バラと掃除の土曜日の午後

 窓を開けると、ペンニーノ山、シビッリーニ山脈など、イタリアを南北に縦断するアッペンニーニ山脈の山々が、遠くに青く連なっています。

f0234936_744217.jpg
Panorama da Migiana di Monte Tezio, Perugia 20/2/2016

 土曜は、夕方に友人たちが来るからと、昼食を正午に食べ、すぐにミジャーナの改築中のうちに向かいました。

f0234936_7442887.jpg

 夫は、バラに肥料をやって、

f0234936_7442984.jpg

周囲をレンガで飾り、

f0234936_7443775.jpg

わたしは掃除機片手に掃除に励みました。

f0234936_745924.jpg
5/12/2015

 さて、もう一つの浴室のシャワで、湯水の飛散を防止するために、昨年夫が、竹や観葉植物を使って、こういうおしゃれな仕切りを作っていたのですが、

f0234936_7451632.jpg
20/2/2016

とある建築現場で不要になったガラス板がちょうどこの浴室にいい大きさだからと、リミニの友人たちが持ってきて、土曜の夕方、到着後して一息ついてから、さっそく取りつけてくれました。

 竹が気に入っていたわたしは少し残念なのですが、改築中のうちの別の場所で、また活用できるからと夫が言うので、ほっとしました。

*********************************************
Sabato pomeriggio a Migiana di Monte Tezio
mio marito con paletta davanti alle rose
io con aspirapolvere dal primo piano al piano terra.
Poi arrivano gli amici con vetro... 20/2/2016
********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-02-23 23:45 | Altro | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/24986539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-02-24 08:17
手作りのあたたかな家がどんどん完成に近づいていますね(^^)
まるで、映画を見ているかのようです。
自分たちでひとつひとつ、作り上げていくことは
どのような気持ちなのでしょう。

バラが咲く季節が待ち遠しいですね^^
Commented by ayayay0003 at 2016-02-24 08:59
おはようございます^^
冬場には、ちゃんと肥料をやり大切に育ててるのですね(^^♪
たくさんのお花をつけて良い香りが漂うのが想像出来ますね☆

湯水の飛散を防止のための竹と観葉植物、ほんとに素敵で惜しいという気持ち、解ります~
他の場所に観葉植物としての仕切りになるのもイイアイデアでどちらにいくのか凄く楽しみです(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2016-02-24 17:17
butanekoさん、シャワー台を飾る石をアッペンニーニ山中の川まで拾いに行ったり、色見本を見ながら壁の色を選んだり、のんびりゆっくりですが、少しずつ形ができあがっていくのがうれしいです♪

いずれはテラスの柵や柱にからみついて育つほどまで大きくなればとの願いで植え育てているバラです。春が楽しみです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-24 17:21
アリスさん、こんにちは。バラや果樹が増えるに従って、作業にかかる時間や手間も増えますが、つぼみが育ってきた若木を見ると、咲く頃が楽しみです。日曜日、義弟たちはもう、アーモンドが実ったあかつきにはという話をしていました。

夫のアイデア、とてもすてきだと思っていたのに、フランコは竹の間から湯水が飛んでドアが傷むと考えて、ガラス板を持って来てくれたようです。階下は床やドア・窓がようやくできたところで、内装はこれからですから、夫が言うように、どこかでにきっと活躍する場所を見つけられることでしょう。
Commented by paradiso-norina at 2016-02-24 23:25
なおこさん、こんにちは。

手作り感満載のお家で楽しいですね。
庭でもなんでもそうですけれど少しずつ自分たちの手で作り上げたものっていとおしいし、その暖かみが他の人にも伝わりますね。いいなぁ~
それにしても暖かそうですね。
こちらの2月からは想像できません。本州と同じくらいなのかしら?
バラの咲く様子も今から楽しみにしています^^
Commented by kazu at 2016-02-24 23:25 x
なおこさん、こんばんは。ミジャーナのお家のリノベーション、着々と進んでいますね。以前も同じ事をお伝えしましたが、業者任せにせず、ご自分達で描き作り上げていくのは楽しみだし、愛着も深くなってお掃除も苦にならないことだと思います。バラの苗木もあっという間に成長するでしょうし、お家がバラに囲まれる光景を想像するだけでもわくわくします。初夏の頃、きっと馥郁とした香りが立ちこめて、ミジャーナの薔薇の家、と呼ぶにふさわしいお家になることでしょう。ほんとに楽しみですね。

フランコさんが用意して下さったしきりも、良いアイデアですよね。実際にシャワーを使うと思いの外、水の勢いがあって、確かに辺りが濡れるでしょうから、フランコさんはなおこさんのお家のことをほんとにご心配下さっているのですね。竹もきっとどこか落ち着き先が見つかって、その場所でしっくりとした風情を醸し出してくれることと思います。その時は又、是非その様子をUPして下さいね。
Commented by とすかーな at 2016-02-24 23:43 x
わー、ますます新居がステキになってきましたね。
新しい台所もできましたし、住むことを考えてワクワクしてきますね。
こうして何度も手伝いに来てくれる親友がいるってステキだなーと思います。
日本らしさを感じる竹があると嬉しいというのもわかります~。
竹は玄関にあると幸運を招くというから、入り口の近くに置かれるといいかも。
Commented by Mehreenkhan at 2016-02-25 00:58
naokoさん こんばんは。
一つの大きな作品ですね!! ご自身たちで作業されるのはゆっくりかもしれませんが、ひとつずつ素材を厳選したり、ペイントの色などを考えている時間もすごく充実した時間ですよね。お庭もお手製のレンガで素敵に仕上がりそうですね。私もバラは好きなので、冬場は手入れに励んでいました。その手入れによって芽の数が大きく変わってきますからね♪naokoさんのお宅のバラも春先に咲くのが楽しみです。

シャワーの仕切りのバンブー素敵なアイデアでしたね♪壁の色とマッチしています(笑)でも、フランコさんが用意してくださった仕切りも役に立ちそうでいいですね。完成できるの私もすごく楽しみです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-25 18:36
paradiso-norinaさん、こんにちは。資金不足もあって、自然やすでにあるものに素材を見つけながら、のんびりゆっくり家ができあがってきています。ありがとうございます。手をかけ心をかけるうちに愛着も大きくなっていきます。

週末は日中は温かくて、最高気温は14度ほどまで上がっていたように思います。朝晩はまだ冷えるし、うちの中も13度程度だったので、わたしは服を着込んでいますが、働くうちに温かくなりました。北海道の2月はずっとずっと寒いですよね。バラ、わたしも元気に咲いてくれるかしらと楽しみです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-25 18:48
かずさん、こんにちは。自分たちであれこれ考えて、発想をそのまま形にできるのはおもしろいし、夫が時々一人で行ったときにこっそり何かを作り上げていて、あっと驚かせてくれることもあって、楽しいです。バラはどういうわけか、品種よりは植えた年によって、花や育ち方に、元気があったりなかったりするような気がします。月の影響を気にして、夫も作業を計画してはいるのですが、どうか元気に育ってくれますように。

ありがとうございます。火曜の夕方、わたしは仕事で行けなかったのですが、夫が出かけて、竹をガラスの枠として応用しようと試してみたらよさそうだと言っています。わたしも見るのが楽しみです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-25 18:56
とすかーなさん、改築が始まってもう5年になります。フランコたちも仕事が忙しい上に遠方なので、遊びには来てくれても改築作業まではということが最近は多かったのですが、今回は久しぶりに一気に作業が進み、いったん形が見え始めると、皆真剣そのもので、かつ楽しそうです。

竹は玄関で幸運を招くんですね! 玄関はないのですが、おっしゃるように入口付近に置けないかどうか、検討してみます。いいアイデアをありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-25 19:24
めひりんさん、資金が底をついたおかげもあって、既製品を買ったり業者に任せたりする余裕がないおかげで、のんびりではありますが、遊び心や思いがあふれた家が少しずつできあがっています。めひりんさんは、日本ではていねいに大切にバラを育てられていたんですね! なるほど芽の数も変わってくるとは。

日本も思わせる竹、どうやら夫がこの仕切ガラスの枠に使うべく奮闘中のようです。手をかけるたび過ごすたび愛着が深くなる家、わたしもできあがっていく様子が楽しみです♪
<< 鐘楼を背に花盛りアーモンド 茜色の空白い月 >>