世界はすてきに満ちている

 ~世界は、びっくりするようなすばらしいことに満ちていて、
  わたしたちに見る目さえあれば、
  すばらしい驚きが、目前に立ち現れる…~

f0234936_8564496.jpg

 昨年11月に昼食を食べた、それはおいしいレストランの壁に、こう書いた紙が貼られていました。冒頭の文はかなりの意訳で、文が呼びかけていることと、そのリズムが伝わるように訳してみました。

 山を歩いていて、予想もしなかったような美しい眺めに出会ったとき、びっくりするほど精巧で美しい彫刻などを目にするとき、夫の口をついて出るのは、「Che meraviglia!」という言葉で、meravigliaという言葉には、思いもかけなかったという驚き、なんとすばらしいのだろうという感嘆が入り混じっています。(伊伊辞典による語義の説明はこちら

f0234936_8574181.jpg
Montefiascone, Viterbo, Lazio 29/11/2015

~ Il mondo è pieno di meraviglie,
   che aspettano solo i nostri occhi per mostrarsi… ~

~世の中には、びっくりするようなすばらしいことに満ちていて、そういうわくわくするようなすばらしいことは、姿を現すために、ただわたしたちの目(i nostri occhi)だけを待っているのだ。~

 関係代名詞のche以降を先に訳さず、補足説明として後から添えてはいますが、今度はこんなふうに、直訳に近い訳し方をしてみました。

 この新しい年に、わたし、皆さん、そうして世界中の人々が、そういうすてきなこと、すばらしいものに気づく目を培うことができますように。 

f0234936_8574628.jpg

 モンテフィアスコーネ中心街の広場(上の写真)にあるレストラン、Mamma Pappaで、この言葉に出会いました。

f0234936_858371.jpg

 こここそ、あのチョコレートムースを食べた店なのです。どの料理もとてもおいしかった上、店の看板や内装も興味深かったので、いつかきっとご紹介するつもりでいます。

f0234936_8584573.jpg

Mamma Pappa
Largo del Plebiscito, 4
Montefiascone (VT)
Tel. 0761-1894159 / 3494511087
FB https://www.facebook.com/mammapappa.mammapappa

*********************************************************************
Dunque, alleniamo i nostri occhi :-)))

- Parole sagge trovate nel ristorante, Mamma Pappa.
Nella bella città di Montefiascone siamo capitati di pranzare in questo locale carino e cordiale. I piatti erano squisiti!
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 巡礼者の塔から、ボルセーナ湖とモンテフィアスコーネ / Rocca dei Papi & Lago di Bolsena @ Montefiascone (29/11/2015)
- チヴィタとかけてチョコムースと解く / Guarda, sembra Civita di Bagnoregio! (29/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-01-14 23:59 | Lazio | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24865787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nagisamiyamoto at 2016-01-15 09:51
なおこさん、こんばんは
meraviglioso・・・私はドメニコ・モドゥーニョ、現在はネグラマーロが歌っているあの曲がとても好きで、時々無性に聞きたくなります。始めはちょっと悲しい歌詞からですが、日本の人たちにも聞いてもらいたいような名曲だと思うんです。

2016年に期待を込めて。
Commented by ムームー at 2016-01-15 14:11 x
なおこさん
こんにちは。
何にでも心を動かされること、柔軟な
気持ちを持ちたいですわぁ、どんなことでも
触覚が入りますね、瞬間にぐっと迫りくる
って大切なことでしょうねぇ~
常に感性豊かにいたいものです。
いつもありがとうございます。
Commented by ayayay0003 at 2016-01-15 15:51
こんにちは^^
何度見ても良い言葉でそのことにも感動しますね!
そういう素晴らしい言葉があると、その言葉の力もあり、私たちは幸せになれそうに感じますね(^_-)-☆
そして、それが貼ってあったのが美味しいレストランというのがまた素敵でしたね☆
チョコレートムースのお写真、ほんとに美味しそうです☆
Commented by suzu-clair at 2016-01-15 20:00
ご訪問、少しごぶさたしてしまいました。

素敵な言葉ですね。
なおこさんの、
ニュアンスの伝わる翻訳の仕方もさすがだなあと思いました。

この言葉、
私もその通りだなと思います。
幸せは、自分の心の持ち方次第。
同じ時を過ごし、同じものを見ているはずでも、
そこに幸せや感動を見つけられるか、
何も感じないかは人によって違っていますね。

私も、たくさんの素敵なこと、素晴らしいことを
ちゃんと見られるようでありたいです。
なおこさんにとっても、
ますます、素敵な出会いにあふれる年になりますように。

今日も素敵な記事をありがとうございます☆
Commented by milletti_naoko at 2016-01-15 21:07
なぎささん、こんにちは。昔の曲って、イタリアでも日本でも、音楽がゆったりしていて、一言一言が心に飛び込んできますよね。meraviglioso、わたしはさびの部分しかしらないので、なぎささんがそうおっしゃるくらいですから、ぜひ一度じっくり聴いてみたいと思います。Modugnoの曲、いいですよね。日本では今もVolareという題で知られていることと思いますが、Nel blu dipnto di bluの歌が、わたしも夫も大好きです。
Commented by milletti_naoko at 2016-01-15 21:12
ムームーさん、こんにちは。せっかくすばらしいものが目の前にあるときに、それを捉える目と感動できる心が、いつでも持てたらなと思います。おっしゃるように、そのためには、柔軟な気持ちや触覚や視覚も含めて全感覚を研ぎ澄ませることが大切だと思います。瞬間、今このときを、もっともっと大切に、注意を払って生きていくことが。

そういう意味で、何があっても歳月を経ても、みずみずしい感性と喜びの心をお持ちのムームーさんに、教わるところが本当に多いです。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2016-01-15 21:17
アリスさん、こんにちは。いい言葉ですよね♪ 手書きで店の壁に貼ってあるというのもすてきです。そういう言葉を壁に掲げるお店の人が、出してくれるお料理を、さあ目と舌と心を総動員して味わいましょうというだけではなく、店を出たあとも、この言葉や教えのおかげで、同じ風景を見る目や心が違ってきて、より幸せを感じられる気がします。

ヘーゼルナッツを上に散りばめたチョコレートムース、食材の取り合わせと味が、バーチ・チョコレートを彷彿とさせて、とてもおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-01-15 21:23
すずさん、ご多忙のことでしょう。どうかお体を大切にお過ごしくださいね。

おっしゃるとおりだと思います。難しいけれども、せっかく生きるのなら、嫌なことばかりではなく、もっとすてきなもの、うれしいこと、ありがたいことに気づけて感じられる、そういう目や心を持てるようになれば、自分自身が、そうして周囲の人も、もっと幸せに生きられるような気がします。

すずさんの記事の、美しいアレンジや花などに、わたしもいろいろなすてきを知ること、見ることができてありがたいです。ありがとうございます。すずさんにとっても、どうかそういうすてきなもの、うれしいことに出会える機会の多い年でありますように。
Commented by London Caller at 2016-01-16 06:54 x
「Che meraviglia!」はいいことばですね。
私も勉強になりました。
いつかイタリアに行くとき、
なにか美しい風景を見ると、
「Che meraviglia!」も使いますね。
周りのイタリア人がどんな反応するでしょうか?^^;

>札幌に住んでいた幼いころを思い出します。
まさか?!冗談じゃないの?!実は3月に北海道にカニを食べに行く予定ですよ。海の幸のふるさとですね、北海道は。
食べないと行った意味はないでしょう。^^

行きたい場所は札幌だけじゃなく小樽、登別、定山渓、支笏湖、洞爺湖、ニセコ、函館などたくさんあります。美瑛はちょっと遠いので、そして3月に畑の花もまだ咲いてないでしょう。だから、行くかどうかわかりません。

Commented by milletti_naoko at 2016-01-16 19:00
London Callerさん、meravigliaは「まさかこんな」という深い驚きを伴う表現なので、うちの夫がChe meraviglia!と口にするのは、年に一度あるかないかだと思います。あまり賛辞を口にしない、どちらかというと口数が少ない方であるという前提の上でですが。『不思議の国のアリス』は、イタリア語の題がAlice nel Paese delle Meraviglieとなっています。そこまで「とんでもない、非現実な、想像を超える」ものごとばかりに使うわけではありませんが、旅先で美しい光景を見てであれば、Che bello!の方がより適っているし、発音もしやすいかと思います。

あら、3月に北海道に行かれるんですね! まだかなり寒いと思いますが、海の幸がお好きであれば、十分においしいものを満喫できますね。洞爺湖も訪ねたときは小学生だったと思いますが、とてもきれいだ、何だか神秘的な感じがすると感じたように覚えています。すてきな旅になるといいですね。
<< トラジメーノ湖とドン・マッテーオ 月に揺らぐカメラ選び >>