柿は食べずに愛でるもの?

 11月に入って以降、イタリアの野山をドライブすると、道すがら柿がたわわに実った木に出くわすことが多くなりました。我が家では、最後の実を木から摘んだのが11月の半ばだったでしょうか。渋柿なので、完熟して実がとろとろになり甘くなってから、ゼリーのようにスプーンですくって食べています。熟す前に鳥がつついてしまう恐れがあるからと、以前から義父母は、まだ実がかたい頃に少しずつ収穫し、リンゴの近くに置いて、早く熟すようにして、食べ終わる前に、また別の柿を摘んでくという方法で、収穫しているようです。

 ところが最近ドライブ中に、いい色をした柿の実がいっぱいになっているのに、一つも実を収穫した気配のない柿の木に出会うことが、よくあるのです。この秋は、柿がいかに健康にいいかを、イタリアのテレビでもさかんに訴えていたので、夫はこういう木を見かけるたびに、「ああ、もったいないね。実の色を楽しむために、観賞用に植えたのかなあ。」と言い、わたしも、おいしそうなのにと思いながら、柿の木を見やります。

f0234936_7134522.jpg
Gubbio 26/11/2015

 土曜日にグッビオを歩いたときにも、もう食べ頃の時期はとうに過ぎたであろうに、まだ実がたくさん残った柿の実を見かけたので、撮影しました。中世に築かれた町らしく、塀も壁も家も、皆付近で採掘されたであろう同じ色調の石を用いているので、柿の実のオレンジが、いい彩りを添えていてきれいです。食べたらどんなにおいしかろうと思いつつも。

 日本では花を愛でるために、サクランボの実がならない桜の木を好んで植えるのだと言うと、「実のならない桜なんて」と驚くイタリアの人、庭に桜の木を植えるのは、もっぱらサクランボを食べるためというイタリアの人が、柿の木に関しては、観賞用、あるいは家や庭の装飾用に植えている場合が少なくないようで、何だか不思議です。

*********************************************************************
Mangiare o non mangiare, questo è il problema.

In inverno quando giriamo in macchina o in piedi, incontriamo spesso gli alberi di cachi pieni di frutti maturi e pare che i proprietari non abbiano nessuna intenzione di mangiarli.
Saranno ornamentali, ma sono anche molto buoni. Peccato.
*********************************************************************

関連記事へのリンク
- 「花よりだんご」のイタリア人? (9/4/2010)
- 世界最大のクリスマスツリー、グッビオ / Albero più grande del mondo, Gubbio (26/12/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2015-12-29 23:14 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24815337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2015-12-30 09:02
なおこさん、おはようございます^^
柿のお話、日本でもよく見かけます。
私は、ある年輩の方から、もう歳なので、柿の木の高いところの柿は取れないと言ってるのを聞いたことがあります。
最近は、少子高齢化、親と同居する子供が少ないため、庭の柿もそのままというところが多いようです^^;
でも、鑑賞用にというお家も当然あるとは思います♪
家も、あまり高いところのは、鳥さんへのお裾わけとなっています(笑)
グッビオの柿の木、建物に映えて美しいですね☆
Commented at 2015-12-30 17:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 映画、『Le ricette ... 弱った胃腸に梅干し、梅生番茶 >>