春の足音、トレンティーノ

 昨日訪ねたマルケの町、トレンティーノでも、木の花、野の花がそこここに咲いているのに出会いました。

f0234936_7514260.jpg
Tolentino (MC), Marche 5/3/2016

 こちらは駐車場から中心街へと向かい始めたときに撮った写真です。このときから気になっていた後方に見える教会を二度訪ねたのですが、残念ながら二度とも閉まっていました。

f0234936_752640.jpg

 そうして、先の教会を探すうち、たまたまちょうど閉められる前に訪ねることができたのが、この美しい聖ニコラ教会(Basilica di San Nicola)です。

f0234936_7525689.jpg

 外観も美しいのですが、内部も柱廊もフレスコ画がみごとで、町にとって、それは大切な教会です。この教会については、またいつか詳しくご紹介するつもりでいます。

f0234936_7531082.jpg

 最近はまた、朝晩ひどく冷え込むようになり、遠くの高峰の頂が再び白くなりました。それでも、春は少しずつ少しずつ近づいているのを、こうやって花に出会うことで感じます。

f0234936_7532124.jpg

 赤いシクラメンの花がハートのようで、町の人が道歩く人のことを考えて花を置き育てる心の温かさを伝えてくれるようです。

f0234936_7532899.jpg

 駐車場から中心街に上るエレベータまでの道のりも、コンクリートの壁に、こんなかわいらしい絵が描かれていて、絵の電車の下にも色とりどりの花が咲いています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-03-06 23:53 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25022794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-03-07 08:21
なおこさん、おはようございます(^^)

この街並みの景色は、日本にはない、ヨーロッパ独特の雰囲気ですね。
こんな中世の時代を彷彿とさせてくれる街に住みたいと、
若いころは憧れたものです。
今は、すっかり諦めました~(笑)

春が近くまできては、また足踏み。
そうして少しずつ、暖かくなるのですよね(^^)
教会の前の、赤い花が 
「春はすぐそこまできているよ。もう少しだけ待ってね。」って言っているようですね^^
Commented by ムームー at 2016-03-07 11:48 x
なおこさん
こんにちは。
街並みと教会とお花たち、素敵な眺めですねぇ。
同じようなお花でも場所が違えば人が違えば
文化が違えばかわりますねぇ~
こういう景色に癒されますわぁ♪
いつもありがとうごあじます。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-07 17:25
butanekoさん、こんにちは♪ 数世紀も前に建てられた教会や家が、修復を必要としつつも今も健在で、訪ねられ住まれているのは、石の文化ならではだろうなと感じますが、独特の趣があって、すてきですよね。butanekoさん、いつかだんなさまといっしょに、どこかイタリアの中世の町並みが残る町で、1週間ほどゆっくりと休暇を過ごされるのも、いいかもしれませんね。ウンブリアは物価が安めですし、釣りができる湖や川もありますよ。海はないのですが……
Commented by milletti_naoko at 2016-03-07 17:29
ムームーさん、こんにちは。赤やピンクの花たちが、石の町並みに彩りを添えてすてきでした♪ 日本だと川辺や庭に植えてあったり並木があったりする桜も、こちらではいろんな家で、サクランボ目当てに植えられ、白いきれいな花を咲かせているのもおもしろいです。京都は春が近づくこれから、桜が咲いて、いっそうきれいなことでしょうね。
こちらこそ、いつもありがとうございます♪
<< キャベツの花ルーコラの花 ダンテ地獄の入り口で >>