痛む肩熱で癒せる便利品

 日本に暮らしていた若い頃から、しばしばひどい肩こりに苦しんでいたわたしは、日本に戻るたび、イタリアでは見つけるのが難しそうなピップエレキバンやホッカイロを買い込んでいました。サロンパスも昔は時々愛用していたのですが、いつだったか長期間利用して肌がむれて以来、購入するのをやめました。

 最近は、癒着性関節包炎、狭義の五十肩の痛みが、温めると和らぐので、シャワーで温めたりしていたのですが、先日スーパーで買い物をしていて、「これは肩を温めるのによさそう!」という商品を見つけました。ただ、健康商品は、薬局の方が種類が豊富だろうと、買う前に薬局を訪ねることにしました。

f0234936_7405654.jpg

 そうして、薬局でこちらの商品を見つけて、薬剤師さんに説明を聞き、購入しました。日本語では「ホット/コールドパック」と呼ばれるようなのですが、このジェルパックもcaldo(熱い)、freddo(冷たい)と書いてあるように、凍らせて保冷剤として使うこともできるし、熱湯や電子レンジで温めて、温熱剤として使うこともできます。

 痛む部分に当てると、熱がじわじわと患部を温めて、痛みが和らぎます。立っているときは、肩の上に置くと安定が今一つで、肩に重いなというときもあるのですが、ソファーにゆったり腰を下ろしているときや、就寝時は、体重をかけた肩の部分の下で、温水パックの形が肩に優しく合い、温泉で温まるときのように、じんわりと熱が肩から、体全体に行きわたっていくような気がします。ホッカイロと違って、ジェルが入ったパックの袋が破れてしまうまでは、何度も繰り返し使えるところが、財布にも環境にも優しいのも、ありがたいです。そうして、肩が温まると、足元も不思議と、Sole mioなしでも自然に温まるのです。血液が温まって循環して、全身を温めるからでしょうか。

f0234936_7411283.jpg

 わたしが購入したジェルパックは、イタリアの薬局で、こういう箱に入って売られていました。箱に入っていて、ジェルの大きさやパックを入れる袋がどうなっているかが分からないので、購入前に、薬剤師に中身を見せてもらいました。

 どなたかのお役に立てばと思い、参考までに、アマゾン日本・イタリアのサイトにある類似商品へのリンクを付しておきます。うちにはレンジがないので、熱湯を沸かして温めています。

*********************************************************************
Il calore piacevole
avvolge la spalla, allevia il dolore e attiva anche la circolazione! Sono molto contenta di aver comprato questo gel caldo-freddo :-)))
*********************************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- Amazon.co.jp - スリーエム コールド/ホットパック 2パック入り ベルトケース1個付き 1570BT
↑↑ わたしのパックは240mm x 110mmで、こちらの商品は250mm x 100mmとのことなので、大きさはほぼ同じです。
- Amazon.it - GHIACCIO BUSTA GEL BLU caldo freddo DISPOGEL riutilizzabile cm 11x26 GH049
- Amazon.it - TASCA PER GHIACCIO BUSTA GEL BLU caldo freddo DISPOGEL riutilizzabile GH060

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- Ambiente Bio – Spalla congelata: sintomi e rimedi naturali per alleviare i dolori (10/12/2015)
- 歯医者より痛いイタリア肩療治 (19/11/2015)
- 凍るイタリア解けゆく肩 (26/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2015-12-12 23:41 | Altro | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24763200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-12-13 07:47
おはようございます^^
ジェルパック、いいですね(^^♪
私もこれから冬場は、肩コリが酷くなるので、アマゾンでポチろうかと考えました(^_-)-☆
なこさんの肩がこれで少しでも楽になるのなら良いお買いものでしたね!
何でも新しいものは、良いものが出来てるので従来品にこだわることなく使いたいなと思いました。
良いものの紹介ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2015-12-13 07:59
アリスさん、こんばんは。アリスさんも冬は肩こりがそんなにひどいんですね! この商品、外箱の説明も日本語なので、薬局やドラッグストアで探したら、類似品が他にもありそうな気がします。アマゾンはコメントと日本語の商品説明が参考になるかと思って、リンクを貼りました。ちなみにわたしのジェルパックは、熱湯で5分で温めることになっています。店頭で、値段や大きさ、温めるのに必要な所要時間などを比べてみるといいかもしれません。

どういたしまして。家で湯船につかれないわたしには、眠るときに、肩までお風呂につかっているような錯覚も味わえて、お気に入りです♪
Commented by butanekoex at 2015-12-13 09:23
おはようございます。
肩こり、私は若かりし高校生の時分からの付き合いです。
接骨院や肩こりグッズに肩こり体操、いろいろ試しましたが
一向になおりません。
このようなジェルパック、知りませんでした!
さっそく薬局に行ってみようかと思います。

面白いとおもったのは、イタリアでは
「caldo(熱い)、freddo(冷たい)」
って意味なのですね。
コールド=冷たいと思うところです。
間違えそう^^;

寒さはどんどん厳しくなりますね。
体調に気をつけてお過ごしくださいね。
Commented at 2015-12-13 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2015-12-13 19:05
butanekoexさん、こんにちは。なんと高校生の頃からですか! それはおつらいですね。わたしも長い間肩こりで困っていたのですが、実は数年前にエゴスキュー体操を始めたら楽になり、本来は痛みが去っても毎日続けるべき体操を、肩がまた痛くなったら再び始めて痛みを追放するということをこの数年繰り返していました。凍結肩は、さすがにエゴスキューだけでは対処できないのですが、さぼりつつもエゴスキューの肩の体操も今も並行して行っています。興味があれば、こちらのリンクをご覧ください。
http://cuoreverde.exblog.jp/23790834/

そうなんです。イタリア語のcaldoは、英語のcoldとよく似ていますよね! トイレやシャワーは赤・青で温度を示している場合も多いのですが、色別ではなく字で書かれていることもたまにあって、冷水のつもりが熱いお湯が出て困る観光客や留学生も時々いるようです。

ありがとうございます。butanekoexさんもどうかお体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by London Caller at 2015-12-13 20:04 x
肩こりだけじゃなくて、
寒い冬に湯たんぽとして
用いられるようになるかもしれませんね。
熱があるとき、氷のうに変えることもできますね。
たしかに、一石「三」鳥です!
Commented by milletti_naoko at 2015-12-14 03:09
鍵コメントの方へ

こんにちは。いいものが見つかって助かりました! 手持ちの本にも、「温めて冷やすということを交互に繰り返すのがいいので蒸しタオルを使うといい」とあるのですが、蒸しタオルでは服が濡れてしまうので、肩にタオルを置いている間は服が着られず、今は冬で寒いので数回試しただけで断念していました。これだと、長い間温かいし、重ね着したセーターの間に置いておけるので、大助かりです。鎮痛のためにも役立つとのことで、今日からはできれば薬を飲まず、この温熱療法などをさらに活用しようと思っています。

サクランボなどの種を使った商品、わたしもこちらで見かけたことがあります。温熱療法ではありませんが、昨年だったか、自然の何かの実を乾燥させたものに、痛みなどを緩和させる効果のある精油を染み込ませ布で包んだものを購入して、テレビを見るときなどに、肩の上に置いて使っています。

興味を持っていただけてうれしいです。いつかきっとソラーノやオルビエートを訪ねられる日が来ますよ。そのときは、ペルージャにも足を運んでいただけるとうれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2015-12-14 05:39
London Callerさん、かなり長い間温かさが残るので、体の冷たい部分を順に温めていくことも可能で、おっしゃるように湯たんぽとして使えると思います♪
<< 痛み止めにもオリーブオイル 自家製ポレンタ、ルーマニア風 >>