茜色の空白い月

f0234936_5261265.jpg

 昨夕、友人たちが帰ったあと、ペルージャのうちに戻る準備をしていたら、美しい白い月が、夕焼けに染まる東の空に見えました。

f0234936_5263459.jpg
Luna al tramonto @ Migiana di Monte Tezio, Perugia 21/2/2016

 満月は今夜ですが、昨日の月もほぼまんまるでした。

f0234936_5265249.jpg

 スバージオ山(Monte Subasio)も、その中腹に抱かれたアッシジ(Assisi)の町も、そして、その左手奥の方に見える白雪を頂く高峰も、すべてが、赤みがかったオレンジ色から桜色に変わり、やがてはたそがれに包まれていきます。

f0234936_5272470.jpg

 ミジャーナを去るとき、つぼみでいっぱいの桜の枝の間から、月があいさつをしてくれました。

*******************************************
La luna bianca sopra il rosso di sera

che avvolge il Monte Subasio, Assisi
e le montagne lontane innevate.
Di sera ci saluta tra i rami con boccioli di ciliegio.
@ Migiana di Monte Tezio, Perugia 21/2/2016
*******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-02-22 21:27 | Umbria | Comments(8)
Commented by London Caller at 2016-02-23 06:53 x
2枚目はとても美しいですね!
イタリアには山がたくさんありますね〜
イギリスではピーク・ディストリクトという山地もあるけれど、山といっても実は小さな丘だけです。^^;
イギリスでは一番高い山はベン・ネビス山です。標高は1,344 mだけです。
マレーシアの最高峰のキナバル山は4,095m高いですよ〜
でも山頂には雪がありません〜熱帯の南国ですから。
気温は涼しいです。
Commented by butanekoex at 2016-02-23 07:03
とても美しく、幻想的な丸い月ですね。
空気が澄んでいるのでしょう。
重なる山並みを染め行くグラデーションが、目をみはります。

桜のつぼみの間の月と、遠くに見える木々が
冬の夜の静寂さを教えてくれたような気がします(^^)
Commented by ayayay0003 at 2016-02-23 12:27
こんにちは^^
ミジャ―ナから眺めるスバージオ山や中腹に抱かれたアッシジの町は、なおこさんのブログを拝見するようになってからは、慣れ親しんだ場所になりつつあり、そのつど違う色を見せていただくその姿には、毎回感動致します♪
でも、こころに余裕がないと、こういう景色を見ても、何も見ることができないかもしれないな?とふと思う時があります。
美しいものに出会えた時に感動できるだけのこころの余裕を持って生きていきたいなと改めて思いました♪
特に、最後の桜の蕾の間に見える月を見てそう感じましたよ(^^♪
Commented at 2016-02-23 16:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2016-02-23 17:03
London Callerさん、そうなんです! 2枚めが夕日が投げかける赤みが一番鮮やかな瞬間で、白く小さな月も見えて、あんまりきれいなので、いつまでも眺めたり写真を撮ったりしているうちに空の色が変わっていきました。

イタリアには半島を南北に縦断するアッペンニーニ山脈あり、北国との境ともなっているアルプス山脈ありで、高い山も多くあります。イギリスでは一番高い山でも標高が1,400m足らずなんですね。びっくりしました! そう言えば、新婚旅行でスコットランドを歩いたときも、ならだかな緑の丘が多かったような。マレーシアにはそんなに高い山があるんですね。それでも雪がないなんて!
Commented by milletti_naoko at 2016-02-23 17:12
butanekoさん、この日は朝から雲が多かったのですが、夕方には東の空が澄み切っていて、おかげできれいな夕焼けと月を見ることができました。

日曜の朝は、近くに狩猟犬の養成場があるため、朝から騒がしかったのですが、夜はおっしゃるように、鳥の鳴き声や獣の足音も聞こえそうなほど、静かです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-23 17:25
アリスさん、もともとはわたしたち二人が暮らそうと、義弟たちにはお金を払って買い取り、改築を始めた家なのですが、費用があまりにも高いのと、交通に不便なのと、夫ができれば役所勤めにさらばして賃貸や農業の収入で暮らせたらと考えて、いくつかのアパートをつくって主に観光客に宿泊施設として提供しようということに今はなっています。

ただ、手をかけるたび、うちができていくたび、こういうえも言われぬ美しい風景をしばしば目にするたびに、最近はわたしたちが暮らせたらと、わたしも再び感じ始めたのですが、暮らすには難があり、改築費用を捻出できないという問題もあります。アリスさん、コメントから、かなりお忙しい日々をお過ごしなのではと感じました。どうかお体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2016-02-23 17:37
鍵コメントの方へ(鍵はうっかり指先が触れてしまったのではと思いつつ)家のテラスから、そしてしばらく丘を上がったところからは、シビッリーニ山脈などの高峰が連なるのも見えて、眺めが本当にみごとで、いつまでも眺めていたいなと思うことがしばしばあります。

3枚目の写真で右手に見える横長の台形の山がスバージオ山で、その中腹に白く見えるのがアッシジの町なんですよ。

月はいつ見てもきれいですよね♪ 住んでいる家は急斜面に建っている上、向かいに小高い丘があるため、月がほぼ真上、あるいは丘の向こうに沈む頃でないと見えないこともあって、出かけた先で月が見えるとうれしくなります♪

数年かけて少しずつ少しずつ仕上がってきています。気になっていた台所が、ようやくほぼできあがって、夫もほっとしています。

<< バラと掃除の土曜日の午後 果樹の世話&台所完成まぢか@ミ... >>