確信が持てぬ天気と仕事の予定

 この数日ペルージャではめまぐるしく天気が変わり、比較的正確であることが多い天気予報を頼みにしていても、裏切られることが時々あります。今日は、曇りはしても雨が降らないようだと、オンラインの天気予報を確認して、洗濯を始めたら、にわかに空がかき曇り、暴風とともに、ひょう(grandine)が降ってきました。

f0234936_923348.jpg

 天気だけではなく、日本語を教える学校での研修予定も、去年担当者が変わってから、ころころと変わります。年末の会合では、新年の研修は1月13日木曜日から始まると、通達がありました。それで、この日は開けておいたのですが、前日になっても学校からは公式の連絡がなく、不安になった同僚の日本語の先生から、「何か連絡がありましたか。」と問い合わせがありました。

 1月13日からにすると会合で確定しているから、いちいちメールでの招集はかからないのだろうかと思いつつも、念のため、学校側に確認すると、なんと、「今はイタリア語の試験で忙しく、時間も取れないので延期になりましたから、また新しい日程が決まり次第連絡をします。」と、何の気おくれもなく答えるではありませんか。予定変更の案内がないなら、あるものと解釈して、公式の案内を待っていたのは、わたしたち日本人二人だけだったのだろうか、といぶかりながら、同僚の先生に連絡しました。

f0234936_924598.jpg

 研修の初日が明日、11日木曜日だという連絡のメールが、学校からあったのは、おととい、月曜の夕方の話です。しかも、ペルージャ市内にある校舎で行われると聞いていたのに、場所が遠方に変わっています。昨日の正午、同僚と二人で学校で担当者に直接尋ね、「電車でもバスでも行けるし、そう遠くありませんよ。」と聞いて、明日行くつもりでいたら、今日、同僚から電話がありました。

 「昨日夕方に、学校からメールがあったんですけど、明日の研修はなくなって、来週火曜日からになったっていうメール、読みましたか。」

f0234936_924725.jpg

 いいえ、読んでいませんでした。というわけで、1月13日に始まるはずだった研修は、今のところ来週、2月16日火曜日に始まることになっています。けれども、果たして本当に火曜日に始まるのかどうか、当日になるまで、確信が持てないような気がしてきてしまいました。

 困ったものです。

*******************************************
Ieri Grandine d'improvviso!

Instabile e imprevedibile il tempo di questi giorni.
Prima di uscire, è difficile decidere.
Tenere i panni in casa o lasciarli fuori,
questo è il problema.
*******************************************

LINK
- イタリアの天気予報 (iL Meteo.itの予報更新を随時反映)

ペルージャの天気予報(↓↓)~ iL Meteo.itから             


Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-02-10 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24947458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-02-11 09:34
おはようございます。
イタリア、ミラノの中心地の駅で空港行きのバスを待っていた時のこと!
添乗員さんもいっしょだったのですが、電車が遅れてて、いつ来るかわからないとのこと!
その日は、帰国日だったので、自由行動の日ではありましたが、早めに出て電車に乗ろうということでした!
ちなみに、ホテルが空港の近くのホテルでしたので空港行きの電車に乗りホテルまで帰らなければなりませんでした。
いつ来るかわからない!と言われて添乗員さんが汗っていたのを懐かしく思い出しました。
イタリアではよくあることです!と添乗員さん(笑)
でも、なおこさんの場合は、お仕事の研修ですから、笑えないお話ですよね。
Commented by Mehreenkhan at 2016-02-11 11:33
naokoさん こんにちは。イタリアでもそういうことあるんですね。こちらマレーシアではそういうものが日常的なので、気長に待つという習慣が良くも悪くも身に付きつつある私です。
でも、こちらが用意していたのに連絡がないと不安だし、連絡しても「変更された」の一言だと、「え?それだけ?」って思いますよね。変更されたのだったら、事前連絡が欲しいところですが、これはどうなんでしょう。日本人特有なのですかね?
1か月以上も先延ばしになってしまった研修。2月にはちゃんと開かれるといいですね。でも、やはり日が近づくと事前に確認をされた方がよさそうですね^^;
Commented by milletti_naoko at 2016-02-11 20:17
アリスさん、こんにちは。ミラノでそんなことがあったんですね! 駅から出るバスは、到着する電車から降りてくる人が乗れるように発車時刻を見込んでいる場合が多いので、ペルージャ発シエナ行きのバスも、通学のために利用していたとき、電車が遅れるために、バスも予定時刻を40分過ぎても発車しないなどということもあり、先に予定があったので、はらはらしたことを思い出します。市内循環バスも、ぐるぐると同じ経路を回るため、交通状況と経路によっては、予定時刻より早く来て早く出てしまったり、ひどく遅れてしまったりして、バス停で待ちながら、いつバスが来るか分からず不安な場合があります。

担当者が変わる前は、報告や連絡ももっと早くて、円滑に進んでいたので、新しい担当の人が早く仕事に慣れてくれることを祈ります。以前担当していた人は昇進してその人の上司になったのですが、自分で仕事をこなすのは得意でも、部下の仕事状況を把握したり、指導したりするのは苦手なのかもしれません。まだ仕事に慣れないのかなと、穏便に対処はしていますが、万一改善されないようなら、苦情を言いに行かなければ…
Commented by milletti_naoko at 2016-02-11 22:47
めひりんさん、こんにちは。マレーシアではなんと、こういうことが日常的に起こるんですね! イタリアでも、役所手続きや業者への仕事の依頼など、時間がかかってすぐにはできないことがいろいろありますので、わたしも気長に待って、少々のことでは動じず、大らかにかつ柔軟に対処できるようになったきました。ただ、今回は、そのためにわざわざ時間を取れるようにしていたのに、次々変更されて、しかもその連絡が直前ということで、本当に困りました。

そうですよね。来週の研修開始予定日前夜から当日にかけては特に、またもやの突然変更メールがないかどうかよくよく確認してから、会場に赴くつもりでいます。問題なのは、この研修は締め切りがある共同プロジェクト開始前の重要事項の再確認であって、研修開始が遅れると、当然研修が終わるのも遅くなり、共同プロジェクトの期限はそのままで、研修修了から締め切りまで突貫作業となり、他の仕事や家事やリハビリにしわ寄せが来る可能性が大いにあることです。チームでの仕事で、他の外国語や日本語の同僚などとの連携も必要なので、ペルージャ外国人大学での卒論担当時に、学生の草稿の提出が大学の締め切り間際なのを、数日徹夜して学生や副担当の先生と連絡をまめに取りながら、期限内に大がかりな校正を仕上げたように、一人でラストスパートをかければいいわけではありませんし…… 
Commented at 2016-02-11 22:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2016-02-12 01:06
鍵コメントの方、こんにちは。日本でも整形外科だと、やはり1日がかり、かなり長い間診療を待つことになるんですね。寒く湿度の多い時期はどうしても慢性の痛みも強くなりがちだと思います。どうぞお大事に。わたしが週二度リハビリに通うカイロプラクティック院も、大半がお年寄りの方です。風邪がはやっているときは待合室で病気をもらうということも少なくありませんから、わたしもかかりつけ医の診療所に行くのはできるだけ避けています。

ドン・マッテーオもいよいよ始まりますね! 皆さんの感想が楽しみです。Raiの広告がうるさくなく、YouTubeで短い映像が見られるようなら、もっと記事でご紹介できるのにと残念です。過去記事の入門用の説明や問題を読んでくださっているんですね。ありがとうございます。前号、第105号からは、バックナンバーをサイトに載せるのをやめ、今後はその分、発行頻度を増やそうと考えています。やはり紙の方が読みやすいですよね。第100号まで書き上げたことですし、これまでの内容を、写真も補って、オンライン書籍、あるいは自費出版の書籍として、まとめてみようかと、考えているところです。

これは苦手だというものは、時々意識して、文法事項をおさらいしておくと、その後、聴き取りや読解、練習問題の中に出てきたときに、気づいてインプットや理解事項が増え、身につきやすくなると思います。指示形容詞quelloは、定冠詞や同じ指示形容詞のquestoに比べると、使用頻度が少なく、変化がややこしいので、苦手になりやすいのだと思います。変化は定冠詞と合わせて覚えると頭に入りやすいかもしれません。il bacio / quel bacio // i baci / quei baci // l'uomo / quell'uomo // gli uomini / quegli uomini // lo studio / quello studio // gli studi / quegli studi // la gonna / quella gonna // le gonne / quelle gonne
Commented by London Caller at 2016-02-12 06:03 x
きっと寒いでしょう!
ひょうも降ったんですね。
ロンドンでは雪とかひょうなんてなにもまだ降っていません。^^;
ええ、イタリア語の「ひょう」はgrandineですか?
私の大好きな氷菓のgranitaとよく似ていますね。
私はgranita系です。^^gelatoよりあまり甘くないですから。たまにgelatoを食べると、シアワセ〜〜
Commented by milletti_naoko at 2016-02-12 20:05
London Callerさん、それが今回は、気温はそれほど低くないのにひょうが降ったので、しばらくしたら皆解けてしまったんですよ。

確かにgranitaと語形がよく似ていますね。そうなんですね。わたしはgelatoの方が好きなのですが、おいしいお店はきっとおいしいのでしょうね♪
<< 猫作戦とカレンダー 謝肉祭の終わり、お菓子と四旬節... >>