は、少しくらいは動かした方がむしろどこの炎症でも治る方向へいくようなのでそうかもしれませんね。
寒さ厳しい折、お身体ご自愛くださいませ(^^♪
Commented by Sabio at 2015-11-27 18:36 x
なおこさん、こんばんは。
いつもご訪問&イイネをありがとうございます。
イタリアの美しい景色、美味しそうなご馳走、語学や文化について楽しませて頂いています。

私も四十肩・五十肩を経験したので、なおこさんの辛さはよく分かります。
いずれも冬に発症し、四十肩は半年ほどで治りましたが、五十肩は一年以上かかってようやく治りました。

整形外科にもかかりましたが、ダメでした。
肩こりが酷く、かかりつけの整体院でのストレッチ&マッサージで涙が出るほど痛い時もありましたが、薄皮をはがす
ように段々良くなっていきました。

肩甲骨まわりの可動域が非常に狭くなり、放置していると
本当に動かなくなってしまうので、痛くても動かした方が
良いみたいです。
体を冷やさないように貼るカイロで温めたり、お風呂でよく
温まるのが良いと思いますが・・・そちらの湯舟では無理かな?
お大事になさってくださいね。

ヒュー・グラントの記事を拝読してビックリ&羨ましい!
私、ファンなんです。でも最近は日本で上映される作品がなくて残念です。
Commented by miwa at 2015-11-27 21:09 x
なおこさん、少しでも回復の兆しが見えた様でよかったです。なおこさんの書かれる記事のファンとして、いつも熱心に情報を提供されるがゆえ無理をされたのかと想うと是非是非エールを送りたいです。私達の体は頑丈なようで繊細な面もあると思います、どうか無理はされない様にたまには「さぼる!」という事も治療にされてください。たまに書かれる瞑想講座の記事、私も直子さんの言葉を通して勉強させてもらっています。今でもたまに、バールの人の応対の善し悪しで気分が高揚したりその逆だったり、そう振り回される自分に落ち込んだりすることもあります。主人からよく「たかだかバリスタでしょ?自分の親兄弟、友達から悪い対応されるなら考えるところだけど、肝心なのは美味しいコーヒーを飲むことだから!」となだめらることもあるけど、自分の語学力の無さを感じて自分に自身がないから一喜一憂するのか、考えすぎなのか・・・と悶々とする時あります。そろそろ相手に求めるのではなく、自分の中にぶれない何かをみつけたい!と思う今日この頃です。それでもイタリア人の笑顔が大好きです。
Commented by Mehreenkhan at 2015-11-28 00:26
なおこさん、こんにちは。
イタリアでは冬なのですね。冷えるとやはり肩や関節など痛くなってくることだと思います。私も四十肩を早々と経験しました。現在住んでいるお友達のお医者さんからはコールドショルダーと言われました。この呼び名の方がいいですね(笑)今ではほとんど治っています。

一つ試してみてください。鎖骨の下に親指を当ててグッと押してください。その時に肩を少し前にするとくぼむところです。5分ほど押した後に今度は鎖骨の上のくぼんだ部分を強めに押してください。ちゃんとポイントが押すことができていれば同じ側の腕がピーンとしびれてくると思います。5分間程じっと。そのあとパッと話すと血流で一瞬暖かくなったのを感じると思います。それをなんどか繰り返すと、肩の痛みも少し楽になると思います。少しでも楽になることを願っています。
それでは失礼します。
Commented by milletti_naoko at 2015-11-28 21:55
アリスさん、こんにちは。今朝から毎日朝は零度という日が続くようで、イタリアでは冬将軍が猛威を振るっています。日本はまだ、そんなに暖かいんですね!

ありがとうございます。薪ストーブの火の遠赤外線も肩にいいようなので、時々肩をストーブに寄せて温めています。アリスさんも、どうか風邪などお引きになりませぬよう、お体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2015-11-28 22:04
Sabioさん、こちらこそありがとうございます。Sabioさんのカメラと瞳が切り取られる日本のはっとするほど美しい表情に、感動しています。

四十肩と五十肩、二度も体験されるとは、本当に大変でしたね!! 五十肩はしかも1年以上回復にかかったなんて…… わたしも今は肩甲骨の周囲が癒着してしまっていて、肩甲骨の体操など、自分でエゴスキューの肩の体操を試みるのですが、左右の骨の動きや位置がかなり違うのに驚き、焦り、これは地道に体操とリハビリを続けなければと感じています。

やっぱり温めるのがいいようですね。朝は一番にシャワーで温め、最近は薪ストーブでも温める他に、薬局で肩を温めるのにうってうってつけの商品を見つけて買って、重宝しています。ありがとうございます。それだけ大変でも、動かしていけば、時間がかかっても快方に向かうのだと、実際に体験された方から聞いて、とても心強いです。

ヒュー・グラント、お好きなんですね! そうなんです。わたしは見たことがまだないのですが、ひょっとしたら、これからもうちの前を通る機会があるかもしれません。わたしも、以前、彼が主演の映画がとても好きでした♪
Commented by milletti_naoko at 2015-11-28 22:31
みわさん、お優しいお言葉をありがとうございます。一時は鉛筆を持つのもつらいという時期があったのですが、その頃に比べると、今はずっと楽になりました。ただ、いつまでもずるずると鎮痛剤を服用しては体にもよくないので、回復のために体操に励みつつも、鎮痛剤に代わるものを探さなければと考えています。

イタリアではわたしたち、外国人であるということもあって、応対に嫌な気分になることはありますよね。自分が自分に自信を持っていれば、おっしゃるように「ぶれない何か」があれば、ゆったりと、そういうときでも構えていられそうに思うのですが、なかなか難しいですよね。わたしもイタリアって、いろいろあってもいい国だなと感じています♪
Commented by milletti_naoko at 2015-11-28 22:44
Mehreenkhanさん、こんにちは。おっしゃるようにこういう痛みは、寒いときにひどくなりがちのようですね。Mehreenkhanさんも四十肩を経験されたんですね! イタリア語の病名に対応する英語はfrozen shoulderのようですが、確かに凍ると冷たいですものね。ほとんど治ったとのことで、本当に何よりです。

ありがとうございます。さっそく試してみますね。薬草療法、エゴスキュー、温熱療法と、よさそうなものは何でも試しているところなので、ありがたいです。
<< 新オリーブオイルの季節、トレー... 薪ストーブがやって来た >>