冬から春へ花咲きそむる

 ペルージャでは、2月なのに晴れた暖かい日が続いたかと思えば、3月には天気がぐずつき寒い日が多く、おかげでふだんなら1月から3月、4月に順に咲いていく花が、あまり時を違えずにいっしょに咲いています。

f0234936_5245987.jpg
11/3/2016

 昨年3月にルッカ小村の椿まつりで購入した椿(camelia)が、おとといだったか、ようやく花を開きました。

f0234936_5252484.jpg
12/3/2016

 かと思うと、雪山で見かけることもあるマツユキソウ(bucaneve)も、同じ頃に咲き始めました。

f0234936_5253545.jpg

 高い梢に咲きほこるミモザ(mimosa)の花を、ズームで撮影しようとしたら、強い風が吹いて、花を枝ごと揺らし出しました。

f0234936_5255511.jpg

 ヒヤシンス(giacinto)は、今も花ざかりです。ピンクのヒヤシンスは、どういうわけか日当たりのいい方向にだけ花が育ち咲いているため、重みで頭が下がりがちです。

f0234936_526451.jpg

 少しずつ、けれども確実に春が近づいていることを、庭の花たちが教えてくれる今日この頃です。

**********************************************
Hanno iniziato a fiorire anche le camelie e i bucaneve
nel nostro giardino.
I passi della primavera sembrano assai titubanti,
ma i fiori sanno che il suo arrivo è vicino. 13/3/2016
**********************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- イタリア語学習メルマガ第40号「ルッカの椿まつり、春の訪れ、おすすめの歌と映画」 / Mostra Antiche Camelie della Lucchesia
- 椿まつりでお茶を / Tè alla Mostra Antiche Camelie della Lucchesia
- 美しいルッカの夜と夏時間 / Bellissima Lucca di Notte

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-03-13 21:26 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25043228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-03-14 07:35
なおこさん、おはようございます^^
なおこさん家の庭も、春がきましたね(^^♪
購入された椿は、日本の品種のように思うのですが・・・?
とても素敵な色で、椿といえば、私の中で浮かぶのはまさにこのお色です(^-^)
偶然でしょうか?、マツユキソウだと思うのですが、我が家でも満開で可愛らしい花が咲いています、またアップしたいと思います。
こちらも、あたたかくなったり、昨日などは、寒くて冬のようでした!どうかお身体、ご自愛くださいませね♪
Commented by butanekoex at 2016-03-14 07:36
たくさんの春のお花に、
とても爽やかな気持ちになりました(*^^*)
庭に咲く、たくさんの花々は
季節の変化を優しく教えてくれますね。
きっと、良い香りも漂っていることでしょう。
Commented by paradiso-norina at 2016-03-14 11:15
こんにちは。
椿、可愛いですね。
北海道では自然の椿も園芸種も外では無理なのでこの時期はうらやましいなと思います。
八重とかバラにも匹敵する美しさですね。
そもそも椿ってどこが原種かな?日本?
あ~、いかん、いかん、ガーデナーが恥ずかしいわ^^;
いつかはミモザの咲きほこっている景色もみたいなぁ。

花はいいなあ、、人を襲ったりしないもの。
自然は美しいけれど時に牙をむく。
眺めて感動しているときはそんなこと忘れてしまっているんですけれどね。
それでいいんですね、きっと。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-14 19:48
アリスさん、こんにちは。寂しかった庭に、少しずつ花が咲き始めました♪ ルッカ県の小さな村は、家や川沿いに美しい椿が多く、椿園には数百種もの品種の椿が咲いていて、それはきれいなんですよ。時々毎年3月に開かれる椿まつりに出かけては、椿園や村で出会ったお気に入りの品種の椿を買っています。うちは土壌がアルカリ性なので、いろいろ工夫をするものの、以前に買った椿やツツジは元気がないのですが、この椿は今も元気でいてくれて、うれしいです。あら、うれしい! アリスさんのお宅でもちょうど今マツユキソウが咲いているんですね♪

ありがとうございます。アリスさんもどうかお体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-14 19:50
butanekoさん、椿やツツジ、アジサイは酸性土を好むため、アルカリ性土壌が多いイタリアでは見かけることが少なく、うちの庭でも育ちにくいので、見かけると日本もなつかしく、うれしくなります♪

ヒヤシンス、いい香りを放ちながら、今も元気で咲いてくれています。寒さに耐えて、着実に準備を続け、春に先駆けて咲く花たちに、見習わなければ。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-14 20:00
paradiso-norinaさん、北海道はやはり寒いので、椿も外では育てるのが難しいのですね! ルッカの貴族は昔、他の花が咲かない冬に咲く椿に魅了されて、バラにも似たさまざまな品種を生み出したそうで、みごとな美しい椿の大木がある邸宅が、そこかしこにあるんですよ。3月のイタリアにいらしたら椿もミモザもどちらもきれいに咲いていますよ♪ いつかぜひ。
Commented by suzu-clair at 2016-03-14 21:28
椿の花がとてもきれいですね。
さまざまなお花が、
春を告げてくれているのですね。

こちらのほうも、
年々季節は早く進んで、
今年はとくに春の花たちは早くから咲いているようですが、
先月まで私はなかなか外のお花をゆっくり見る時間がなかったため、
これからの春の花との出会いが楽しみで♪

そちらも、
これから春らしくなっていくのでしょうね。
なおこさんのお庭の可愛いお花たちに、
私も癒されました。
Commented by masami-nebbiolo at 2016-03-14 22:00
なおこさんのお宅のお庭には沢山~の花が咲いているのですね!!我が家は庭だけは大きいのですが、とっても殺風景で、時折もっと花を植えようかな?とも思うのですが、私は不精で夫は花にはあまり興味がなくて(汗)なおこさんのお宅はどなたが手入れをされているのですか?

椿、赤色がとっても綺麗ですね~♪
花達から癒しをもらえる今日この頃ですよね^^
Commented by kazu at 2016-03-14 23:14 x
なおこさん、こんばんは。すっかりご無沙汰しています。年度代わりで忙しくしていましたが、ずっとブログは読ませて頂いていました。あのお肉屋さんの看板には、そんな謎かけというか、語呂合わせというか、こうして教えて貰わないと、分かりませんでした。私は「オッタンタ」という店名かと思いました。これから看板を見るとき、ちょっと考えると面白いことに気付くかもしれませんね。いや気付ける語学力を付ける方が先ですね。

それとイタリアでも三寒四温のような気候なんですね。それでもなおこさんのお家のお庭は、いつも真っ先に季節を告げる花々が顔をだしているのには驚きます。やはり手入れの良さと花や木への愛情なのでしょうね。我が家はやっとチューリップの芽が出そろったところです。昨年、イタリアから帰国して大急ぎで植えたので、時期が遅かったのですが、上手く育って開花してくれるのを楽しみにしているところです。
Commented at 2016-03-14 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-15 17:22
すずさん、昨日までは北風が吹き荒れ、空も曇りがちだったのですが、今朝は久しぶりに朝から空が晴れていて、春らしい陽気です。それでは、すずさんが撮られる美しい花や風景を楽しみにしていますね♪

元気に咲き続けているキンセンカ、ミモザ、ヒヤシンス。ようやく花開いた椿とマツユキソウ。わたしも花に出会うと、うれしくなります♪
Commented by milletti_naoko at 2016-03-15 19:41
まさみさん、うちは主に、耕して植えるのは夫で、水や肥料をやるのはわたしなのですが、このヒヤシンスの球根は、わたしもいっしょに植えたんですよ。お二人ともお忙しいことと思いますが、料理にも使えるセイジやローズマリーなど、あまり手がかからずに毎年どんどん育って、役にも立って花のきれいな植物から植えていかれるといいかもしれませんね。

ローズマリーも最近花が咲き始めています♪
Commented by milletti_naoko at 2016-03-15 20:06
かずさん、お忙しい中読んでくださっていたんですね。ありがとうございます。わたしは英語ではScrabble、イタリア語ではScarabeoというアルファベットを並べて文字を並べるゲームが好きで(この数年、姪も大きくなって、相手がいないので遊んでいませんが)、そのせいもあってか、特に渋滞時などは、道路で前を走る車のナンバープレートの数字やアルファベットから、いろいろ思いついては楽しんでいるので、それでこういう看板にぴんと来やすかったのかもしれません。趣のある町の散歩も楽しかったのですが、看板に思わずにやりとしてしまいました。

かずさんのお宅ではチューリップの芽が出始めたんですね。咲く頃にはきれいでしょうね♪ 土壌がアルカリ性なので、椿やツツジ、クチナシなど、酸性土を好む花は悪戦苦闘していて、夫がいろいろ工夫して土壌を作り上げたものの、今のところ咲いているのは、この椿だけです。一度植えたら、特に水や肥料をやらずとも、春になれば毎年咲いてくれるヒヤシンス、春をより心楽しいものにしてくれています♪
Commented by milletti_naoko at 2016-03-15 20:51
鍵コメントの方、こんにちは。どういたしまして。毎日慌ただしいと、ついうっかり読み飛ばしてしまうことってありがちだと思いますので、どうかお気になさらずに。

日本でもイタリアの、世界の大きな町でも、買い物が人対人ではなくて、スーパーの棚にあるものをかごに入れて…という機械的作業になりつつあり、レジの方も機械的にレジに品物を通してと、何だか対話や対人関係がなくなりつつある気がしますが、イタリアの小さい村や、あるいはペルージャでも、今も肉を買うならこの店、この人と決めている人もいます。市場で売られるポルケッタやスーパーの肉のコーナーにいる人も、店を出している人はmacellaioで、そんなふうに、まだあの人のあの店ならいい肉を扱っているなどという話では、まだ時々macellaioという言葉も登場しています。daには以前にもブログでocchiali da soleやcamera da lettoなど、用途を表す用法がありますとお話ししたのですが、用法が本当にさまざまです。一度辞書のdaの項目を、例文も声に出して読みながら、じっくり読まれてみるといいかもしれませんね。

お宅のヒヤシンスももうつぼみが! 空が晴れ、花が咲いていくのが楽しみですね♪
<< 子供は平和を望んでる@ユーモア博物館 湖と夕日と月と >>